消費税率・地方消費税率の引き上げに伴う鉄道旅客運賃の改定申請を行いました

能勢電鉄では、本日(7月2日)、国土交通大臣に対し、近畿運輸局において、鉄道旅客運賃の上限変更認可申請を行いました。
I.申請理由
消費税法等の一部改正により、2019年10月1日(火)から消費税率および地方消費税率の引き上げが実施される予定であることに伴い、当社におきましても、輸送サービスの対価である鉄道旅客運賃に、同税の引き上げ相当分を適正に転嫁させていただくため、国土交通大臣に鉄道旅客運賃の上限変更認可申請を行いました。

II.主な申請内容
1.申請する運賃
参考資料をご確認ください:https://prtimes.jp/a/?f=d5179-20190702-1781.pdf
2.改定率
申請運賃 平均 1.848%
3.初乗り運賃
申請運賃 160円(現行運賃 150円)
4.定期運賃平均割引率
通勤 37.5%(現行38.5%)
通学 59.7%(現行60.4%)
5.改定率一覧


この件に関するお問い合わせ先
能勢電鉄株式会社 鉄道事業部鉄道統括課
TEL:072-792-7810 FAX:072-792-7730(平日・9:00~17:30)


能勢電鉄株式会社 http://noseden.hankyu.co.jp

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6942_e16027ec78050fb3ed5a1b7a6a74ede89e81d26b.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪急阪神ホールディングス株式会社 >
  3. 消費税率・地方消費税率の引き上げに伴う鉄道旅客運賃の改定申請を行いました