「自動運転、MaaSの最前線」と題して、内閣官房/内閣府/警察庁/総務省/国交省/経産省/トヨタ/ホンダによるセミナーを2021年9月1日(水)AP虎ノ門にて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2021年9月1日(水)に下記セミナーの開催運営事務局を行います。

■会場受講 ■ライブ配信 ■アーカイブ配信

[テーマ]
【内閣官房/内閣府/警察庁/総務省/国交省/経産省/トヨタ/ホンダ】
自動運転、MaaSの最前線

[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21341

[講 師]
内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 参事官補佐 森 健悟 氏

総務省 総合通信基盤局 電波部 移動通信課
新世代移動通信システム推進室 課長補佐 江原 真一郎 氏

国土交通省 総合政策局 モビリティサービス推進課 課長補佐
石川 雄基 氏

警察庁 交通局交通企画課 専門官 大橋 雅也 氏

経済産業省 製造産業局 自動車課 課長補佐 山本 誠一朗 氏

トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 自動運転モビリティ
イノベーション担当 兼 自動運転・先進安全統括部主査
ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社
Automated Driving Strategy and Mapping Vice President
マンダリ カレシ― 氏

株式会社本田技術研究所 先進技術研究所 AD/ADAS研究開発室
エグゼクティブチーフエンジニア 波多野 邦道 氏

内閣府 科学技術・イノベーション推進事務局
参事官(社会システム基盤)付
SIP自動運転担当 上席政策調査員 荒木 雄一 氏

[日 時]
2021年9月1日(水) 午前9時30分~午後5時50分

[会 場]
AP虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル

[重点講義内容]
<1>官民ITS構想・ロードマップ
これまでの取組と今後のITS構想の基本的考え方
【9:30~10:20】森 健悟 氏

「官民ITS構想・ロードマップ」は、我が国のITS・自動運転に係る戦略を
記載した文書として2014年6月に策定されて以降毎年改定を行っており、
2021年6月にIT総合戦略本部において最新版が決定された。
講演では主なポイントについて説明する。

1.はじめに
2.これまでの取組と実績
3.今後のITS構想の基本的考え方 
4.質疑応答/名刺交換

<2>自動運転社会の実現に向けた総務省の取組について
【10:30~11:20】江原 真一郎 氏

交通事故削減・渋滞緩和、移動弱者支援や快適な移動空間の実現等、
自動運転に対する社会の期待が高まっている。
本講義では、通信行政を担う総務省の立場から、自動運転社会の実現に
向けた総務省の取組を国際動向をまじえながらご紹介する。
また、2020年から商用サービスが開始された5Gの現状について触れつつ、
5G時代の自動運転の姿を展望する。

1.5.9GHz帯V2X用通信システムに関する検討状況
2.ITS用無線通信における国際的な動き
3.自動運転に必要な通信要件の検討状況
4.交通信号機を活用した5Gネットワークの構築の検討状況
5.質疑応答/名刺交換

<3>日本版MaaSの推進に係る最新の動向
【11:30~12:20】石川 雄基 氏

国土交通省では、新たなモビリティサービスである
MaaS(Mobility as a Service)について、
「日本版MaaS推進・支援事業」を中心とした取組みを行っている。
本公演では、国土交通省によるMaaSへのアプローチや、コロナ禍における
MaaSの役割、今後の取組等について紹介する。

1.地域公共交通の現状と課題
2.MaaS(Mobility as a Service)について
3.国土交通省のアプローチ
4.With/Afterコロナ時代におけるMaaS
5.質疑応答/名刺交換

<4>自動運転の実現に向けた警察庁の取組
【13:00~13:50】大橋 雅也 氏

自動運転技術は交通事故の削減、渋滞の緩和等を図る上で有用と考えら
れることから、警察では、我が国の道路環境に応じた自動運転が早期に
実現されるよう、交通関連法規の見直し、実証実験の環境整備、
技術開発等を推進している。
本講演では、「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の枠組み
を活用した警察庁における技術開発について紹介する。

1.日本における交通事故の発生状況
2.自動運転の実現に向けた警察庁の取組
3.信号情報の提供等に関する技術開発
4.質疑応答/名刺交換

<5>自動車関連産業を取り巻く環境変化と
新たなモビリティ産業の創出に向けた取組
【14:00~14:50】山本 誠一朗 氏

いわゆる「CASE」と言われる百年に一度の技術変革の中で、自動車産業は
大きく産業構造の転換を求められている。他方で、先進的な技術や
サービスの社会実装を通じ、モータリゼーションや少子高齢化に伴い
進行してきた社会課題の解決も期待されている。本講演では、そうした
将来のモビリティ社会像の展望や、それに向けたMaaSや自動運転分野での
経済産業省の取組を紹介する。

1.自動車産業の構造変化
2.将来のモビリティ社会像
3.経済産業省の取組(MaaS、自動運転)
4.質疑応答/名刺交換

<6>自動地図生成プラットフォーム(AMP)を活用した
商用車向けの自動運転支援
【15:00~15:50】マンダリ カレシ― 氏

安全な先進運転支援技術や自動運転には高精度で最新の地図が必要です。
低コスト、高精度、高頻度で地図の生成・更新ができる自動地図生成
プラットフォーム(Automated Mapping Platform、AMP)では、
従来使われている地図情報の精度や更新頻度の課題を解決し、商用車の
安全性の向上をめざしています。オープンなプラットフォームとして
様々なパートナーと協業することで、更なる価値を提供していきます。

1.先進運転支援技術・自動運転における高精度地図の重要性
2.従来の地図を用いた技術の課題
3.AMPのベネフィット
4.オープンなプラットフォームとしてのパートナーとの協業
5.質疑応答/名刺交換

<7>レベル3自動運転(トラフィックジャムパイロット)の開発概要
【16:00~16:50】波多野 邦道 氏

2020年日本は世界で初めてレベル3自動運転に対応した法整備を完了し、
高速道路などの限定エリアでの自動運転の実用化が可能となった。
本講演は高速道路上でのレベル3自動運転の基本的な技術と実用化の
取り組みを概説する。

1.日本の自動運転実用化に向けた取り組み概要
2.ホンダの自動運転/安全運転支援の取り組み
3.自動運転を実用化するための要素技術
4.自動運転の安全性を担保する取り組み
5.質疑応答/名刺交換

<8>SIP自動運転(システムとサービスの拡張)における取組み
【17:00~17:50】荒木 雄一 氏

SIP自動運転では、自動運転の実用化に向けて、地図やインフラなど
自動運転に必要な協調領域の研究開発等を産学官連携で推進している。
ダイナミックマップに紐づける交通環境情報の構築と配信の実現に向けた
技術開発や東京臨海部での実証実験を始め、安全性評価環境の構築や
セキュリティ、社会的受容性の醸成等の取組について紹介する。

1.交通環境情報の構築と配信
2.東京臨海部実証実験
3.仮想空間における安全性評価環境の構築、サイバーセキュリティ
4.地理系データの流通ポータルの構築
5.社会的受容性の醸成、国際連携の強化
6.質疑応答/名刺交換

【事務局】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
 TEL: 03-5532-8850
 FAX: 03-5532-8851
 URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 新社会システム総合研究所 >
  3. 「自動運転、MaaSの最前線」と題して、内閣官房/内閣府/警察庁/総務省/国交省/経産省/トヨタ/ホンダによるセミナーを2021年9月1日(水)AP虎ノ門にて開催!!