東広島市及び周辺地域におけるSociety 5.0やスマートシティの実現などに向けた包括的な連携推進に関する協定を締結(ニュースリリース)

 国立大学法人広島大学(所在地:広島県東広島市,学長:越智 光夫,以下「広島大学」),東広島市(市長:髙垣廣德),株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区,代表取締役社長:奥村 洋治,以下「フジタ」)(以下総称して「3者」)は,東広島市及び周辺地域におけるSociety5.0やスマートシティの実現に関して,本日7月2日に「包括的な連携推進に関する協定」(以下「本協定」)を締結しました。3者は本協定を通じて,地方創生の新たな産官学連携モデルを目指します。
 本協定は,イノベーションを創出する環境の形成,学術研究,人材育成や産官学連携などの国際的な展開を推進し,日本及び地域から世界の発展に寄与することを目的としています。

 広島大学は,『自由で平和な一つの大学』という建学の精神のもと,グローバル展開と地方創生の好循環により,2030年カーボンニュートラルの達成をはじめとする「持続可能な発展を導く科学」の実践を目指しています。SDGsやSociety 5.0の実現に向けて,米国アリゾナ州立大学や地域の自治体との連携をもとに国際展開を見据えた取組を進める中で,本協定はこの好循環を加速させ,広島大学を,ポストコロナの新しい時代に適合した世界最高水準の研究・教育環境を備えた大学に導きます。

 東広島市は,2020年に策定した「第5次東広島市総合計画」において,「未来に挑戦する自然豊かな国際学術研究都市」を将来都市像として掲げています。AIやビッグデータなどの先端技術を活用し,地域課題の解決に関する施策を展開するとともに,広島大学と一体となって「Town&Gown構想」を推進し,企業や大学との連携を通じて「やさしい未来都市」の実現を目指します。

 フジタは,本年4月に「広島本店」を新設し,地域貢献と再開発や街づくりへの参画を通して地域の発展を目指しています。創業者の出身地である東広島市において,産官学連携による新しい街づくりに構想段階から参画し,これまで培った「街づくり」の実績とノウハウ,防災・環境などのICT技術,デジタルによる街のシミュレーション技術などを提供することで,安全と安心を支え,多様な人々が共に暮らし,誰もが健康で生活をエンジョイできるスマートシティの実現を目指します。

【参考資料】
フジタの考える未来のスマートシティ
※東広島におけるスマートシティ構想は、これからご関係の皆様と一緒に作り上げてまいります。


<本協定の内容>
(1) 広島大学東広島キャンパスのスマート化・グリーン化に関すること。
(2) 東広島市及び周辺地域でのSociety5.0やスマートシティの実現に関すること。
(3) Society5.0やスマートシティの実現に必要なイノベーションの創出支援に関すること。
(4) Society5.0やスマートシティの実現に必要な学術研究に関すること。
(5) Society5.0やスマートシティの実現に必要な教育に関すること。
(6) Society5.0やスマートシティの国際展開に関すること。
(7) その他,3者が認める事項。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 大和ハウス工業株式会社 >
  3. 東広島市及び周辺地域におけるSociety 5.0やスマートシティの実現などに向けた包括的な連携推進に関する協定を締結(ニュースリリース)