オールインワンマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」でeギフトを生成・販売する「eGift System」のサービス提供開始(ニュースリリース)

■「ウィズコロナの店舗支援」キャッシュレス×販促支援サービスを提供

 マルチペイメントサービス事業を展開する大和ハウスグループの株式会社ロイヤルゲート(本社:東京都港区、社⻑:関野博一)は、株式会社ギフティ(本社:東京都品川区、代表取締役:太田 睦、鈴木 達哉/以下「ギフティ」)が展開するeギフト(電子ギフト)の処理機能を組み込んだオールインワンマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」の提供を開始します。
 新たなサービスの開始により、加盟店様は1台の端末であらゆるキャッシュレス対応とeギフトの生成・販売を可能とするギフティの「eGift System」を導入できます。


1.背景
 当社は、あらゆる決済手段(クレジット、電子マネー、QRコード決済(※1)、共通ポイント)に対応したワンストップのマルチペイメントサービス事業を展開しています。
 ギフティは、『eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな緑を育むサービスを提供する。』というビジョンのもと、eギフトの発行から流通まで一気通貫で提供するeギフトプラットフォーム事業を国内外で展開しています。
 現在、新型コロナウイルス感染症拡大を契機に「安心で衛生的な店舗運営」と、停滞した「消費の活性化」の両立が喫緊の社会課題となっています。そのような中、当社はギフティが展開する「eGift System」を組み合わせることにより、店舗の売上に貢献する「非接触型」のキャッシュレスとデジタル販売促進サービスの提供を開始することとしました。
※1. QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。


2.「eGift System」の特長
 「eGift System」は、店頭で引き換えることのできるデジタルのギフトチケットを生成、販売できるサービスです。加盟店様は「eGift System」サービスをご利用いただくことで、ギフト需要の獲得や来店促進による売上の拡大が見込めます。
 eギフトを法人のデジタルキャンペーン等のインセンティブとして利用する場合、紙媒体の販促チケットに比べ、郵送コストや管理コストが不要となることに加え、非接触で流通できるため、衛生面でも安全性の高いシステムです。ギフティではこれまで、チケットの処理方法としてPOSシステム連携や電子スタンプ等を提供していましたが、新たに決済端末での処理方法の提供が可能となります。


■株式会社ギフティ:https://giftee.co.jp/

3.「PAYGATE Station」の特長
 「PAYGATE Station」は、決済機能として磁気クレジットカードや接触ICクレジットカード、タッチ決済、電子マネー、QRコード決済に対応していることに加え、販促機能として共通ポイント、電子ギフトにも対応した多機能端末です。また、プリンターや通信SIMも搭載し、どこでも決済できるモバイル性や洗練されたデザイン性を備えたオールインワンマルチ決済端末です。セキュリティ面ではグローバル基準の「PCI P2PEソリューション」認定を取得した国内で数少ない決済端末です。
 当社は、決済端末「PAYGATE Station」の提供に加え、決済アプリケーションやマルチ決済センターをワンストップで展開しています。

 


商品サイトURL:http://www.paygate.ne.jp/station/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. オールインワンマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」でeギフトを生成・販売する「eGift System」のサービス提供開始(ニュースリリース)