ヘパリン市場、2026年に74億米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ヘパリン市場:世界の業界動向、シェア、規模、成長、機会と予測(2021~2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を10月27日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1007181-heparin-market-global-industry-trends-share-size.html


市場の概要
ヘパリン市場は、2020年に67億米ドルの価値に達しました。今後、2026年には74億米ドルの市場規模に達すると予想されています。
ヘパリンは、化学式C12H19NO20S3で示される硫黄含有多糖類で、抗凝固剤または血液希釈剤として作用します。血管内での血栓の形成を防ぎ、心臓病や不安定狭心症の治療に使用されます。また、手術後や人工透析、輸血の際にも使用されます。ヘパリンは通常、筋肉や静脈に直接注射して血栓を分解し、血液の円滑な流動性を維持します。ヘパリンを使用した場合の一般的な副作用には、あざができやすくなる、皮膚が赤くなってかゆくなる、などがあります。

市場の成長要因
深部静脈血栓症(DVT)や肺塞栓症(PE)などの様々な病気の増加は、ヘパリン市場を牽引する重要な要因の一つです。また、ヘパリンは、静脈血栓塞栓症や心血管障害(CVD)に極めて有効な薬剤であることが証明されており、市場の成長に大きく貢献しています。さらに、バイオ製薬企業は、ヘパリンの治療効果を高め、その副作用を軽減するための革新的な医薬品を開発しています。様々な癌、凝固性疾患、炎症性疾患の治療に役立つ合成および半合成のヘパリン模倣薬が入手可能になったことで、この製品の採用が大幅に増加しています。さらに、この市場は、ビルディングブロックの調製、カップリング反応、収束戦略の開発など、糖質合成分野における様々な進歩によっても牽引されています。さらに、医療施設の改善に向けた政府の資金援助の増加や、化学療法に利用するための超低分子量のヘパリンを開発するための大規模な研究開発(R&D)活動も、市場の見通しを良好にしています。

主要な市場区分
世界のヘパリン市場は、製品、供給源、投与方法、用途、エンドユーザー、流通チャネルなどに基づいて分類されています。

製品別の市場構成
・未分画ヘパリン
・低分子ヘパリン(LMWH)
・超低分子ヘパリン(ULMWH)

供給源別の市場構成
・ウシ
・豚

投与方法別の市場構成
・経口
・非経口

用途別の市場構成
・心房細動・心臓発作
・脳卒中
・深部静脈血栓症(DVT)
・肺塞栓症(PE)
・その他

エンドユーザー別の市場構成
・病院
・クリニック
・ホームケア施設
・外来手術センター
・その他

流通チャネル別の市場構成
・病院薬局
・小売薬局
・ドラッグストア
・オンラインストア
・その他

地域別の市場構成
・欧州
・北アメリカ
・アジア・パシフィック
・中近東・アフリカ
・ラテンアメリカ

市場の競合状況
世界のヘパリン市場における主要な企業としては、GlaxoSmithKline、Hepalink、Pfizer、LEO Pharma、Sanofi、Dr. Reddy's Laboratories、Teva Pharmaceutical Industries、Aspen、Baxter、Changshan Pharm、Sandoz、Opocrin、Deebio、Tiandongなどが挙げられます。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc1007181-heparin-market-global-industry-trends-share-size.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グローバルインフォメーション >
  3. ヘパリン市場、2026年に74億米ドル規模到達見込み