楽天「ラクマ」、「トレーディングカード」人気の実態を調査

- 「BOX/デッキ/パック」の直近1年間の取り引き数が前年比約5.2倍に急増 -

 楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリの楽天「ラクマ」は、2020年8月1日から2021年7月31日の1年間で「トレーディングカード」を出品または購入したユーザー8,774名を対象に、意識調査を実施しました。

 楽天「ラクマ」では、中カテゴリである「トレーディングカード」の取り引きが急拡大しています。中でも同カテゴリ内の小カテゴリ「BOX/デッキ/パック」(注1)において、同期間の取り引き数は前年比で約5.2倍(注2)に伸長しました。また、主に20~30代の男性が取り引きをけん引しています。

  【「トレーディングカード」に関する調査結果】
●購入のきっかけは「子供の頃に好きだったキャラクターに再びはまった」人が約4割
●人気のカードブランドは1位「ポケモン」、2位「遊戯王」、3位「ドラゴンボール」
●「トレーディングカード」にお金を使うようになった理由は「子供の頃より経済力が付いて、お金を自由に使えるようになったから」が約5割
●楽天「ラクマ」で買う理由は、「特定のカードを指名買いできるから」が6割超
●楽天「ラクマ」で売りやすい理由は、「薄いので、配送料が安く済むから」が約6割
●コロナ禍でカードゲームのオンライン対戦をするようになった人は約1割


●きっかけは「子供の頃に好きだったキャラクターに再びはまった」人が約4割

「トレカを楽しむようになったきっかけを教えてください」と質問したところ、最も多い回答が「子供の頃に好きだったキャラクターに、近年再びハマったから」(40.4%)でした。

 

●人気のカードブランドは1位「ポケモン」、2位「遊戯王」、3位「ドラゴンボール」

どのようなブランドのカードが人気なのか調べるため、「最も好きなカードのブランドを一つ教えてください」と質問したところ、1位「ポケモン」(45.5%)、2位「遊戯王」(22.2%)3位「ドラゴンボール」(6.8%)という結果となりました。前述の回答を裏付けるように、20~30代男性に幼少期から親しまれるキャラクターの「トレーディングカード」の人気があることがわかります。

 
●「トレーディングカード」にお金を使うようになった理由は「子供の頃より経済力が付いて、お金を自由に使えるようになったから」が約5割
「トレカにお金を使うようになった理由を教えてください」と質問したところ、最も多い回答が「子供の頃より経済力が付いて、お金を自由に使えるようになったから」(50.7%)でした。「ポケットモンスター(ポケモン)」は今年で25周年、「遊戯王」は昨年20周年を迎えています。子供の頃にこれらのキャラクターを好きだった人たちが大人になり、これらのカードを自分のお金で「大人買い」できるようになったことが、楽天「ラクマ」で取り引きが活性化している理由の一つと考えられます。


●フリマで買う理由は、「特定のカードを指名買いできるから」が6割超
楽天「ラクマ」でトレカを購入したことがある方(7,397名)に「楽天『ラクマ』でトレカを買う理由を教えてください」と聞いたところ、最も多い回答が「特定のカードを指名買いできるから」(64.9%)でした。次に多かったのが「カードショップへ行く時間が省けるから」(48.1%)、3位が「品数が多いから」(29.5%)でした。また、「安く買えるから」(3.2%)、「楽天ペイ/楽天ポイントが使えるから」(0.2%)という声もありました。


●楽天「ラクマ」で売りやすい理由は、「薄いので、配送料が安く済むから」が約6割
「トレーディングカード」を楽天「ラクマ」で売ったことがある方(7,076名)に「楽天『ラクマ』で売りやすい理由があれば教えてください」と質問したところ、最も多かった回答が「薄いので、配送料が安く済むから」(64.6%)でした。普通郵便の規定内サイズであれば、84円切手のみで送ることも可能で、厚さのある商品に比べると配送コストが抑えられることが、フリマアプリで「トレーディングカード」を売りやすい理由であることがわかりました。

また「オンラインで売り買いできるから」(50.1%)が2位となり、全国どこでも場所を問わないことや、コロナ禍で外出する機会が減っている中でも売り買いできることが、フリマアプリでのトレカ人気の追い風となっていると考えられます。
3位は「かさばらないので、すぐに売れなくても(在庫を持っていても)保管に困らないから」(34.8%)でした。楽天「ラクマ」では、スニーカーなどのファッションアイテムも人気がありますが、「トレーディングカード」の場合はかさばらない分、より場所を取らないというメリットがあることがわかりました。また、「販売手数料が安いから」、「ショップで買い取ってもらうよりも高く売れるから」という声もありました。

●コロナ禍でカードゲームのオンライン対戦をするようになった人は約1割
「コロナ禍で、トレカの遊び方に変化があれば教えてください」と質問したところ、約7割の人が「とくにない」と答えました。カード収集を目的にしている場合、コロナ禍の影響をさほど受けずに続けられる趣味の活動と言えそうです。一方で、11.5%の人が「オンライン(ZOOMなど)で対戦することが増えた」と答え、コロナ禍ならではの楽しみ方をする人も増えたことがわかりました。

【調査概要】

調査エリア: 全国
調査対象者: 楽天「ラクマ」ユーザー
回収サンプルサイズ: 8,774サンプル
調査期間: 2021年8月30日(月)から8月31日(火)
調査実施機関: 楽天「ラクマ」

(注1)カードメーカーが公式に販売するカードセットの形態。主に、複数枚のカードが入っているセットが「パック」、「パック」が箱に複数入っている形態が「BOX」、カードゲームにそのまま使用できるカードの組み合わせのセットが「デッキ」と呼ばれる

(注2)楽天「ラクマ」での「トレーディングカード」カテゴリの「BOX/デッキ/パック」における2020年8月1日~2021年7月31日と、2019年8月1日~2020年7月31日の取り引き数で比較

【フリマアプリの楽天「ラクマ」について】
楽天「ラクマ」は、2012年7月にサービスを開始した日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれました。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指しています。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力しています。2021年6月末時点で3,000万ダウンロードを突破しました。

※記載されている会社名・製品名・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

以 上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天グループ株式会社 >
  3. 楽天「ラクマ」、「トレーディングカード」人気の実態を調査