プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

マジセミ株式会社
会社概要

『外観検査等で、画像認識AIの精度が悪い問題』というテーマのウェビナーを開催

マジセミ株式会社

マジセミ株式会社は「外観検査等で、画像認識AIの精度が悪い問題」というテーマのウェビナーを開催します。



(詳細及び参加申込はこちら)
 https://majisemi.com/e/c/superb-ai-20231117/M1D
 
 ■様々な業種・企業がAI活用に取り組む時代
AIの活用が多様な業種・企業で行われることが多くなっています。
その中でも、コンピュータビジョンによる画像認識、物体検出の活用は、製造業や自動車・小売り・農業など幅広い分野で広がりを見せています。

■外観検査や人、モノ、状態などの動画像認識AIの課題
画像認識のAIを最大限活用するためにはAIに対する機械学習が必須となります。
機械学習を進める中で、大きな課題となるのが「データラベリング」作業の工程です。
この工程で現場レベルで実際に活用できるデータラベリングが行えないと、検査や貨物の認識の精度が著しく低下してしまい検出漏れやミスが発生してしまいます。
また、データラベリング作業を担当できる人材(機械学習の知見と業種・産業への知見を併せ持った人材)の欠如や、作業に多大な工数がかかる点、ヒューマンエラーが発生してしまうことなども課題として存在します。

■データラベリングを効率化、自動化し品質の向上とコスト削減を達成
そうした、データラベリング作業の課題を解決できるのが、「Superb AI」です。
機械学習用のトレーニングデータのラベリング作業をAIが担い、データセットの構築と反復を迅速、体系的にすることで、人材不足の解消・工数・コストの削減を達成できます。
あわせて、新機能であるキュレーション(収集機能)や画像選別の際の担当者の手間を減らすオートエディット機能の強化についてもウェビナーの中で解説いたします。
こうした機能がプラットフォーム化されているため、セキュアな環境下での業務が実現でき、関係者とのプロジェクト管理の徹底も可能なツールです。

画像認識のAIシステムを活用し事業を加速させたいとお考えの製造業・倉庫・物流業のIT開発・DX部門の方におすすめのセミナーです。

 
 (詳細及び参加申込はこちら)
 https://majisemi.com/e/c/superb-ai-20231117/M1D
 
 ■主催
 Superb AI Japan合同会社
 ■協力
 株式会社オープンソース活用研究所
 マジセミ株式会社
 
 マジセミは、今後も「参加者の役に立つ」ウェビナーを開催していきます。
 
 ★他のWebセミナーの申し込み、過去セミナーの動画・資料については、以下からご確認ください★
 https://majisemi.com?el=M1D
 
 ★ウェビナーを開催したい方はこちらの動画をご覧下さい★
 https://youtu.be/pGj3koorgSY

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://majisemi.com/?ei=M1D
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

マジセミ株式会社

6フォロワー

RSS
URL
https://majisemi.com/service/
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区海岸一丁目2-20 汐留ビルディング3階
電話番号
03-6721-8548
代表者名
寺田雄一
上場
未上場
資本金
1000万円
設立
2018年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード