ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場ー製品タイプ別(カメラおよび付属品)、アプリケーションタイプ別(癌診断、画像誘導手術など)、エンドユーザー別、および地域別ー世界予測2022ー2030年

SDKI Inc.が「ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場ー世界予測2022ー2030年」の新調査レポートを2021年12月21日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。
レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107409
ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場は、2022年に320.2百万米ドルの市場価値から、2030年までに795.2百万米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に14.4%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/healthcare-hyperspectral-imaging-market/301

ハイパースペクトルイメージング(HSI)には、電磁スペクトル全体の他のスペクトルイメージングと同様の情報収集プロセスがあります。ハイパースペクトルイメージングの主な目標は、キャプチャされた画像シーンのすべてのピクセルのスペクトルを達成し、ターゲットを高精度で詳細に識別することです。イメージングスペクトロメトリーとしても知られるハイパースペクトルイメージングは​​、高精度で詳細な情報を提供します。HSIは、植生、考古学、法医学、犯罪検出、食品品質、診断など、さまざまな用途に使用されています。新たなアプリケーションは、非侵襲的診断、特に外科的ガイダンスにおけるHSIの需要の増加につながりました。

世界のヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場には、先進国と発展途上国の両方で計り知れない成長の機会があります。メーカーは、画像分析をサポートし、特に手術中にさまざまな画像処理施設のプロセスを高速化するための医療ハイパースペクトル画像システムの開発に注力しています。政府や他の医療機関(特に米国、カナダ、フランス、ドイツ、英国)からのアクセスと奨励が改善されたため、高品質のイメージング、スクリーニング、および診断のためのイメージングシステムの採用が増えています。

高齢化人口の増加、と慢性疾患の発生率の増加などの要因は、2022ー2030年の予測期間中にヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場の成長を推進しています。また、操作性と安全性の高いポータブル/ハンドヘルドハイパースペクトルイメージングシステムの導入、と診断手順の増加は、ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。これにより、高度なヘルスケアハイパースペクトルイメージングデバイスに対する高い需要につながります。

ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場セグメント

ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場は、製品タイプ別(カメラおよび付属品)、アプリケーションタイプ別(癌診断、画像誘導手術など)、エンドユーザー別(診断センター、病院、研究センター)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米地域では、2017年に診断症例数が最も多かったため、米国とカナダが主要国です。この地域は、ヘルスケアハイパースペクトルイメージングの全体的な存在を支配し、市場で入手可能な最も多様なデバイスを持っています。この地域は、高齢者人口の割合が最も高く、CVD、神経血管障害、整形外科、その他の泌尿器関連障害などの慢性疾患に苦しんでいる人がたくさんいます。これは、ほとんどのベンダーがその期間中に維持および成長し、市場での製品の存在感を維持するのに役立ちました。一方、ヨーロッパは2番目に主要な地域であり、2017年には市場シェアの30%以上を占めていました。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
  • 北米(米国およびカナダ)
  •  中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
  • ·ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場の主要なキープレーヤー

ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場の主要なキープレーヤーには、Headwall Photonics、Specim Spectral Imaging、Norsk Elektro Optikk、IMEC、Surface Opticsなどがあります。この調査には、ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-107409

 SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. ヘルスケアハイパースペクトルイメージング市場ー製品タイプ別(カメラおよび付属品)、アプリケーションタイプ別(癌診断、画像誘導手術など)、エンドユーザー別、および地域別ー世界予測2022ー2030年