プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社新潮社
会社概要

SNSや各メディアが「Wikipedia三大文学」に夢中!幻のノンフィクション『死の貝 日本住血吸虫症との闘い』早くも3刷決定!!

4月24日に発売された、Wikipedia三大文学のラストピースを埋める幻のノンフィクション『死の貝 日本住血吸虫症との闘い』(新潮文庫)の3刷が早くも決定しました。

株式会社新潮社

 Wikipedia三大文学の一つ、「地方病(日本住血吸虫症)」(Wikipedia記事)の主要参考文献とされるノンフィクション『死の貝』。25年以上前に出版され、長らく絶版だった幻のノンフィクションが新潮文庫で刊行されるやSNSを中心に話題となり、売れ行き好調につき早くも3刷が決定いたしました。

文庫化に伴い新章を加えるなど大幅に増補された本書には、生命科学者の仲野徹氏から「日本住血吸虫の研究と比較すると、医学の進歩というものがいかに素晴らしいかに刮目せざるをえない」との推薦コメントが届いており、専門家たちからの注目も集まっています。

百年以上にわたる謎の病との闘いから、我々は何を学ぶべきか。新型コロナウイルスで感染症の恐ろしさを誰もが経験した今こそ、多くの人たちに読んで欲しい一冊です。

■書籍内容紹介

謎の病と闘った人たち

 山梨県の甲府盆地や広島県の片山地方、福岡県と佐賀県の筑後川流域では、腹に水がたまって妊婦のように膨らみ、やがて動けなくなって死に至る「謎の病」が存在していました。原因や治療法もわからず、現地では多くの人たちが恐怖し、そして苦しんできました。

 やがて、この病に立ち向かうため、医師や住民ら、多くの人たちが奮闘を始めます。そして原因が未知の寄生虫であることがわかり、じつに百年以上の時間をかけ、撲滅へ向けた取り組みが続けられていきます。本書は謎の病との闘いを追った圧巻のノンフィクションで、さながら「プロジェクトX」のような内容です。

なお、Wikipediaの「地方病(日本住血吸虫症)」では本書が主要参考文献として挙げられており、その記述の多くが本書に由来していますが、今回の文庫化に際し、新章を加えるなど大幅な増補をしています。Wikipediaにはまだ書かれていない、本書ならではの情報も満載です。

■著者コメント

新聞やネットニュース、SNSで多くの方が取り上げて下さり、多くの反響があることに驚いています。また、応援して下さっている書店員のみなさまにも本当に感謝しております。

著者紹介

小林照幸(こばやしてるゆき)

1968(昭和43)年、長野県生れ。ノンフィクション作家。1992(平成4)年に『毒蛇(どくへび)』で第1回開高健賞奨励賞、1999年に『朱鷺(トキ)の遺言』で第30回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。信州大学卒。明治薬科大学非常勤講師。著書に『パンデミック 感染爆発から生き残るために』『大相撲仕度部屋 床山の見た横綱たち』『熟年性革命報告』『ひめゆり 沖縄からのメッセージ』『全盲の弁護士 竹下義樹』『車いす犬ラッキー 捨てられた命と生きる』など多数。

■書籍データ

【タイトル】死の貝 日本住血吸虫症との闘い

【著者名】小林照幸

【発売日】2024年4月24日

【造本】文庫

【定価】737円(税込)

【ISBN】978-4-10-143322-6

【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/143322/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://www.shinchosha.co.jp/book/143322/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社新潮社

63フォロワー

RSS
URL
https://www.shinchosha.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都新宿区矢来町71
電話番号
03-3266-5220
代表者名
佐藤隆信
上場
未上場
資本金
1億5000万円
設立
1900年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード