砲兵システム市場のグローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「砲兵システム市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年08月 03日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325331
レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

砲兵システム市場は、2030年末までに268憶米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に8.8%のCAGRで拡大すると予測されます。

砲兵システムには、弾薬を発射するために作られた大型の軍事兵器が含まれています。改良された技術により、戦場で使用するために、より軽量でより機動性の高い野戦砲が開発されました。新興国の軍事費の増加は、国が新しく高度な砲兵システムの開発に投資するのを支援しています。洗練された大砲を開発するための兵器近代化プログラムの開始は、新世代の大砲の採用を後押しすると予測されています。したがって、今後数年間で市場の見通しを強化します。

世界の大砲システム市場の成長を推進する主な要因には、軍事部門からの大砲システムの需要の高まり、世界中で進行中の軍事アップグレードプログラムが含まれます。しかし、弾薬保管のための限られたスペースは、大砲システム市場の成長を妨げる可能性があります。さらに、発展途上国の防衛費の増加は、この市場のプレーヤーに新たな成長の機会を提供する可あります。

セキュリティソリューションを磨くことを目的とした研究開発活動への技術の進歩と投資の増加により、砲兵システム市場は、2022ー2030年の間に大幅な成長が観察されると推定されています。さらに、防衛、海洋および航空宇宙産業による支出の増加と、ナビゲーション、検出、リモートセンシング、ソナー、レーダー、航空機、シェルターシステム、遠隔操作車両、水中カメラなどに関連する強化されたソリューションの需要の増加は、砲兵システム市場の成長を牽引すると予測されます。

世界の軍事費は2018年に1.6兆米ドルを超えました。IISS(国際戦略研究所)によると、2019年の世界の防衛支出は2018年と比較して4%増加しました。このレポートは、詳細な市場分析を提供し、お客様のビジネス展望を向上させることを目的とした問題解決手法を含みます。

市場セグメンテーション洞察

砲兵システム市場は、タイプ、コンポーネント、範囲、口径、および地域に基づいて分類されています。タイプによって、市場はさらにモルタル(自走砲、牽引)、榴弾砲(自走、牽引)、対空(防空銃、カウンターロケット、大砲、迫撃砲(C-RAM))、ロケット(多連装ロケットシステム)(MLRS)、および携帯式防空システム(MANPADS))、およびその他のタイプ(沿岸砲、および海軍砲)などに分割されます。

コンポーネントはさらに、射撃統制システム、砲塔、エンジン、弾薬処理システム、補助システム、およびシャーシに分類されます。範囲に基づいて、市場は長距離、短距離、および中距離に区分されます。口径は、小口径(榴弾砲、対空、ロケット、その他の小口径)、中口径(ロケット、榴弾砲、迫撃砲、その他の中口径)、重口径(榴弾砲、ロケット)で構成されています。

レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

砲兵システム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

調査レポートの詳細内容について;https://www.kennethresearch.com/report-details/artillery-systems-market/10325331

アジア太平洋地域は、予測期間中に高いCAGRを登録すると予測されます。この地域の国々の間の緊張の高まりは、軍隊の急速な近代化を後押ししました。この地域の中国、インド、オーストラリア、日本、韓国などの国々は、大砲システムの開発、構築、調達に多額の投資を行っています。

2020年4月、中国人民解放軍(PLA)は、新しい高度な車載155mm榴弾砲PC-181を導入しました。国は、2035年までに近代化を競うことを目的とした包括的な軍事近代化プログラムに焦点を合わせています。

砲兵システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  • 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)
レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業
砲兵システム市場における業界のリーダーはBAE Systems, Lockheed Martin Corporation, Elbit Systems Ltd., Nexter Group, General Dynamics Corporation, Avibras, Hanwha Techwin Co, Ltd., NORINCO Group, Denel SOC Ltd., IMI Systems Ltd.などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325331

 

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

Contact info

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]

株式会社: Kenneth  Research

電話: +1 313 462 0609

Eメールsales@kennethresearch.com
  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 砲兵システム市場のグローバルシナリオ、市場規模、見通し、傾向と予測2022-2030年