インディーズアーティスト向けデジタル配信サービス、「Spinnup」日本でのサービスを開始

新たな才能を発掘するデジタル配信プラットフォーム コロナ禍でのアーティスト支援も発表

ユニバーサルミュージック合同会社(本社:東京都渋谷区、 社長兼最高経営責任者(CEO):藤倉尚 / 以下、 ユニバーサル ミュージック)は、米・ユニバーサルミュージックグループがグローバルで展開する独立系アーティストの為のデジタル配信サービスSpinnup(スピンナップ)について、2020年6月23日より日本でも正式にサービス開始したことをお知らせ致します。

「Spinnup」は、サービスを利用するアーティストが自身でSpotify、Apple Music、Amazonなどのグローバルな音楽プラットフォームはもちろん、LINEやAWAなどの国内プラットフォームにも簡単に楽曲を配信することができます。

 また全世界で事業展開するユニバーサルミュージックグループの各国のA&R(制作担当者)は、 Spinnup を通じて新しい才能の発掘を進めており、すでに欧米では80組以上のアーティストがメジャー契約に至っています。日本でも次世代を担う新たな才能を発掘し、メジャー契約を含めた音楽キャリア形成のための各種サポートを行います。

新型コロナウイルスの影響で日本の音楽業界を取り巻く環境は一変しました。このような時期にもアーティストの表現活動を支え、世界により優れたアーティストを紹介できるよう、Spinnupのサービスを充実させてまいります。

その一環として、本日より期間限定でシングルやアルバム、1作品の年間配信コストを当面無料で提供致します。あわせて、プロのアーティストを志す人のための各種ノウハウをセミナー形式で提供していくことで、日本のインディーズ音楽シーンをサポートして参ります。

 

ユニバーサルミュージック合同会社 執行役員 玉木一郎コメント
今や音楽を配信する事はこれまでになく簡単になりましたが、才能の洪水の中でアーティストがキャリアを築く難しさには何ら変わりがありません。 Spinnup によってインディーズのアーティストが世界の音楽ファンに向けて楽曲を届けられるだけでなく、全世界のユニバーサルミュージックのA&Rにとっても新しい才能と出会い発掘する場になるものと大変期待しています。我々は Spinnup を通じて日本の新しい才能を支援し、次世代を担うアーティストをサポートしてまいります。

 
Spinnup について
Spinnup は、インディーズアーティストに特化したグローバルなデジタル音楽配信サービスです。ユニバーサルミュージックグループのディストリビューションサービスである Spinnup は、独立系アーティストに世界の主要な音楽プラットフォームで楽曲をリリースするためのプラットフォームを提供しています。 Spinnup のアーティストは、個々のアカウントから日々のトレンドデータや独自のツールにアクセスすることができます。UMGを代表する各メジャーレーベルのA&Rが積極的にこのプラットフォームを活用してアーティストの発掘を行っており、これまでに80組のアーティストが契約に至っています。

URL:www.spinnup.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ユニバーサル ミュージック合同会社 >
  3. インディーズアーティスト向けデジタル配信サービス、「Spinnup」日本でのサービスを開始