分子診断市場-世界の収益、傾向、成長、シェア、規模、予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「分子診断市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年07月 27日 に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325645
分子診断市場は、2022年に110.4憶米ドルの市場価値から2030年末までに205.7憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に9.3%のCAGRで拡大すると予測されます。

この成長は、技術の進歩、高齢者人口の増加、および研究開発のための外部資金に起因する可能性があります。ポイントオブケア(PoC)検査の需要の高まりは、政府の支援、自己診断診断の需要、およびより高速な診断に関する消費者の意識の高まりに起因しています。感染症の有病率の急増も、分子診断の需要を押し上げています。

               成長に影響を与えるマクロ経済指標:

一人当たりの医療費、PPP(米ドル)– 2014-2016年
 



ソース:WHO

 

高齢者人口の増加率は、分子診断市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、癌、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、予測期間中に分子診断市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

 正確な結果、移植性、および費用対効果につながる急速な技術の進歩は、分子診断の市場の影響力の大きい推進力になると予想されます。企業は、具体的で正確な結果を得るために新しい技術を実装することにより、製品をアップグレードしています。Sigma Aldrich CorporationとQIAGENは、腫瘍の診断のために、転写媒介増幅(TMA)やループ媒介等温増幅(LAMP)などの新しい技術を開発しています。

慢性疾患の有病率の増加、バイオマーカーの使用の増加、個別化医療に対する高い需要、および急速な技術の進歩は、分子診断市場の主要な推進力です。世界保健機関によると、2020年までに、慢性疾患は世界の疾病負荷の約58%を占めると推定されており、この負担の60%は新興国で発生すると予測されます。

市場セグメンテーション

分子診断市場は、製品別(試薬と消耗品、機器とシステム)、テクノロジー別(ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)、免疫化学技術、マイクロアレイ、シーケンス、等温核酸増幅技術(INAAT)、その他のテクノロジー)、 アプリケーション別(感染症、腫瘍学、遺伝子スクリーニングと検査、血液スクリーニング、微生物学、その他のアプリケーション)などセグメントによって分割されています。

高度な医療施設に対する世界中の国の政府の必要性の高まり、および医療への支出の増加により、の予測期間中に市場は、大幅なCAGRで成長すると予想されています。さらに、現代の医療施設の開発のための研究開発の増加も、グローバルマーケットの成長に貢献するのに役立つことがさらに推定されています。世界銀行の統計によると、2017年には、GDPの合計9.896%が現在の医療費として世界中で観測されています。

分子診断市場レポートは、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカを含む地域に関する詳細な調査と分析にも焦点を当てています。

 北米は分子診断の市場を支配し、2020年には38%の最大の収益シェアを占めました。この成長は、消費者の意識の高まり、技術の進歩、病気の蔓延の増加、およびより良い医療インフラに起因しています。ヨーロッパは2020年に25%の重要な収益シェアを占め、予測期間中に有利な速度で成長すると予想されます。

一方、ヘルスケア業界では、主に世界中に広まったグローバルなパンデミックCOVID-19の恩恵を受けています。世界中で多くの命を奪われている現在のパンデミックにより、ヘルスケア業界では多くの機会が生み出されています。業界はまた、世界的なパンデミックのために、いくつかの新しいプレーヤーからの参加を観察しました。

分子診断市場におけるキープレーヤー
  • Abbott
  • Danaher Corporation
  • Becton, Dickinson and Company
  • BioMerieux S.A.
  • Grifols International, S.A.
  • Hologic Inc.
  • Qiagen N.V.
  • F. Hoffmann-La Roche AG
  • Siemens AG
  • Sysmex Corporation

 [調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/molecular-diagnostics-market/10325645

 

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 分子診断市場-世界の収益、傾向、成長、シェア、規模、予測2022-2030年