再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場ー薬剤タイプ別(ベータインターフェロン、クラドリビン、フマル酸);投与経路別:エンドユーザー別–世界の需要分析と機会の見通し2030年

Research Nester Private Limitedは調査レポート「再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 26日 に発刊しました。このレポートは、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3133

市場の成長に貢献する重要な要因の1つは、再発寛解型多発性硬化症(RRMS)の有病率の上昇です。病気の有病率の増加に伴い、高度な治療の需要が大幅に増加しており、これは市場の成長を加速する重要な要因の1つです。国立多発性硬化症協会(NMSS)によると、RRMSは多発性硬化症の最も一般的な形態であり、多発性硬化症の患者の約85%が最初にこの形態と診断されています。

さらに、世界中で増加している高齢者人口も、今後数年間で市場の成長を促進すると予想されます。世界的に、多発性硬化症のリスクは高齢者で増加しており、この治療に対する重大の需要を生み出すことがさらに期待されています。世界銀行のデータによると、2019年の世界の総人口の推定9.099%は65歳以上でした。さらに、世界人口の見通しによると、世界の6人に1人が2050年までに65歳以上になると推定されています。

また、2020年までに60歳以上の人口が5歳未満の子供の人口を上回ると推定されました。また、80歳以上の世界人口も2019年の143百万人から2050年には約426 百万人に増加すると予測されています。
 


レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3133

市場セグメンテーション洞察

再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場は、薬剤タイプ別(ベータインターフェロン、クラドリビン、フマル酸ジメチル、フィンゴリモド、オザニモド、その他);投与経路別(経口、注射、静脈内)およびエンドユーザー別(病院、診療所、外来手術センターなど)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

現在、北米の市場はより大きなシェアを獲得しています。これは主に、この地域でのRRMSの普及が進んでいることに起因しています。アメリカ多発性硬化症協会(MSAA)によると、現在、米国では推定100万人が多発性硬化症を患っています。さらに、米国で多発性硬化症を発症するリスクは、1,000人中3.5人であると報告されています。

さらに、国の有利な償還政策はまた、今後数年間で市場の成長を推進すると予測されています。市場の成長に貢献する別の要因は、地域の高齢者人口の増加です。米国国勢調査局によると、米国では5400万人以上が65歳以上です。さらに、多発性硬化症は老人人口でより蔓延しており、この地域で高度な治療に対する高い需要を生み出すことがさらに予想さます。

再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
市場主要企業

このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場における業界のリーダーはBiogen, Inc.、Eisai Co., Ltd.、Glenmark Pharmaceuticals、Merck KGaA、Novartis AG、Sanofi-aventis Groupe、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Genentech, Inc.、Acorda Therapeutics, Inc.、Amneal Pharmaceuticals LLC.などです。

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細内容について】

https://www.researchnester.jp/reports/relapsing-remitting-multiple-sclerosis-rrms-treatment-market/3133

【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/relapsing-remitting-multiple-sclerosis-rrms-treatment-market/3133

**** Research Nester Private Limited会社概要*****https://www.researchnester.com/
     

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 再発寛解型多発性硬化症(RRMS)治療薬市場ー薬剤タイプ別(ベータインターフェロン、クラドリビン、フマル酸);投与経路別:エンドユーザー別–世界の需要分析と機会の見通し2030年