現地法人Daiwa Logistics Vietnam Co.,Ltd.を設立しました(ニュースレター)

■ベトナムで物流事業を開始

 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市西区、社長:木下 健治)は、2020年11月30日、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)に、現地法人「Daiwa Logistics Vietnam Co.,Ltd.」を設立しましたので、お知らせします。
1.設立の背景
 ベトナムは、GDP成長率が5年連続(2015~2019年)で6%を超え、近年著しい経済発展を遂げています。堅調な経済成長を背景とした、小売やEコマース市場の急速な拡大に伴い、物流需要も増加しており、効率的な物流システムの構築や高品質な物流サービスの提供など、物流の高度化へのニーズが高まっています。
 こうした中、当社は昨年5月、ベトナムに「ホーチミン駐在員事務所」を開設し、市場調査・物流事情調査を行ってまいりました。
 そしてこのたび、当社が日本国内で長年培ってきた3PLサービス(※1)の強みを発揮し、国際物流事業を推進していくため、同国のホーチミン市に現地法人Daiwa Logistics Vietnam Co.,Ltd.を設立する運びとなりました。
※1.荷主に代わって、最も効率的な物流戦略の企画立案や物流システムの構築について包括的に受託し、実行するサービス

2.事業内容について
 Daiwa Logistics Vietnam Co.,Ltd.では、製造業や商社、流通業等の幅広いお客さまに対し、3PLサービスや国際一貫輸送サービスを提供します。
 設立当初は、利用運送業をメインに始動し、2021年には倉庫業や倉庫賃貸事業に進出します。その後は順次、他社とパートナーシップを結びながら、国内の陸上輸送事業へと業容を拡大する計画です。

3.今後の展開
 当社は、今回の現地法人設立を皮切りに、ASEANやその周辺国への進出を本格化するため、引き続きホーチミン駐在員事務所を情報収集拠点として、市場調査や事業可能性の検討を行ってまいります。
 今後も当社は、日本国内で培ってきた豊富な物流ノウハウと大和ハウスグループの総合力を発揮しながら、海外展開を加速してまいります。

4.現地法人の概要

※2.出資者が1人(個人または組織)の有限会社

●大和物流について
 当社は1959 年に大和ハウス工業株式会社の物流子会社として設立し、今年で創立61 年を迎えました。建築・建材物流をコア事業とした総合物流事業のほか、お客さまのニーズに合わせた物流施設開発を全国で進め、現在、自社で管理・運営する物流施設は、93ヵ所・総延床面積約28万1千坪(2020 年9 月末時点)に上ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 現地法人Daiwa Logistics Vietnam Co.,Ltd.を設立しました(ニュースレター)