ニュースや会話で使用頻度が激増中!『これからの英単語』11月22日発売

英語ニュースを知り尽くした著者が解説 激動の時代を読み解く最新キーワード500

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:天野 智之、以下アルク)より、新刊『これからの英単語』のご案内を申し上げます。

【激動の時代を読み解くための最新キーワード500】

各種メディアやネイティブ同士の会話で使用頻度がどんどん増えている語彙を、英語ニュースを知り尽くした著者が厳選し、その由来や使い方を解説します。

パンデミック、SDGs、気候変動、AI、ジェンダーなど、今の時代に欠かせないテーマの重要最新語彙を500語収録しました。知らないとコミュニケーションに支障をきたす「危ない」語彙も収録しています。

こんな語彙が収録されています。
1 go green 2 jab 3 Zoom room 4 copyleft 5 YOLO
 

  • 【特長】
1. 今、最も気になるテーマ10
日々の最新ニュースに精通する著者が、激動の時代を象徴する、今、最も気になるテーマを選び出しました。

2. 激動の時代の最新語彙500
激動の時代を乗り切るために必要な、最新のキーワードを、メディアや日常生活から著者が厳選。ニュースやネイティブ同士の会話に登場する最新語彙が読める・聞き取れるようになります。辞書にも載っていない語彙もたくさんあります。

3. 辞書にない「由来と使い方」
最新語彙の由来や成り立ちを、著者が噛み砕いてわかりやすく解説しました。古くからある語彙が時代を経て新しい使われ方をしている場合も取り上げています。

4. 実際に使われている生の例文
各種メディアに詳しい著者が、各語彙の実際の使用例をメディアや日常会話から抽出しました。

5. 語彙と例文の全音声を収録
各語彙とその使用例である例文をすべて、著者自らが読み上げて音声収録しました。全音声は無料でダウンロードできます。

ピーター・バラカン氏推薦!
「言葉は生き物」といいますが、今の英語は化け物!
分からないと不自由しそうで、ネット時代の恐ろしさを痛感します。

※全音声無料ダウンロード

●目次
01 SNS・インターネット
02 健康・ライフスタイル
03 政治
04 ジェンダー・性
05 ビジネス・経済
06 ポップカルチャー
07 環境
08 社会・日常生活
09 科学・技術
10 侮辱言葉・褒め言葉

<商品情報>
【タイトル】『これからの英単語』
【URL】https://www.amazon.co.jp/dp/4757439369/
【価格】1,980円(税込)
【サイズ】A5判 284ページ
【付属商品】学習用音声(無料ダウンロード)
【ISBNコード】978-7574-3936-8
【著者】スティーヴ・マックルーア
【著者プロフィール】
東京を拠点とするフリーランスのジャーナリスト、ナレーター。カナダのバンクーバー出身。1985 年から日本在住。1998 年に日本のポップミュージックに関する初の英語書籍「Nippon Pop」を刊行。2005 年には日本の音楽に関するインターネット上の主要な情報源であるnippop.com の設立にも携わった。1999 年から2008 年までビルボード誌のアジア支局長を務めた。2008 年からは、NHK のラジオ番組「実践ビジネス英語」や「現代ビジネス英語」で杉田敏氏との仕事に携わる。2010 年からはNHK ワールドでテレビニュースや特集のリライターとして活躍している。


[アルクとは]
アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。2021年に創刊50周年を迎えた英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アルク >
  3. ニュースや会話で使用頻度が激増中!『これからの英単語』11月22日発売