紫外線照射装置「エアロシールド」販売開始のお知らせ(ニュースレター)

大和ハウスグループのエネサーブ株式会社(本社:滋賀県大津市、社長:井上博司)は、2020年12月1日より紫外線照射装置「エアロシールド」(※)を販売いたします。
※.エアロシールド株式会社(本社:大分市、社長:木原寿彦)が開発・製造を行う。
 新たなウイルスの出現により、世界中で深刻な健康被害が拡大している中、空気感染対策の重要性が再認識されています。特に医療施設における空気感染への対策は、避けて通れない最重要課題となっております。その中で、当社では、紫外線照射で空気中のウイルスを減少させる紫外線照射装置「エアロシールド」を販売することになりました。

■UVGI(紫外線照射装置)「エアロシールド」 について

 「エアロシールド」は紫外線の中でも最も効果が高い波長とされているUV-Cを室内上部に照射し、自然対流による空気の循環を利用して空気環境対策をすることが可能な製品です。
 紫外線照射方式(UVGI)はCDC(米国疾病対策センター)発行の「医療機関における結核菌の伝播予防のためのガイドライン」でも空気環境対策に有効な空気清浄法として推奨されています。

【製品仕様と販売価格】

※ 上記の販売価格以外に別途設置工事費が掛かります。
※ 別途、保守メンテナンスが半年に一度必要になります。

【注意事項】
 記載されている情報は発表日現在のものです。予告無しに価格、仕様、その他の情報が変更になる場合がありますのであらかじめご了承ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 紫外線照射装置「エアロシールド」販売開始のお知らせ(ニュースレター)