六甲オルゴールミュージアム企画展「からくり人形の世界~オートマタの100年~」 ~アンティークから現代製まで、ヨーロッパの様々なからくり人形を実演~

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、2019年1月11日(金)~2月27日(水)まで企画展「からくり人形の世界~オートマタの100年~」を開催します。
企画展「からくり人形の世界~オートマタの100年~」概要
当企画展では、19世紀後半に西洋で盛んに制作されたアンティークなどの「オートマタ(自動人形)」の紹介と実演が楽しめます。ぜんまい仕掛けで動くアンティークのオートマタの他、その技術を受け継いだ職人が制作したオートマタや、現代製のオートマタなども紹介します。また、1日7回の実演では、実際に動く様子を見るだけではなく、歴史や仕組みについても紹介します。現代製のオートマタは、からくりにオルガンが組み合わされたものなどを使用し、からくりの動きだけではなく、オルガンの演奏も楽しむことができます。
【開催期間】
2019年1月11日(金)~2019年2月27日(水)
 
休館日:期間中の木曜日
【実演時間】
10:30から16:30の毎時30分から
1日7回、各回約15分間

※毎時00分からは、オルゴールコンサートを実施。
※入館料のみでお楽しみいただけます。
【出展品例】
エクリヴァン(自動人形/1988年製)
アクロバットをするピエロ(自動人形/1993年製)
シンギング・バート(作者不詳/19世紀末) など
※コンディションにより一部変更の場合あり
■オートマタ(自動人形)とは…
18世紀に、スイスやフランスでは複雑な動きをするオートマタが作られていました。18世紀末にオルゴールが発明されると、内部にオルゴールが組み込まれるようになり、19世紀後半に最盛期を迎えます。

エクリヴァン(自動人形)エクリヴァン(自動人形)

エクリヴァン(自動人形)
オルゴールの音色と共に、手紙を書く仕草をするピエロ。19世紀末にパリの工房で作られたものを、その工房を受け継いだM・ベルトラン(スイス、1928年-1999年)が、現代に蘇らせた。


ケーブルカー&オルゴールミュージアムお得チケット
期間限定2018年12月1日(土)~2019年3月31日(日)
※除外日:六甲オルゴールミュージアム休館日(3/14までの木曜日、12/31、1/1)
【セット内容】六甲ケーブル往復乗車券、六甲山上バスフリー乗車券、六甲オルゴールミュージアム入館券
【販売場所】六甲ケーブル下駅、六甲山観光案内(北野★工房のまち2F)
【料金】大人(中学生以上)1,870円 (通常2,380円)
※小人料金設定はありませんが、本チケット利用者同伴の小人は六甲オルゴールミュージアムの入館料を50円割引きます。また、下記の各種特典も受けられます。

六甲ケーブル六甲ケーブル

【特典】
[1]オルゴール組立体験:ミニマスコットプレゼント
[2]自然体感展望台 六甲枝垂れ:入場料半額 
[3]六甲ガーデンテラスおみやげクーポンプレゼント
[4]六甲山上各飲食店優待
※各種優待の詳細についてはWEBサイトをご確認ください。


<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム
【TEL】078-891-1284 【FAX】078-891-0111


六甲山観光株式会社 http://bit.ly/NY2h62

リリースhttp://bit.ly/2zmKzKF

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 阪神電気鉄道株式会社 >
  3. 六甲オルゴールミュージアム企画展「からくり人形の世界~オートマタの100年~」 ~アンティークから現代製まで、ヨーロッパの様々なからくり人形を実演~