デジタルハリウッド大学[DHU]公開講座|「はねバド!」「七つの大罪」アニメに命を吹き込む音響監督、若林和弘の仕事

2018年10月4日(木)19:20-21:00|定員:150名(要事前予約)|デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス

デジタルハリウッド大学[DHU]では、「はねバド!」や「七つの大罪」で音響監督を担当された若林和弘氏をお招きして、公開講座を開催いたします。
音響監督とは、アニメーションにおいて、声優の声や音楽、効果音など、音のすべてを演出する、いわば“アニメに命を吹き込む”仕事です。
公開講座では、若林氏の手がけられた名作のメイキングを交えながら、アニメーション作品における“音響”についてお話しをしていただきます。
 3DCG、ゲーム・プログラミング、アニメ、映像、グラフィックデザイン、ウェブ、ビジネス、先端メディア表現の8つの専門領域を学ぶデジタルハリウッド大学では、2018年10月4日(木)、「はねバド!」や「七つの大罪」で音響監督を担当された若林和弘氏をお招きして、公開講座を開催いたします。

TVアニメ『はねバド!』ティザービジュアル ©2018濱田浩輔・講談社「はねバド!」製作委員会TVアニメ『はねバド!』ティザービジュアル ©2018濱田浩輔・講談社「はねバド!」製作委員会


 音響監督とは、アニメーションにおいて、声優の声や音楽、効果音など、音のすべてを演出する、いわば“アニメに命を吹き込む”仕事です。公開講座では、若林氏の手がけられた名作のメイキングを交えながら、アニメーション作品における“音響”についてお話しをしていただきます。

 一般の皆様も参加可能となっておりますのでぜひご参加ください。

 
【公開講座 概要】

日時:2018 年10 月4 日(木)19:20-21:00

会場:デジタルハリウッド大学・駿河台キャンパス

東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F

(交通アクセス)
JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結、丸ノ内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分

定員: 150名(先着申込み順)

参加ご希望の方は下記URLにアクセスの上お申し込みください。
https://www.dhw.ac.jp/feature/lecture/oto2018/

 
【講師】

若林和弘(わかばやし かずひろ)氏


1964年12月20日東京都生まれ。
1987年株式会社オムニバスプロモーションに録音ディレクターとして入社。日本テレビ深夜番組「ヨーヨーの猫つまみ」をテレビアニメの音響監督として初めて担当する。
その後、「攻殻機動隊」や、「もののけ姫」など数々の押井守作品、スタジオジブリ作品を手がける。
スタジオジブリ作品参加時は本名の林和弘名義を使う。

【代表作】
1994年 押井守作品・劇場用長編アニメーション「攻殻機動隊」
1996年 スタジオジブリ作品「もののけ姫」
1998年 スタジオジブリ作品「となりの山田くん」
2000年 押井守作品・劇場用長編実写映画「Avalon」
2001年 スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」
2002年 スタジオジブリ作品「猫の恩返し」
2003年 プロダクションIG/押井守作品「イノセンス」(2004 年公開)
2004年 スタジオジブリ作品「ハウルの動く城」
2007年 株式会社ボンズ作品「ストレンヂア」
2008年 押井守作品「スカイクロラ」を演出
2009年 「交響詩篇エウレカセブン・ポケットが虹でいっぱい」「テイルズ・オブ・ヴェスペリア」「東のエデン劇場版Ⅰ」
2010年 「東のエデン劇場版Ⅱ」
2011年 「トワオンクオン」
2012年 「ももへの手紙」「青の祓魔師・劇場版」
2013年 「スタードライバーThe Movie」
2017年 「交響詩篇エウレカセブンHi Evorution1」
2017年 「はいからさんが通る 前編〜紅緒・花の17歳〜」
2018年 「劇場版文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」
2018年 「さよならの朝に約束の花をかざろう」
2019年 「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」「はいからさんが通る 後編〜花の東京大ロマン〜」「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン Hi Evorution」

 
【モデレーター】

高橋 光輝(たかはし みつてる)
デジタルハリウッド大学 教授


大学卒業後、アメリカ本土における日本語TV放送局にてディレクターとしてテレビ番組製作業務に従事。
また、CM、PV、TV、アニメなどの製作・プロデュースを手がける。
その後、デジタルクリエイター育成の教育機関で統括業務を行う。
映画やアニメなど「コンテンツ産業論」や「アニメ学」等の著書を多数発行。
文化庁や外務省などの依頼で、世界各国で日本のアニメやゲームなど日本のコンテンツ産業の講演活動を続けている。



<注意事項:申込される方はご一読ください>
※満席時のみ、お断りのメールをさせていただく場合がございます。
※本講座は本学の学生以外に、一般の方ならびにマスコミ関係者も参加される予定です。
※お申し込みをされた方は必ず参加するようにしてください。
※当日の講義の録音は禁止とさせていただきます。当日投影される資料の撮影も禁止とさせていただきます。

 

【デジタルハリウッド大学[DHU]とは】

http://www.dhw.ac.jp/

2005年4月、構造改革特区を利用した文部科学省認可の株式会社立の大学を東京・秋葉原に開学。
日本で初めて大学院(文部科学省認可)から誕生した、高度なITスキルとデジタルコンテンツ、ビジネスで使える英語を学ぶ大学。
教員はすべてデジタルハリウッド大学のビジョンに共感し、これまでにない新しい大学と人材の育成に立ちあがったメンバーで構成。
各業界の最前線で活躍しているプロの教員から直接指導を受けることができる。
1~2年次には、徹底した英語カリキュラムを用意。世界で活躍できる人材を育成するために、ビジネスで通用する英語教育に注力。
2年次には、協定校であるアメリカ・カナダ・イギリス・アイルランド・オーストラリア・シンガポールなどの高
等教育機関への約1年間の留学プログラムを用意。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルハリウッド株式会社 >
  3. デジタルハリウッド大学[DHU]公開講座|「はねバド!」「七つの大罪」アニメに命を吹き込む音響監督、若林和弘の仕事