『島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭』 特別招待作品のご案内 ~沖縄本土復帰50周年関連作品や魅力的な作品がいっぱい!~

日程 2022年4月16日(土)~ 4月17日(日)開催

 「島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭」 は2022年4月16日(土)・17日(日)の 2日間で開催いたします。
今年の島ぜんぶでおーきな祭では 沖縄県が本土復帰50周年の節目ということもあり沖縄を舞台にした作品を多数ご用意し、那覇市「桜坂劇場」にて上映を行います。
映画部門は「特別招待作品」「特別上映作品」「沖縄ヒストリカルムービー」「地域発信型映画」「クリエイターズ・ファクトリー」の5つの部門に分けて23プログラムを上映予定です。

 これから公開を控える新作を中心とした作品をご紹介する「特別招待」部門では、 2020年に結成50年を迎えた沖縄伝説のロックバンド「紫」が、ベトナム戦争景気、沖縄本土復帰当時の熱気を語り、紫に影響を受けた聖飢魔ⅡやXJAPAN、BEGIN等多くのミュージシャンが紫への思いを語られたドキュメンタリーを、映画祭バージョンとしてワールドプレミア上映を行います。 その他にも馬場ふみかを主演に迎え、石垣島を舞台に一人の人としての成長を描く「てぃだ」や、 1970年、歴史が激しく移り変わる沖縄・コザを舞台に「何でもない日常」を描いたショートムービー「あの夜、コザにいた。」、 中国製作の映画で日本人女優として初の主演を務めた中西悠綺さん出演の「ワンダフル旅行社」など魅力的な作品を幅広くラインナップしました。今回は「特別招待作品」の魅力をたっぷりご紹介いたします。その他の上映作品、関連イベントについては、順次発表させて頂きます。
 

島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭
(英語表記 14th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL)

■ 開催期間
2022年 4月16日(土)~17(日)
■ 開催場所
那覇市国際通り周辺、桜坂劇場、琉球新報ホール、那覇市民ギャラリー、
よしもと沖縄花月、首里観音堂、イオンモール沖縄ライカム、ほか
※各種イベントはオンライン上でもお楽しみ頂けます。
■ 主催 沖縄国際映画祭実行委員会
■ 運営 株式会社よしもとラフ&ピース
■実施コンテンツ 映画作品上映・オンラインコンテンツ・アート展示 ほか
■ホームページ www.oimf.jp

上映作品のご紹介
●特別招待作品

©株式会社エコーズ©株式会社エコーズ

 

©株式会社エコーズ©株式会社エコーズ

『紫』

出演:紫(MURASAKI)、BEGIN、古謝美佐子ほか
監督:野田孝則
ワールドプレミア

ストーリー
沖縄伝説のロックバンド「紫」
1970年、日本復帰前ジョージ紫を筆頭に沖縄にて結成。1976年1stアルバム「MURASAKI」を発表し日本のロック史に風穴を開け、音楽誌「ミュージック・ライフ」では、1977年の国内部門グループ第1位を獲得するなど当時の音楽シーンを名実ともにリードする存在となる。2007年、全盛期メンバーにJJとChrisを迎え再結成。2020年結成50年を迎えた。50周年に襲われたコロナ禍に記念ライブはキャンセルを余儀なくされバンドは休止状態になる。その中でも歩き続ける事を決意したメンバーはニューアルバム制作、1年越しの記念ライブに挑む。
紫メンバーが結成からこれまでの活動、ベトナム戦争景気、沖縄本土復帰当時の熱気を語り、本土デビューを直接みていたLOUDNESSや影山ヒロノブ、紫に影響を受けた聖飢魔ⅡやXJAPAN、石垣島で紫をコピーしていたBEGIN等多くのミュージシャンがそれぞれ紫への思いを語る。2022年秋頃にスターシアターズでの上映、全国順次公開予定に先立って、映画祭バージョンとしてワールドプレミア上映します。
 

©手力プロダクション©手力プロダクション

『てぃだ』

出演:馬場ふみか、中村静香、武田航平、今泉佑唯、青柳翔、仁科貴
温水洋一、伊藤かずえ、モロ師岡 他
監督:中前勇児
ワールドプレミア

ストーリー
都会で愛する人に裏切られ、生きていく事に疲れきってしまった一人の女性が、沖縄石垣島という離島での景色も素晴らしい場所で、離島ならではの人の温かさに触れ合い、一人の人として成長していくさまを描いていきます。
地道に生きていく事が、実は綱渡りみたいな人生・・・明日はどっちに落ちるかわからない・・・ 人の人生は誰も変われない・・・その人生をどう生きるかは自分次第・・・
必死で生きる主人公と、裏切り、友情、殺人、別れを丁寧に描いていく。
 

©2021ブルーヒーラーズ 龍頭影片©2021ブルーヒーラーズ 龍頭影片

©2021ブルーヒーラーズ 龍頭影片©2021ブルーヒーラーズ 龍頭影片

『あの夜、コザにいた。』

出演:しん、金城裕一
監督:丹野雅仁
オキナワプレミア

ストーリー
復帰への陣痛が始まった1970 年。時代は大きく動き始めるが、若者の日常はいつの時代でも似たようなもの。「歴史」はいつでも「何でもない日常」の上に乗っかっているのだ。新型コロナが世界を席巻する「歴史」の真っ只中で「何でもない日常」を過ごす若者たちに贈るゆるーい共感。

アメリカ統治下の沖縄・コザ。大阪万博に沸いた本土とは裏腹に、抑圧された島の人々の不満は熱をはらんで日々膨れ上がっていく。そんな時代の熱さをよそに屋上でぐだぐだと時間をやり過ごすタケルとコウケン。彼らは何のためにここにいるのか。やがて日が落ち、屋上に夜がおとずれる――。
 

©ステージサポート沖縄©ステージサポート沖縄

©ステージサポート沖縄©ステージサポート沖縄

『シネマ組踊 「孝行の巻」』

出演:田口博章、金城真次、佐辺良和、宇座仁一、嘉数道彦
伊藝武士、仲村逸夫、宮城さつき
監督:宮平貴子
ワールドプレミア

ストーリー
「シネマ組踊」は約300年間受け継がれる沖縄の伝統的歌舞劇「組踊」を新しい
切り口で映像化するプロジェクト。「孝行の巻」は組踊創始者玉城朝薫の五番の
中でも、別れの悲しみを描く「静」と、獰猛な大蛇が火を吹く「動」の対比が観るものを魅了する。沖縄の映画制作を支える一流のスタッフが集結し、組踊の様式美や舞台ではみられない立方の繊細な表情、緊迫感溢れる地謡の音楽、流麗なセリフ回しなど、組踊の魅力をあますところなく映像で捉えることに成功した。 冒頭には案内人宮城さつきによる歴史やみどころの紹介もあり、初めて組踊に触れる人も予備知識なしで楽しめる。監督は「アンを探して」の宮平貴子。 「孝行の巻」あらすじ:村に禍いをもたらす大蛇を鎮めるため、貧しいながらも仲睦まじく暮らしていた姉弟は、母を助けたいと自ら生贄となることを決意する…。
 

©Hualu Media. ©Sichuan Jiayang©Hualu Media. ©Sichuan Jiayang

©Hualu Media. ©Sichuan Jiayang©Hualu Media. ©Sichuan Jiayang

『ワンダフル旅行社』

出演:文苡帆、中西悠綺、武麟、劉凱、章方然
監督:頃安祐良
インターナショナルプレミア

ストーリー
機械物理学専攻の大学院生鍾浩は超高速で現実に対しての模擬実験を研究している。
研究が終了直前に、母から電話があり彼は父が運転していた蒸気機関車が間もなく
停止することを知っていた。鍾浩は何度も考えて、やはり大都会の全てを諦めて帰郷する
ことにした。故郷に帰って自分の研究を役に立って、父の事業に力を入れることもできる。
最終的な実験を完成するために、鍾浩はインターネットの掲示板で“加速度”研究領域の
エリートである―中村理香という人を見つかった。父は息子が大都会のチャンスを逃した
ことを酷く怒っていた。でも息子の働く姿を見ていて、理香のいい影響力もあるので、鍾浩と
父二人の関係がやっと和解になった。そして鍾浩の父は息子の最終的な実験の完成を
助けてあげる。同時に鍾浩の故郷である“嘉陽”も実験の成功で大きな注目を集めっていた。
最後に残った1両の蒸気機関車も保存されることができた。皆さんの努力を記念するために
鍾浩はこのきっかけに“不思議な旅行社”という会社を立ち上げて、地域振興に力を
注いでいく。
 

©映像製作団体友©映像製作団体友

『宮田バスターズ(株)-大長編-』

出演:渡部直也、大須みづほ、佐田淳、ユミコテラダンス、山本愛生、水野祐樹
         吉見茉莉奈、宮崎美子
監督:坂田敦哉
オキナワプレミア

ストーリー
どんなものにも終わりは訪れる。 人々の安全を守るべく、長きに渡り宇宙生物と
戦い続けてきた中小企業の均衡は「テクノロジーの進歩」によって崩れ始めた…。








 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 吉本興業株式会社 >
  3. 『島ぜんぶでおーきな祭 第14回沖縄国際映画祭』 特別招待作品のご案内 ~沖縄本土復帰50周年関連作品や魅力的な作品がいっぱい!~