楽天、デジタル庁が定める「デジタルの日」を記念し、10月8日(金)~10月11日(月)に、「楽天グループ デジタル応援祭り」を開催決定

- 「楽天市場」、「楽天モバイル」、「東北楽天ゴールデンイーグルス」、「ヴィッセル神戸」など20サービスが参画 -

 楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、10月10日(日)・11日(月)の「2021年 デジタルの日」を記念し、10月8日(金)~10月11日(月)の計4日間、楽天の20サービスが参画する大型キャンペーン「楽天グループ デジタル応援祭り」(以下「本キャンペーン」)を開催します。また、本日より、本キャンペーンの事前告知サイトを公開しました。

 「デジタルの日」は、「誰一人取り残さない、人にやさしいデジタル化」を実現するため、政府と民間が共同で、定期的にデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合う機会として、今年初めて創設されました。
 本記念日では、『デジタルを贈ろう』をテーマに設定し、個人や企業・団体などあらゆる人々が参加可能な主体的にアクションしたくなるような要素を取り入れ、様々なサービスに触れることによって、「デジタル」を身近に感じ、生活をより便利に、より楽しくしていくことを目指します。

 楽天は、1997年に創業し、「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」をミッションに掲げ、様々な社会課題に向き合ってまいりました。このたび、インターネットを中心に70以上のサービスで形成される独自の「楽天エコシステム(経済圏)」を築く企業として、「デジタルの日」の趣旨に賛同し、「楽天グループ デジタル応援祭り」を実施することとなりました。
 本キャンペーンは、「楽天市場」や「楽天モバイル」をはじめとした楽天の20サービスにおいて、デジタルを活用したお得なポイント還元施策やポイ活企画の実施、自身のアバター(分身)を通じて、楽天グループが運営するプロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」やサッカー・Jリーグ「ヴィッセル神戸」のコンテンツをヴァーチャル体験できるなど、グループ横断型のキャンペーンとなります。詳細は、事前告知サイトにて後日お知らせします。

 楽天は、様々な事業で培ったテクノロジーやアセットを最大限に活用し、今後もインターネットを中心としたサービスの提供を通じて、ユーザーの利便性向上を目指してまいります。
 

  • 「楽天グループ デジタル応援祭り」キャンペーン概要
・キャンペーン名: 楽天グループ デジタル応援祭り
・実施期間: 10月8日(金)~10月11日(月) 計4日間
・URL: https://event.rakuten.co.jp/group/digitalday/
・内容:
(1) 「楽天市場」や「楽天モバイル」をはじめとした楽天の20サービスにおいて、デジタルを利用したお得なポイント還元キャンペーンやポイ活企画などグループ横断型施策の実施
(2) 楽天グループのスポーツコンテンツのヴァーチャル体験
※詳細は、事前告知サイトにて後日お知らせします。
 

デジタルの日は、デジタルに触れ、使い方や楽しみ方を見つける日。年に一度の、デジタルの記念日です。
実は、今年初めて創設されました。テーマもあります。#デジタルを贈ろう です。例えば、祖父母に、タブレット端末を贈る。子どもと、プログラミング教室に行ってみる。仕事なら、業務のデジタル化にチャレンジしてみる。馴染みのないデジタルを知り、触れる機会を、あなたの周りの大切な人と作りませんか。もっと楽しいかも。より便利になるかも。
そんなみんなのアクションが、日本の「人に優しいデジタル社会」を進めていくきっかけになることを願っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 楽天、デジタル庁が定める「デジタルの日」を記念し、10月8日(金)~10月11日(月)に、「楽天グループ デジタル応援祭り」を開催決定