食いしんぼうが集まる人気「ガストロパブ」のシークレットレシピを初公開!━━作りおき?時短?いえいえ。手間ひま上等! おいしいものは時間も手間もかかるんです!  真のおいしいもの好きに捧げるレシピ本発売

『おいしいもの好きが集まる店の 全部、自家製 』(野々下 レイ)

誰もが忙しいと思っているこの時代、書店に行けば「作りおき」だの「時短」だの、いかに手抜きをするかを競う料理本が並んでいます。
それはそれとして――「本当においしいものを味わいたい!」と思ったら、パパッとでは作れません。

たとえば、皮つきのベーコン。皮はパリッ、身はジューシィ、そしてスモーキーないい香り……そんな逸品が家で作れるのです。仕上がりまで6日かかりますが(5日の熟成期間を含む)、材料は豚ばら肉と塩、砂糖だけ。そして、完成したときの達成感、味わいはなにものにも変えがたい。


塩漬けも燻製も未経験という人のために、作り方は手順を丁寧に紹介。写真の通りに作れば、誰でも感動に辿り着けます。
 

ソーセージとマッシュポテトソーセージとマッシュポテト

スモークサーモンスモークサーモン

イングリッシュマフィンイングリッシュマフィン

ハーブたっぷりのプリっとしたソーセージと最高にクリーミィなマッシュポテト、ピート風味のスモークサーモン、モチフワなイングリッシュマフィン……どれも手間ひま上等!なおいしさです。
 

そんな自家製の楽しさを教えてくれるのは、ガストロパブ、ビスポーク。「ガストロパブ」とは、ガストロノミー=美食道とパブ――言うなれば、食べものがおいしい居酒屋のこと。イギリス発祥のジャンルで、このガストロパブを東京にオープンしたのが、野々下レイさん。


今では夜な夜な日本の、そして世界のおいしいもの好きが訪れる店となっている、この店の人気の秘密は「すべてが自家製」であること。


ケチャップやマヨネーズ、マスタードなどの調味料は当然のこと、燻製や腸詰め、あらゆるパン類にパイなどのデザート類、出されるものすべてが、料理人、野々下さんによる手作りなのです。


たとえ時間がかかってもおいしいものが食べたい、そんな真の食いしんぼう、おいしいもの好きにおすすめしたいのがこの本です。

【著者紹介】

野々下レイ(ののした・れい)
ガストロパブ「Bespoque/ビスポーク」店主。大学卒業後、音楽を志しロンドンに留学。現地で「イギリス料理」に魅了され、方向転換することとなる。帰国したのち、フランス料理店、カフェ、アメリカ大使館で勤務。2012年、東中野にビスポークをオープンする。イギリスにインスパイアされた、オリジナリティ溢れる料理は口コミで広まり、イギリス大使館員はもとより、日本中から食いしんぼうたちが夜な夜な集う店となっている。

【書誌】

 


『おいしいもの好きが集まる店の 全部、自家製 』
著:野々下レイ
2017年11月7日刊行予定
定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-509105-0
講談社 刊
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784065091050 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社講談社 >
  3. 食いしんぼうが集まる人気「ガストロパブ」のシークレットレシピを初公開!━━作りおき?時短?いえいえ。手間ひま上等! おいしいものは時間も手間もかかるんです!  真のおいしいもの好きに捧げるレシピ本発売