「(仮称)一宮丹陽町物流センター」を着工します(ニュースレター)

■愛知県に12 拠点目となる物流施設を開発

 大和ハウスグループの大和物流株式会社(本社:大阪市西区、社長:木下健治)は、2021年6月1日、愛知県一宮市において物流施設「(仮称)一宮丹陽町物流センター」を着工します。

【完成予想図】【完成予想図】

1.   開発の背景
 近年、加速するECへの対応や物流効率化を目的とした配送網の見直し等から、物流施設の需要が拡大しています。中部エリアにおいても、新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要の増加を受け、空室率は低い水準で推移するなど、今後も底堅い需要が見込まれます。
 当社においては、愛知県を中心に中部エリアの物流基盤強化を図るため、総延床面積約37,100㎡(11,223坪)の大型物流施設「小牧物流センターⅠ」及び「小牧物流センターⅡ」など、県内に11ヵ所、総延床面積約159,145㎡(約48,141坪)の物流施設を運営しています。
 そしてこのたび、今後のさらなる物流需要の増加を見据え、「(仮称)一宮丹陽町物流センター」(以下「本センター」)を開発する運びとなりました。

2. 本センターの特長
(1)市内配送と広域輸送を両立する物流適地
 本センターは、名古屋高速16号一宮線「西春インターチェンジ」から約1.5kmに位置し、主要都市である名古屋市内への配送拠点として最適な立地です。
 また、名神高速道路「一宮インターチェンジ」から約2.4 kmとアクセスに優れ、中部エリアのみならず、東西広域への交通利便性も高い物流適地にあります。

【地図】【地図】

(2)効率的な入出庫を実現する施設仕様
 本センターは、低床式ホームで、建材や機械などの重量物の取扱いに最適な床荷重2.0t/㎡の仕様を採用します。
 また、トラックバース直結の貨物用エレベーターと垂直搬送機をそれぞれ2基設置するため、効率的な荷役業務が可能です。

【配置図(1階)】【配置図(1階)】

3. 今後の運用
 本センターは、2022年5月末の竣工を予定しており、竣工後は交通利便性と充実した施設仕様を活かし、中部エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けの保管・輸配送拠点として当社が運営してまいります。

4. 施設概要
名称:大和物流株式会社「(仮称)一宮丹陽町物流センター」
所在地:愛知県一宮市丹陽町五日市場字天上7番他
敷地面積:11,272.62㎡(約3,409.97坪)
延床面積:17,438.12㎡(約5,275.03坪)
構造・規模:鉄骨造 地上3階建て 低床式
床荷重:2.0t/㎡
搬送設備:貨物用エレベーター2基(3.5t:1基、4.5t:1基)、垂直搬送機2基(1.5t)
アクセス:名古屋高速16号一宮線「西春インターチェンジ」から約1.5km、名神高速道路「一宮インターチェンジ」から約2.4km
最寄り駅:JR東海道本線「稲沢駅」から約2.7㎞
着工:2021年6月1日
竣工:2022年5月末予定
稼働:2022年6月予定
施主:大和物流株式会社
設計・施工:大和ハウス工業株式会社
運営:大和物流株式会社
URL:https://www.daiwabutsuryu.co.jp/center/ichinomiya-tanyocho

●大和物流について
 当社は1959 年に大和ハウス工業株式会社の物流子会社として設立し、今年で創立62 年を迎えます。建築・建材物流をコア事業とした総合物流業のほか、お客さまのニーズに合わせた物流施設開発を全国で進め、現在、自社で管理・運営する物流施設は、97ヵ所・総延床面積約28.9万坪(2021年3月末時点)に上ります。また、日本国内のみならず、グローバルへの展開も積極的に進めています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 「(仮称)一宮丹陽町物流センター」を着工します(ニュースレター)