楽天「ラクマ」の出品代行サービス「ラクまるっと」、取引件数が4カ月で約2.6倍に伸長

https://fril.jp/rakumarutto

 楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」では、ユーザーに代わって商品を出品・取り引きする代行サービス「ラクまるっと」の取引件数が直近の4カ月で約2.6倍に伸長しましたのでお知らせします。

 本サービスは、ユーザーが「ラクまるっと」サイトより申し込みをして審査を受けたのち、楽天「ラクマ」に出品したい不用品を指定の集荷センターに発送することで、代行業者がユーザーに代わって出品・取り引きをする代行サービスです。昨年10月29日より申し込み受付を開始し、11月中旬より集荷センターに集まった不用品の代行出品を開始しました。開始直後から、1日1,000件以上の申し込みをいただく日もあるなど想定を上回る需要が確認され、1カ月間を通じて代行出品作業のフル稼働を開始した昨年12月の1カ月間と今年4月の1カ月間の取り引き件数を比較すると、約2.6倍に成長しています(注)。

 

 本サービスを利用されたユーザーからは「出品から発送まですべてを代行してくれたおかげで、仕事に集中できた」、「たくさんの商品を送ったが、どんどん売れていくのを見ていてうれしかった」、「売れ残った商品をカンボジアに寄付して(団体から)お礼の手紙が届いた時に、捨てなくてよかったと思った」などの声をいただいています。

 「ラクまるっと」ユーザーは、約8割が女性で、性別・世代別では30代~50代の女性ユーザーが全体の約6割を占めています。本サービスを介して取り引き件数が多い商品カテゴリをランキングにすると、「レディースバッグ」が最も多く、2位が「トップス」、3位が「ジャケット/アウター」、4位が「ワンピース」、5位が「靴/シューズ」という結果でした。(2020年11月1日~2021年4月30日の購買データ実績)

 ブランド別に取り引き数をランキングにすると、「COACH」が最も人気で、2位は「Burberry」と「Sony」で同位、4位は「NIKE」と「THE NORTH FACE」、6位は「LOUIS VUITTON」と「PRADA」、8位は「Deuxieme Classe」と「Patagonia」、10位は「POLO RALPH LAUREN」という結果でした。アパレルブランドが並ぶ中で、電気機器ブランドとして唯一ランクインした「Sony」は、「PlayStation®️」本体やゲームソフト、ヘッドフォンなど趣味・娯楽に関連する商品が人気を集めています。(2020年11月1日~2021年4月30日の購買データ実績)

 
 楽天「ラクマ」の過去の調査では、不用品を出品することについて「出品作業や購入者とのやり取りが面倒」、「トラブルが不安」などの声が多く、不用品を出品せずに廃棄している人が一定数以上いることが明らかになっていました。楽天「ラクマ」は、ユーザーの出品への手間や不安を減らしながら、自宅に眠っている不用品を楽天「ラクマ」に代行出品することで、不用品の廃棄を減らすとともに市場をさらに拡大するために、本サービスを開始しました。また、昨年よりコロナ禍で外出を自粛し、家で過ごすライフスタイルが続いていることから、不用品の処分や家の片づけをする需要が一層高まり、出品代行で不用品を処分できる本サービスが急成長していると考えられます。


 楽天「ラクマ」は、今後もユーザーの声に合わせたサービスの提供、および不用品をゴミにしない循環型社会の形成を目指し、サービスの拡充に取り組んでまいります。

(注)10月29日のサービス開始後、ユーザーの商品が集荷センターに到着し、検品・出品までにおよそ20日間を要するため、11月は商品の出品数が少ないことを考慮し、売上の比較対象月から除外しています。

※本ニュースレターに記載されている会社名および製品・サービス名は、一般に各社の登録商標または商標です。


■「ラクまるっと」概要
・サービス開始日: 2020年10月29日(木)
・サービス内容: ユーザーに代わって楽天「ラクマ」への出品作業、購入者とのやり取り、梱包・配送などを代行するサービスです。サービスを利用するには「ラクまるっと」申し込みページより登録を行い、登録情報を元に行われる審査に通過後、不用品を指定の配送センターに送ります。楽天「ラクマ」への出品期間は6週間で、期間内に売れた場合は商品ごとの出品代行手数料と購入者へお届けする送料を差し引いた金額を、「ラクまるっと」のマイページより振り込み申請することで受け取ることができます。期間内に取り引きが成立しなかった商品については、着払いでユーザーの自宅へ返送、公益財団法人CIESF(シーセフ)を通じて発展途上国へ寄付、あるいは代行業者にて破棄のいずれかから一つを選択することができます。
・運営協力企業: 有限会社フロンティアエンプロイメント
・運営協力企業URL: https://baggageforward.co.jp
・「ラクまるっと」URL: https://fril.jp/rakumarutto
 

【フリマアプリの楽天「ラクマ」について】
 楽天「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスです。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。2020年6月末時点で2,500万ダウンロードを突破しました。

以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 楽天「ラクマ」の出品代行サービス「ラクまるっと」、取引件数が4カ月で約2.6倍に伸長