世界のビッグデータとビジネス分析市場ーコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、分析ツール別、アプリケーション別、業種別、地域別ー予測2030年

SDKI Inc.が「世界のビッグデータとビジネス分析市場ー予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年12月02日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。
レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106096

ビッグデータとビジネス分析市場は、2022年に約2,375億米ドルの市場価値から、2030年までに約4,900億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に10.90%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-big-data-and-business-analysis-market/194

ビッグデータとビジネス分析は、企業が意思決定能力を高めるために有用な情報を明らかにするために大量のデータを調べる方法です。さらに、組織はビジネス分析やビッグデータ市場の傾向などの有用な情報を明らかにし、データから隠れたパターン、顧客の好み、さまざまな未知の事実を発見することができます。また、組織はビッグデータ分析を採用して、分析スキルを高め、利益を高め、リスク管理機能を向上させています。ビッグデータ分析は、企業がデータに含まれる情報をよりよく理解し、企業にとって重要なデータを提供するのにさらに役立ちます。

また、主要なプレーヤーは、激しい競争の中で自らを維持するために、製品の発売、革新、M&Aなどの戦略に焦点を合わせています。ビッグデータとビジネス分析市場の成長は、情報をタイムリーに分析して行動することによるビッグデータ分析ソフトウェアの採用の急増に起因しています。また、中小企業の間でクラウドベースのビッグデータ分析ソフトウェアの需要の増加は、ビッグデータとビジネス分析市場の成長にプラスの影響を与えます。New Vantage Partnersによると、ビッグデータに年間5億ドル以上を投資している企業の数は、2018年の12.7%から2019年には21.1%に増加しています。

しかし、高い実装コスト、と熟練労働者の不足は、2022ー2030年の予測期間中にビッグデータとビジネス分析市場の成長を妨げる可能性があります。

ビッグデータとビジネス分析市場セグメント

ビッグデータとビジネス分析市場は、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、分析ツール別(ダッシュボードとデータの視覚化、データマイニングとウェアハウジング、セルフサービスツール、レポートなど)、アプリケーション別(顧客分析、サプライチェーン分析、マーケティング分析、価格分析、空間分析、労働力分析、リスクとクレジット分析、輸送分析)、業種別(BFSI、製造業、ヘルスケア、政府、エネルギー・公益事業、運輸、小売・Eコマース、IT・テレコム、教育、その他)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ビッグデータとビジネス分析市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、多数のエンドユーザーにわたるデジタルトランスフォーメーションの需要の急増、と人工知能(AI)やビッグデータと分析などのさまざまなテクノロジーの収束の増加によるものです。一方、アジア太平洋地域のビッグデータとビジネス分析市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大の成長率/ CAGRを示すと予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

ビッグデータとビジネス分析市場の主要なキープレーヤー

ビッグデータとビジネス分析市場の主要なキープレーヤーには、Amazon Web Services、Fair Isaac Corporation、IBM Corporation、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、Hewlett Packard Enterprise Development LP、SAP SE、SAS Institute Inc.、TIBCO Software Inc.、Teradata Corporationなどがあります。この調査には、ビッグデータとビジネス分析市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106096

 SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界のビッグデータとビジネス分析市場ーコンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)、分析ツール別、アプリケーション別、業種別、地域別ー予測2030年