『風の谷のナウシカ』~『思い出のマーニー』まで。監督・押井守が語り尽くした痛快・ディープなインタビュー。ジブリアニメをもう一度、見返したくなること必至!

「誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版」押井 守/著 8月20日(金)発売

雑誌「TVガイド」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、「誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版」(押井 守/著)を8月20日(金)に発行いたします。全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。

「誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版」押井 守/著(東京ニュース通信社発行)「誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版」押井 守/著(東京ニュース通信社発行)

​世界中のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を、これまた世界中からリスペクトされる監督・押井守が語り尽くして、メディアやアニメファンたちの間で大きな話題を呼んだ『誰も語らなかったジブリ語ろう』。

長らく入手困難だった本書が、増補版として待望の再登場!


およそ40年にわたって親交を結んできたスタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーとの最初で最後の(!?)往復書簡、押井監督と長年タッグを組んできた盟友・石川光久プロデューサー(株式会社プロダクション・アイジー代表取締役社長)、スタジオジブリ等で長らくプロデューサーを務めてきた高橋望氏との本音がぶつかり合う鼎談を新たに加えた増補版です。

カバーイラストは『映像研には手を出すな!』『日本沈没2020』の監督を務めた湯浅政明。
聞き手・構成・文は映画ライターの渡辺麻紀。


【著者プロフィール】

押井 守(おしい まもる)
1951年生まれ。東京都出身。
1977年、竜の子プロダクションに入社。スタジオぴえろを経てフリーに。『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で劇場監督デビュー。主な監督作品に『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)、『機動警察パトレイバー the Movie』(89)、『機動警察パトレイバー 2 the Movie』(93)。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)はアメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(04)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。2016年、ウィンザー・マッケイ賞を受賞。最新作は、原作・総監督などを務めたTVシリーズ『ぶらどらぶ』(21)。

【商品情報】
「誰も語らなかったジブリを語ろう 増補版」
押井 守/著
●  発売日:2021年8月20日(金)※一部、発売日が異なる地域がございます
●  定 価:1,760円
●  仕 様:四六判、ソフトカバー、288ページ
●  発 行:東京ニュース通信社
●  発 売:講談社
全国の書店、ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_31135172.html>ほか)にてご予約いただけます。

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 『風の谷のナウシカ』~『思い出のマーニー』まで。監督・押井守が語り尽くした痛快・ディープなインタビュー。ジブリアニメをもう一度、見返したくなること必至!