累計92万部『ジュニア空想科学読本』シリーズと『スター・ウォーズ』の、まさかのコラボ本

 
『ジュニア空想科学読本』(KADOKAWA)(77万部)や『ポケモン空想科学読本』(オーバーラップ)(15万部)の柳田理科雄先生が、なんと『スター・ウォーズ』の世界に進出! 『講談社KK文庫 スター・ウォーズ空想科学読本』は、10月31日発売!

©& TM 2017 LUCASFILM

  ルーク・スカイウォーカーが使うフォース。ライトセーバーを自在に操るジェダイの騎士。人間の言葉を理解し、宇宙航行を手伝うドロイド。驚くほどスケールがでっかい宇宙戦艦やバトル・ステーション。
子どもから大人まで、世界中を虜にしている『スター・ウォーズ』の世界を、科学的にとことんまじめに解釈してみたのが本書だ。その結果、こんな結論が導かれた。
●地球の人間がフォースを使いたければ、決死の覚悟で臨まなければいけない!
●Xウイングに乗っているときは、カップめんを食べると命取りになる!
●ライトセーバーは、想像を絶するキケンな兵器!
●C-3POのお笑いのセンスから、地球の人工知能の未来がわかる!
●もしヨーダが結婚したら、1万5376人の孫がいた…かもしれない!
●ハン・ソロを冷凍したすごい科学は、マグロの刺身のおいしさと関係がある!
●ジャバ・ザ・ハットは、もしかして人間にかなり近い生物?
●砂漠の怪物サルラックは、めちゃめちゃ胃弱だ!
などなど、予想を超えるオドロキの結論が続々! 思わず吹き出すこと間違いなし!

目次より目次より


 柳田先生はどんな気持ちで『スター・ウォーズ空想科学読本』を書いたのだろうか?

「『スター・ウォーズ』だけで一冊書きませんか」と依頼されたときにはビビりました。あれほど世界観がハッキリしている物語に、科学という尺度を持ち込んじゃっていいの? めちゃくちゃ怒られない!? でも書き進めるうちに、どんどん楽しくなって、気がつけば好き勝手に筆を走らせていました。2冊分くらい書くところでした。『スター・ウォーズ』は、全体の設定はもちろん、キャラにも、メカにも、エピソードにも魅力が満載で、それらを科学の視点から見るだけで、次々に楽しい結論が得られます。現実と虚構が絶妙に混じったすごいコンテンツです。それにしてもこの企画、よくルーカスフィルムさんがOK出しましたね。信じられん……」

 著者自身も驚く空前絶後の本。抱腹絶倒の『スター・ウォーズ空想科学読本』、新作映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)を見る前に、読んでみることをオススメしたい。

 『STAR WARS スター・ウォーズ空想科学読本』(講談社 KK文庫)
10月31日発売 192ページ
定価:本体700円(税別)
ISBN:978-4-06-199656-4

 著者・柳田理科雄
1961年鹿児島県種子島生まれ。東京大学中退。1996年『空想科学読本』を上梓。
1999年、空想科学研究所を設立し、マンガやアニメ、特撮などの世界を科学的に研究する試みを続けている。明治大学理工学部講師も務める。

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 累計92万部『ジュニア空想科学読本』シリーズと『スター・ウォーズ』の、まさかのコラボ本