プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

海と日本プロジェクト広報事務局
会社概要

楽しく学んで行動しよう!プログラミングでSDGs!文京区で「プログラミングで海のSDGs!」を開催しました!

2022年12月10日(土) 【場所:拓殖大学】

海と日本プロジェクト広報事務局

一般社団法人 イエロー ピン プロジェクトは、2022年12月10日(土)東京都文京区にて、「プログラミングで海のSDGs!」を開催いたしました。
SDGs14番目の目標「海の豊かさを守ろう」をテーマに、「海の生き物の大切さ」についてプログラミングを通して自ら考え、学び、行動するきっかけとなるイベントです。
このイベントは、次世代へ豊かで美しい海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

 
  • イベント概要
・開催概要:「プログラミングで海のSDGs!」
・日程:2022年12月10日(土)10:30〜15:00
・開催場所:拓殖大学
・参加人数:42名(子ども21名、保護者21名)
・後援:総務省、文部科学省、環境省、文京区教育委員会
・協力:リトルスタジオインク株式会社
 
  • ソーシャルデザインを通して親子で学ぶ海のSDGs! 
午前中のワークショップでは、「学校でSDGsを勉強した」「自由研究でSDGsについて調べた」という子どもたちと親が参加して、親子で一緒にSDGsを学ぶ機会となりました。デザインをするためのリフレクションでは、海の思い出についてや海でどんなことをしたのか、そのときの海の様子はどんな感じだったか…といったことを親子で楽しそうに話し合い。ブレインストーミングでは参加者が、準備された様々な素材(写真・シール・色鉛筆など)を使って写真を貼ったり、切り張りしたり、色鉛筆で絵を描いたり、親子でアイデアを出し合いながら配布されたソーシャルデザインノートに、自由な発想で楽しく海のSDGsのイメージを形にしていきました。この作品たちは、自分の素敵なオリジナルデザインとなったようです。最後は、参加者の皆さん全員で自分たちの作品をシェアしたことで、広い視野で学びを深めることが出来ました。海の問題をはじめとする様々な社会課題に対して、参加者の一人一人が当事者意識を持つきっかけになりました。

 
  • 海の豊かさを守ることを学んだSDGs × プログラミングワークショップ
午後のプログラミングワークショップでは、ブルーカーボンにチャレンジ!。Scratchというプログラミング言語を使い、海の中の二酸化炭素「ブルーカーボン」を吸収する海藻を、ロボットで植えるゲームを作りました。子どもたちは、ブルーカーボンが海藻に吸収されることや、海の中に蓄積されたブルーカーボンが海洋温暖化につながるメカニズムを、ゲームを通して学習することができました。仮想の海で海洋温暖化について学んだ後は、現実の世界で既に取り組まれているICT技術(プログラミング)を用いた海の課題解決を紹介。世界の海が直面している海洋温暖化や、その問題を解決するための取り組みについて、プログラミングと一緒に楽しく学習する機会になりました。

 
  • 参加者からの声
・プログラミングで楽しく、海藻がCO2を吸収するしくみを知れたのが良かった。(女子・10才)
・いろんなプログラムを作れて楽しかった。(男子・8才)
・プログラミングのこともCO2のこともよく分かった。(女子・9才)
・家に帰ったらスクラッチでゲームをつくりたい。(女子・8才)
・とても分かりやすい説明で、親子で楽しみながら学ぶことができた。(小学生保護者)
・プログラミングを通して、CO2の吸収について関心を持つことができた。(小学生保護者)
・ゲームを作るということを簡単に子どもが学べて良かった。(小学生保護者)

<団体概要>
団体名称:一般社団法人 イエロー ピン プロジェクト
URL:https://programming.or.jp/umip
活動内容:「プログラミングで海のSDGs!」は、イエロー ピン プロジェクトが、子どもたちにSDGsを啓発し、ICTによる社会課題解決の体験を支援する非営利活動です。SDGs課題14「海の豊かさを守ろう」をテーマに、ワークショップや出前授業、講演会を通して、プログラミングを楽しみながら効果的にSDGsと海洋について学習する、新しいSTEAM学習の場作りを目指しています。

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://programming.or.jp/umip
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

海と日本プロジェクト広報事務局

103フォロワー

RSS
URL
https://uminohi.jp/
業種
財団法人・社団法人・宗教法人
本社所在地
東京都港区赤坂2-14-4  森崎ビル3階
電話番号
03-6441-2561
代表者名
渡邉友弘
上場
未上場
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード