日本 インドネシア ティーンエイジ アンバサダー(高校生交流)事業を実施~日本インドネシア国交樹立60周年記念事業に認定~

両国の高校生32名がインドネシアで再会し、交流します。

公益財団法人イオンワンパーセントクラブは、3月12日(月)から、日本とインドネシアの高校生が8日間の交流活動を通して親交を深める「日本 インドネシア ティーンエイジ アンバサダー(高校生交流)事業」を実施します。
イオンワンパーセントクラブは、柱となる3事業※のひとつに「諸外国との友好親善の促進」を掲げ、1990年より、アジアを中心とした国々と日本の高校生が互いの国を訪問し、交流する「ティーンエイジ アンバサダー」事業を行っています。インドネシアとの交流は、2002年、2012年、2015年に続いて4度目となり今回を含めた当事業の参加国は18カ国、参加者は累計2,460名にのぼります。
 ※3事業:「次代を担う青少年の健全な育成」「諸外国との友好親善の促進」「地域社会の持続的発展」

この度の交流は、本年1月の「日本 インドネシア ティーンエイジ アンバサダー事業」日本招聘プログラムに参加したボゴール市のウムル クロ高校と筑波大学附属坂戸高校の生徒合計32名がインドネシアで再会し、‶ティーンエイジ アンバサダー(小さな大使)〟として、政府への表敬訪問や日本大使公邸での歓迎会で代表スピーチ等を行います。また日本の高校生は、バティック(ジャワ更紗)のろうけつ染めや伝統舞踊の体験、ホームステイ等を通じて、インドネシアの歴史・文化について学ぶほか、両国の高校生がボゴール農科大学にて、インドネシアの農業における病害をテーマにディスカッションを行い、農業問題について理解を深めます。

なお本年は、日本とインドネシアの国交樹立60周年にあたり、本事業は、日本インドネシア国交樹立60周年記念事業実行委員会より、「日本インドネシア国交樹立60周年記念事業」の認定を受けています。

イオンワンパーセントクラブはこれからも、アジア各国の未来を担う若者の相互交流を通じ、両国の友好親善の 促進に資する活動を続けてまいります。

【1月に日本で実施した「日本 インドネシア ティーンエイジ アンバサダー」の様子】
・筑波大学附属坂戸高校の農場にて白菜を収穫

 

・英語の授業で食の異文化について理解を深める

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 日本 インドネシア ティーンエイジ アンバサダー(高校生交流)事業を実施~日本インドネシア国交樹立60周年記念事業に認定~