「ヱビスビール」を台湾で販売開始

日本で誕生して130年。台湾でも新たな歴史を作ります


サッポロビール(株)は、台湾で「ヱビスビール」の販売を7月17日より順次開始します。
台湾では輸入プレミアムビール、特に日本ブランド製品の人気が近年高まっており、お客様に支持されています。
このたび、従来から販売している「サッポロ・プレミアム・ビール」に加え、スーパープレミアムカテゴリーの位置付けとして「ヱビスビール」を発売し、台湾における当社のプレゼンス向上を図ります。
「ヱビスビール」は『世界で一番おいしいビールを日本でつくる』という志のもと、1890年2月25日に販売を開始以来、その味と技術を磨き続け、日本のビール史を牽引してきました。大切に育ててきた「ヱビス」ブランドを、台湾市場でも多くのお客様に楽しんでいただけるよう、積極的に販売促進をすすめていきます。
サッポロビールは「新しい楽しさ、豊かさをお客様に発見していただけるモノ造りを」をビジョンに掲げており、今後も商品を通じて世界中のお客様の楽しく豊かな生活に貢献してまいります。

1.商品名

①ヱビスビール

②ヱビス プレミアムブラック

2.パッケージ
①ヱビスビール
350ml缶、500ml缶、10L樽
②ヱビス プレミアムブラック
10L樽

3.品目
ビール

 

4.販売開始日・地域
2020年7月17日(注1)・台湾
(注1)缶製品は一部で先行テスト販売を行っています。

 

5.原材料名
麦芽(外国製造又は国内製造(5%未満))、ホップ

6.アルコール分
5%

以上

<消費者の方からのお問い合わせ先>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207-800

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サッポロホールディングス >
  3. 「ヱビスビール」を台湾で販売開始