1月15日は”いちごの日”。伊勢丹新宿店で「いちごに恋する七日間」開催!

◆伊勢丹新宿店 本館地下1階 フードコレクション 2021年1月13日(水)~19日(火)https://mi-journey.jp/foodie/66251/

伊勢丹新宿店では美味しくてキュートな旬の苺がいっぱいのイベント「いちごに恋する七日間」を《2021年1月13日(水)~19日(火)》本館地下1階 フードコレクションにて開催します。みんなが大好きないちごを、定番のいちご大福やショートケーキはもちろん、スペシャルなパフェやクレープなど10店舗が集結します。品種や産地もそれぞれ、見た目も華やかでかわいらしく、しかも色々な味わい方で楽しめちゃう、まさにいちごに恋しちゃう七日間です。
  • アメリカ生まれのポップケーキ×いちご

<ミホパンポップケーキ>いちごのパブロバ「ストロベリーキャンドル」(2個入) 972円※数量限定
アメリカ生まれのポップケーキをスイーツアーティストのmihopan 都築美穂氏が日本人向けにアレンジした、オリジナルレシピ。かわいいだけでなく、ガトーショコラを思わせる本格スイーツなその味わいもミホパンポップケーキの魅力です。さくっと焼き上げたメレンゲとフレッシュな生クリーム。茨城県鉾田市産の「いばらキッス」をぜいたくに使用。真っ赤なイチゴと、二段に重ねた真っ白なメレンゲは、まるでお菓子で出来た『キャンドル』のよう。カットすると、中から、イチゴと国産レモンで作ったレモンカードが現れます。
  • ミガキイチゴを15粒以上つかったゴージャスパフェ

<いちびこ>ミガキイチゴパフェ(1個) 1,980円
「いちびこ」はミガキイチゴを栽培する農業生産法人GRAが手掛けるいちご専門店。自慢の「ミガキイチゴ」を15粒以上も盛り付けた「いちびこ」だから作れる、至高のイチゴパフェです。苺の美味しさもさることながら、相性の良い生クリーム、いちごと栗を混ぜた特製のモンブランクリームなどを組み合わせ、いちごの美味しさを存分に感じられるパフェに仕上げました。
ミガキイチゴの完熟のおいしさをお客様に直接楽しんでいただきたいという想いから創業し、「いちご好きの、いちご好きによる、いちご好きのためのお店」として知られる人気店。今回はミガキイチゴたっぷりのパフェやショートケーキ、定番のいちごミルクなどをご紹介します。
※ミガキイチゴとは、宮城県山元町で誕生した複数品種のイチゴの統一ブランド。品種ではなく栽培法・選果基準による果実の違いをブランド化したものです。
  • ピンクの魅惑♪いちごを使った実演スイーツ

<いちご屋 燦燦園>いちごろシェイク(1個) 721円
東北一のいちごの産地宮城県山元町で、約50年以上苺の栽培をおこなう「燦燦園(さんさんえん)」。
ハウスの中で真っ赤に育った甘熟苺の果肉だけをふんだんに使用したいちごろシェイク。水や氷は一切使っていないので甘熟苺の濃厚な味わいが楽しめます。さらに甘熟苺を丸ごと削った苺のトッピング付きなので、苺が盛り沢山。”とにかくいちごが大好きないちご屋さん”だからこそ作れるいちごが主役のスイーツ”をご賞味ください。

<そらいろクレープ>苺の”サクサク”ミルフィーユクレープ(1個) 935円※数量限定
東京・福生市の人気パティスリー「カフェ・ドゥ・ジャルダン」がプロデュースするクレープ店。クレープの「そらちゃん」と流れ雲の「雲じろう」が繰り広げる空想の世界から飛び出したかわいいクレープ店です。香り豊かなもっちりクレープ生地に自家製カスタードと北海道産純生クリーム、甘酸っぱい苺と苺ソースに”サクサク”の自家製パイ。ケーキみたいなミルフィーユクレープ。

<資生堂パーラー>いちごのショートケーキパフェ(1個) 1,045円
西洋料理の草分け的存在として、また銀座のシンボルとして、長く愛される資生堂パーラー。同店で人気のストロベリーパフェをショートケーキ風にアレンジしたパフェです。銀座本店で毎年開催される「いちごフェア」と連動して、産地と品種にこだわった苺を使用した特製パフェです。

<ベリーアップ!>いちご大福(1個) 432円
2019年にオープンしたいちごをコンセプトにしたスイーツブランド。いちごがもたらす特別感やワクワク感を表現したスイーツが楽しめます。甘酸っぱいいちごのジュレと生クリーム、北海道産あずきを使用したコクのある粒あんをやわらかな求肥で包みました。ジューシーないちごと共に和と洋が織りなすハーモニーをお楽しみください。
  • いちごカラーの断面映え~

<完熟いちご菓子研究所>完熟いちごミルクプリン(1個) 486円
いちごの栽培から製品作り、販売までを一貫して行っていて「本当に美味しいいちご菓子を作りたい」という想いから作り上げたいちご菓子ブランド。甘くて芳醇な香りの完熟いちごの美味しさをそのまま味わえる果実味あふれる特製のいちごソースと、新鮮なミルクと純生クリームに甘酸っぱいいちごの果汁を加えたなめらかで優しい味わいのミルクプリンのコンビネーションが絶妙。スプーンですくったときの断面のコントラストがとてもキュート。

<茶而茶今>いちご丸かじりサンド(1個) 864円~
苺の名産地・栃木県を発祥とするフルーツサンドのブランド。フルーツと合わせるために作られたクリームは、ほのかな酸味と甘味がフルーツ本来の香りと甘みを引き立てます。今回はいちごをテーマに、様々な品種や産地のいちごをそれぞれのフルーツサンドに仕上げました。是非食べ比べてみて!フルーツの美味しさを引き立てる特製のクリームと、旬を迎えた「スカイベリー」や「とちおとめ」「あまおう」などの銘柄いちごを贅沢に使用した萌え断のフルーツサンド。思わず食べ比べしちゃいたくなるバリエーション。

<ホテル ニューオータニ パティスリーSATSUKI>新エクストラスーパーあまおうショートケーキ(1個) 3,240円(各日30点限り)
「博多あまおう®」を毎朝風味と味を厳しくチェックし、形の良いものだけを選りすぐって使用。クリームと生地との一体感を育むために、あまおうをフランス産のひまわりのはちみつでマリネ。1ピースにつき約8粒のあまおうを使用し、ダイスカット、ハーフカット、ホールの3つの形で食感も楽しめます。ホテルスイーツで圧倒的人気を誇る、ホテルニューオータニのグランシェフ 中島眞介氏のペストリーブティック。ケーキの断面もいちごがたっぷり!

<清月堂本店>ミガキイチゴ大福(こし・みるく/1個) 各432円
1907年(明治40年)、現在の銀座7丁目(旧京橋区木挽町)で創業した和菓子店。創業以来原材料を吟味し心のこもった確かな技術でお客様におもてなしの心で和菓子を提供しています。高品質のブランド苺「ミガキイチゴ」を自慢のこし餡、いちごの酸味とも相性の良いみるく餡で包んだいちご大福。いちご、餡、餅の絶妙なバランスが楽しめます。

テイクアウトはもちろんイートインスペースもあるのでその場ですぐにいちごスイーツを堪能できます。いちごの魅力満載の七日間を是非、伊勢丹新宿店でお楽しみください。
※価格はすべて税込み価格です。
※イベントの内容は、都合により変更または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

◆「いちごに恋する七日間」
場所:伊勢丹新宿店 本館地下1階 フードコレクション
会期:2021年1月13日(水)~19日(火)
WEB:https://mi-journey.jp/foodie/66251/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. 1月15日は”いちごの日”。伊勢丹新宿店で「いちごに恋する七日間」開催!