組織培養試薬市場―試薬タイプ別(メディア、血清、文化、その他);およびアプリケーション別(バイオ医薬品製造、組織培養およびエンジニアリング、遺伝子治療、その他)–世界的な需要分析と機会の見通し2029

Research Nester Private Limitedは調査レポート「組織培養試薬市場:世界的な需要の分析及び機会展望2029年」2021年08月 02日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3161

西欧諸国におけるさまざまな疾患や治療に関連する広範な研究、および高度な治療法の開発への投資の増加は、この市場の進歩を後押しすると予想されます。市場の成長は、ワクチン開発の研究の増加や幹細胞技術の研究の増加などの要因にも起因する可能性があります。

ユニセフから収集されたデータによると、2019に選択された抗原による世界的な免疫化率は、BCGワクチンが88%、DTP1ワクチンが90%、DTP3ワクチンが85%、MCV1ワクチンが85%、MCV2ワクチンが71%、PCV3ワクチンが48%、POL3ワクチンが86%、ROTACワクチンが39%でした。これは、ワクチン開発の必要性があることを示しています。さらに、組織培養試薬の市場は主にバイオテクノロジー部門によって推進されています。幹細胞培養についての意識の高まりは、組織培養試薬市場の主要な要因である可能性があります。

さらに、組織培養試薬は、医学、微生物学、農業、医薬品、食品添加物、化粧品にも使用されています。バイオ医薬品からの高度な技術に対する需要の高まりは、近い将来、組織培養試薬市場に機会を提供する可能性があります。市場の成長は、組織培養試薬が細胞ベースの製品、医薬品の製造とテスト、およびその他のいくつかのヘルスケア関連ソリューションで重要な役割を果たしているという事実に起因する可能性があります。製薬およびバイオテクノロジー分野の技術進歩は、市場の主要な推進力になると予想されます。しかし、代替品や価格の上昇による脅威は、市場の大きな制約となる可能性があります。
 


調査レポートの日本語に詳細内容について;https://www.researchnester.jp/reports/tissue-culture-reagents-market/3161

レポートの主なハイライト
  • 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
  • レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
  • 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
  • レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。組織培養試薬市場における業界のリーダーはBecton, Dickinson and Co.、Bio-Techne Corp.、FUJIFILM Irvine Scientific, Inc.、Cytiva Life Sciences、Fluidigm Corp.、GE Healthcare、Lonza Group Ltd.、Merck KGaA、Sartorius AG、Thermo Fisher Scientific Inc.などです。

市場セグメンテーション

組織培養試薬市場は、試薬タイプ別(メディア、血清、文化、その他);およびアプリケーション別(バイオ医薬品製造、組織培養およびエンジニアリング、遺伝子治療、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

組織培養試薬市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、細胞培養培地の需要の増加とバイオ医薬品研究の増加により、予測期間中に最大のCAGRで成長すると予測されています。さらに、2021年には、北米の市場が収益の面で最大のシェアを占めると評価されています。

北米での細胞培養ベースのワクチンに対する規制当局の承認の増加、細胞ベースの研究への学術および政府の投資の増加、高いライフサイエンス研究資金、高いバイオ医薬品の研究開発費、高度なテクノロジーの採用の拡大など要因により、北米は予測期期間中に重大の市場シェアを占めると予測されます。2019ー2020年の間にのライフサイエンス業界のベンチャーキャピタルの総資金は170億米ドルを超えました。

組織培養試薬市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3161

Research Nester Private Limited会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITEDのグループ会社であるResearch Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。

https://www.researchnester.com/





【調査レポートの詳細内容について】

https://www.researchnester.com/reports/tissue-culture-reagents-market/3161
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 組織培養試薬市場―試薬タイプ別(メディア、血清、文化、その他);およびアプリケーション別(バイオ医薬品製造、組織培養およびエンジニアリング、遺伝子治療、その他)–世界的な需要分析と機会の見通し2029