世界の診断用特殊抗体市場ータイプ別(モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、その他)、アプリケーション別(腫瘍学診断、肝炎診断、その他)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年

SDKI Inc.は、「世界の診断用特殊抗体市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年11月26日に発刊しました。この調査には、診断用特殊抗体市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。
レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111560
診断用特殊抗体市場は、2022年に207.9億米ドルの市場価値から、2030年までに255.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に3.0%のCAGRで成長すると予想されています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-diagnostic-specialty-antibody-market/189

抗体は、特定の抗原に反応して産生される血液タンパク質の一部です。それらは通常免疫グロブリンとして知られており、一般的にY構造の形をしています。これらの抗体は効果的であり、あらゆる種類の特定の抗原の結合能力を高めます。さらに、技術の進歩、特に遺伝子工学の分野では、モノクローナル抗体であることが多い多数の抗体の導入に役立っています。これらはさらに効果的で堅牢であり、抗原への結合能力の向上に役立ちます。また、これらの抗体は、多数の感染症の評価と検査のための診断ツールとして効果的であることが実証されています。

したがって、HIV / AIDSなどの感染症の有病率の上昇、および製薬会社やバイオ医薬品会社の研究開発費の増加は、予測期間中に診断用特殊抗体市場の成長を推進する主な要因です。Avert組織によると、2018年には約3,790万人(170万人の子供を含む)がHIVに感染し、成人人口の世界的なHIV陽性率は0.8%でした。同様に、米国保健社会福祉省は、2017年に約2,170万人がHIVとともに生きていると推定しており、これは2016年から230万人、2010年から800万人の増加に相当します。これにより、世界中の診断用特殊抗体市場の成長が強化されることが期待されます。

しかし、診断用特殊抗体の開発コストが高いことは、2022ー2030年の予測期間中に診断用特殊抗体市場の成長を抑制する可能性があります。

診断用特殊抗体市場セグメント

診断用特殊抗体市場は、タイプ別(モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、その他)、アプリケーション別(腫瘍学診断、肝炎診断、感染症診断、その他)、エンドユーザー別(診断研究所、病院)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

診断用特殊抗体市場の地域概要

診断用特殊抗体市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、感染症や生命を脅かす病気の有病率の上昇、とこの地域での市場ベンダーの重要な存在に起因しています。一方、アジア太平洋地域の診断用特殊抗体市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されています。医薬品およびバイオ医薬品の支出の増加、と中国やインドなどの開発途上国における疾患治療および医療インフラの改善に関する政府プログラムの増加などの要因は、アジア太平洋地域の診断用特殊抗体市場に有利な成長の機会を生み出します。

診断用特殊抗体市場の主要なキープレーヤー

診断用特殊抗体市場の主要なキープレーヤーには、F. Hoffmann-La Roche AG、Abbott Laboratories、Abcam plc、Bio-Rad Laboratories, Inc.、Agilent Technologies, Inc.、Creative Diagnostics、Thermo Fisher Scientific Inc.、Becton, Dickinson and Company、Merck KGaA、Sartorius AGなどがあります。この調査には、診断用特殊抗体市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111560

SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界の診断用特殊抗体市場ータイプ別(モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、その他)、アプリケーション別(腫瘍学診断、肝炎診断、その他)、エンドユーザー別、および地域別ー予測2022ー2030年