ユニセフ、人道支援用の高性能テントを新たに開発【プレスリリース】

異常気象への耐性、電力へのアクセスなど

人道支援用の高性能テント© UNICEF_Sorensen人道支援用の高性能テント© UNICEF_Sorensen

【2020年1月24日 コペンハーゲン(デンマーク)、ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、世界中の紛争や災害の影響を受ける子どもたちに幅広い人道支援を提供することが可能となる、革新的な多目的テントを新たに開発したことを発表しました。

産業パートナーとの2年間の共同開発の結果、改善された高性能テントには、緊急事態下に置かれた各国の子どもたちのニーズを満たすためのさまざまな機能が新たに加わりました。

人道支援用の多目的テントは、紛争や自然災害から逃れた子どもたちに安全な空間を確保します。学校や診療所、栄養施設、支援物資の配布場所、子どもにやさしい空間として使用することができます。

2013年から2018年の間に、ユニセフは年間平均660万米ドルの費用で年間平均4,650の多目的テントを調達しました。それらのテントによって、毎年、緊急事態下に置かれた何百万人もの子どもたちに支援サービスを提供してきました。

「従来の人道支援用テントは長年活用されてきましたが、地球規模の気候変動や新しい緊急事態が生じるなか、改善が求められていました」と、コペンハーゲンにあるユニセフ物資供給センター長のエトレバ・カディリは述べました。「異常気象が起こると、強風や雨でテントが崩壊したり、テント内が暑すぎたり寒すぎたりする劣悪な内部環境など、さまざまな課題がありました」

「これらの問題を解決できる製品を探しましたが、見つけることができなかったので、研究開発を開始し、目的に合った新しい製品を開発できるよう、産業パートナーにそのニーズを伝えました」(カディリ)
 

フィリピンを襲った台風の被害により、避難生活を送る12歳のラシッドくん。新しいテントのおかげで快適に授業を受けることができている。(2019年12月撮影) © UNICEF_UNI276751_フィリピンを襲った台風の被害により、避難生活を送る12歳のラシッドくん。新しいテントのおかげで快適に授業を受けることができている。(2019年12月撮影) © UNICEF_UNI276751_

ユニセフは、協議やターゲット・プロダクト・プロファイル(TPP)の設定を通じ、産業パートナーにニーズを伝えました。TPPでは、テントによって実現すべき、望ましい性能について明確化。異常気象への耐性、テント内温度の改善、電力へのアクセス、より広い空間、設置と輸送の改善など、1,000を超える要件が示されました。

メーカーはユニセフと協力し、原型となる試作版を共に開発しました。ハリケーン規模の風と氷点下の温度のなか、耐久性、熱性能、換気率が試されるフランスのジュール・ヴェルヌ風洞などといった場所で、実験を重ねながら、競争力のあるインタラクティブなアプローチを実行しました。

そしてユニセフは、その試作版をメーカーと現場に持ち込み、緊急事態下で、さまざまな気象条件に耐え得るかどうかをテストしました。例えば、暑く乾燥したウガンダ、湿度の高いフィリピン、寒いアフガニスタンなどです。

最終的に製品として完成したユニセフの高性能テントには、次のような改善が施されました。
  • さまざまな土壌の種類や極端な気象条件下でも、テントをしっかりと固定する新しいアンカー(固定金具)
  • 使用可能な床面積を20パーセント増やし、全体の容積を確保するために壁を真っすぐに設計
  • 理想的な明るさ、換気、保護を実現する3層の窓(蚊帳、透明シート、フルカバー)
  • テント内の適切な温度を確保するために備え付けられたシェードネット

さらに、以下の付加設備により、多様な気象条件下のさまざまなプログラムのニーズに広く対応することができます。
  • 夜間の照明と安全性を提供する太陽光キットと電気キット(グリッド接続/発電機を使用)
  • 寒冷地向けの冬用ライナーシート
  • 汚れや泥から守り、より安全で清潔な環境を確保するための硬質フローリング
  • 子どもにやさしい空間に柔らかく親密な雰囲気をもたらすインナーライナー

「本プロジェクトは、ユニセフのイノベーションプロセスに大きな影響を与えました。製品の革新は、産業界の革新力と現場の知見をつなげられた時にのみ成功します。ユニセフの調達と支援プログラム双方における国際的な地位があるからこそ、子どもたちのための最高の製品を手頃な価格で開発することができるのです」と、ユニセフ事務次長ファヤズ・キングは述べました。

ユニセフは現在、世界各国での人道支援活動をより良くするために高性能テントの導入規模を拡大することで、緊急支援を受けているすべての子どもたちが、改善された人道サービスの恩恵を受けられるよう取り組んでいます。

 


* * *

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。( www.unicef.org )
※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国33の国と地域にあるユニセフ国内委員会のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。( www.unicef.or.jp )
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本ユニセフ協会 >
  3. ユニセフ、人道支援用の高性能テントを新たに開発【プレスリリース】