プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社新潮社
会社概要

第48回川端康成文学賞が町屋良平「私の批評」(「文藝」2023年春季号掲載)に決定しました。

株式会社新潮社

ノーベル文学賞から生まれた日本で最も権威のある短篇小説賞、第48回川端康成文学賞(主催:川端康成記念会、後援:新潮社)が、2024年4月4日、厳正な選考を経て、町屋良平「私の批評」(「文藝」2023年春季号掲載)に決定しました。


「私の批評」が掲載された「文芸」2023年春季号「私の批評」が掲載された「文芸」2023年春季号


町屋良平氏 (C)新潮社町屋良平氏 (C)新潮社

【受賞者略歴】

町屋良平(まちや・りょうへい)

1983年、東京都生れ。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。2019年「1R1分34秒」で第160

回芥川賞受賞。2022年『ほんのこども』で第44回野間文芸新人賞受賞。他の著書に『ショパンゾンビ・コンテスタント』『しき』『ぼくはきっとやさしい』『愛が嫌い』『ふたりでちょうど200%』『ほんのこども』『生きる演技』などがある。



【川端康成文学賞について】

日本人初のノーベル文学賞受賞者である川端康成(1899〜1972)の没後、その賞金を基金にして生まれた川端康成文学賞(主催:川端康成記念会、後援:新潮社)は、短篇小説を対象とする賞としては日本で最も権威のある小説賞として50年近く営まれてきました。

過去の受賞者にはノーベル文学賞作家・大江健三郎や古井由吉、安岡章太郎、筒井康隆から山田詠美、江國香織、町田康まで日本を代表する作家が選ばれてきましたが、2019年に惜しまれつつ一時休止しました。しかし、川端康成没後50年を翌2022年に控えた一昨年、待望の復活を果たしました。


川端康成には「掌(てのひら)の小説」という短篇小説の名品が数多くあることから、審査対象は短篇小説に限り、その年度の最も完成度の高い作品を授賞対象とします。


川端康成文学賞は丁寧かつ厳密な選考を重ねることで知られ、選考委員による本選考は一次選考会と最終選考会の2回にわたり実施しています。


■第48回(2024年)川端康成文学賞 選考委員

荒川洋治、角田光代、辻原登、堀江敏幸、村田喜代子(敬称略、五十音順)


 (過去の受賞者)

第1回(1974年)上林暁「ブロンズの首」

第2回(1975年)永井龍男「秋」

第3回(1976年)佐多稲子「時に佇つ(十一)」

第4回(1977年)水上勉「寺泊」 富岡多恵子「立切れ」

第5回(1978年)和田芳恵「雪女」

第6回(1979年)開高健「玉、砕ける」

第7回(1980年)野口冨士男「なぎの葉考」 小田実「「アボジ」を踏む」

第8回(1981年)竹西寛子「兵隊宿」

第9回(1982年)色川武大「百」

第10回(1983年)島尾敏雄「湾内の入江で」 津島佑子「黙市」

第11回(1984年)林京子「三界の家」 大江健三郎「河馬に噛まれる」

第12回(1985年)高橋たか子「恋う」 田久保英夫「辻火」

第13回(1986年)小川国夫「逸民」

第14回(1987年)古井由吉「中山坂」 阪田寛夫「海道東征」

第15回(1988年)上田三四二「祝婚」 丸谷才一「樹影譚」

第16回(1989年)大庭みな子「海にゆらぐ糸」 筒井康隆「ヨッパ谷への降下」

第17回(1990年)三浦哲郎「じねんじょ」

第18回(1991年)安岡章太郎「伯父の墓地」

第19回(1992年)吉田知子「お供え」

第20回(1993年)司修「犬(影について・その一)」

第21回(1994年)古山高麗雄「セミの追憶」

第22回(1995年)三浦哲郎「みのむし」

第23回(1996年)大庭みな子「赤い満月」

第24回(1997年)坂上弘「台所」

第25回(1998年)村田喜代子「望潮」

第26回(2000年)岩阪恵子「雨のち雨?」 目取真俊「魂込め(まぶいぐみ)」

第27回(2001年)車谷長吉「武蔵丸」

第28回(2002年)河野多惠子「半所有者」 町田康「権現の踊り子」

第29回(2003年)堀江敏幸「スタンス・ドット」 青山光二「吾妹子哀し」

第30回(2004年)絲山秋子「袋小路の男」

第31回(2005年)辻原登「枯葉の中の青い炎」

第32回(2006年)角田光代「ロック母」

第33回(2007年)小池昌代「タタド」

第34回(2008年)稲葉真弓「海松(ミル)」 田中慎弥「蛹」

第35回(2009年)青山七恵「かけら」

第36回(2010年)髙木のぶ子「トモスイ」

第37回(2011年)津村節子「異郷」

第38回(2012年)江國香織「犬とハモニカ」

第39回(2013年)津村記久子「給水塔と亀」

第40回(2014年)戌井昭人「すっぽん心中」

第41回(2015年)大城立裕「レールの向こう」

第42回(2016年)山田詠美「生鮮てるてる坊主」

第43回(2017年)円城塔「文字渦」

第44回(2018年)保坂和志「こことよそ」

第45回(2021年)千葉雅也「マジックミラー」

第46回(2022年)上田岳弘「旅のない」

第47回(2023年)滝口悠生「反対方向行き」

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.shinchosha.co.jp/prizes/kawabatasho/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社新潮社

63フォロワー

RSS
URL
https://www.shinchosha.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都新宿区矢来町71
電話番号
03-3266-5220
代表者名
佐藤隆信
上場
未上場
資本金
1億5000万円
設立
1900年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード