大学・専門学校の教員向けCG教育勉強会『コンポジッターとしての就職・活躍の道を徹底解説』2019年2月開催|講師にVFXディレクター白石哲也氏

日程:2019年2月6日(水)15:00-17:30|会場:デジタルハリウッド(東京・御茶ノ水)

・デジタルハリウッドアカデミーでは、VFXディレクター・スーパーバイザーの白石哲也氏を講師に、大学・専門学校でCGを指導されている教員を対象にした「CG教育勉強会」を東京で開催
・日程は2019年2月6日(水)15時~17時30分、東京・御茶ノ水にあるデジタルハリウッド株式会社で開催
・今回の勉強会では、CG業界に就職したい学生に対して、日々教育されている学校教員様向けに、モデラー・リガー・アニメーター・エフェクトアーティスト等々、様々存在するCG業界の職種の中で、「コンポジッター」の魅力に焦点を当てる
 ICT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、2019年2月6日(水)に、VFXディレクター・スーパーバイザーの白石哲也氏を講師としてお招きし、大学・専門学校でCGを指導されている教員を対象にした「CG教育勉強会」を東京で開催します。


<コンポジッターとしての就職・活躍の可能性とそのための教育を現場目線で解説>

©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会©原泰久/集英社 ©2019映画「キングダム」製作委員会


CGプロダクション大手において、特にコンポジットソフトウェア「Nuke」を活用したコンポジット業務が旺盛ですが、コンポジッター不足の状態が続いており、仕事⇔人材のミスマッチが慢性化しています。また、アニメやCM、映画といった異なる業界においても、コンポジッターに求められるスキルが異なります。

今回の勉強会では、CG業界に就職したい学生に対して、日々教育されている学校教員様向けに、モデラー・リガー・アニメーター・エフェクトアーティスト等々、様々存在するCG業界の職種の中で、「コンポジッター」の魅力に焦点を当てます。今回は、白石哲也氏の視点から、この職種の特長、今後の可能性、就職活動そして就職後の活躍に向けたポイント、学校現場での教育方法について徹底解説致します。

 
【勉強会の内容】

1:コンポジット業界の仕事内容・働いているクリエイターの実情

2:学校(大学・専門学校)でのコンポジッター育成教育に求められていること
 - 3DCG(Maya、3dsMax等)教育の中での、コンポジットスキルの位置付け・可能性・教育方法

3: 白石哲也氏による模擬授業
 - 模擬授業(メイキングや事例紹介)を体験頂きます

4: 質疑応答
 - 参加された方々の質問をベースにディスカッション


【講師プロフィール】

株式会社Spade&Co.  VFXディレクター・スーパーバイザー 白石哲也 氏

白石哲也 氏白石哲也 氏


株式会社オムニバス・ジャパンにて、映画・CM等で経験を積んだ後、2014年から株式会社スペードアンドカンパニーの立ち上げに関わり、 同社でVFXディレクター・スーパーバイザーとして活動中。主に映画・TVドラマのVFXを担当。最前線の現場での活動経験を生かし、即戦力となるクリエイターを育てる為に、実践的な手法での指導に力を入れている。

代表作:「銀魂2」「キングダム」「億男」「マスカレード・ホテル」「羊の木」「Vision」「寝ても覚めても」「孤狼の血」「ミュージアム」「るろうに剣心」シリーズ等


<大学・専門学校の教員様向け CG教育勉強会(2018年度第2弾) 開催概要>

■日 時:2019年2月6日(水)15:00-17:30

※勉強会終了後に、懇親会(2時間程度、別途費用4,000円程度)を用意しておりますのでご都合のつく方は是非ご参加下さい。

※本勉強会は要事前予約です。

■定員:30名

■会 場: デジタルハリウッド株式会社
 東京都千代田区神田駿河台4-6御茶ノ水ソラシティ アカデミア3F

■対 象: 大学、専門学校でCGを指導されている教員の皆様

※教員様が担当されているCGソフトウェアの種類は不問です。
※勉強会は教員様を対象とした内容となっておりますが、教員様以外の方でも関心がございましたら参加頂けます。

■費 用: 5,000円(税抜)/1名様

※お申込み後に手順をご案内致します。

■主 催: デジタルハリウッド株式会社

■お申し込み:下記のお申し込みフォームよりご登録ください。

https://goo.gl/forms/iUOMe3Dm96v7Iq3g1


■デジタルハリウッドアカデミー

 https://online.dhw.co.jp/academy/

デジタルハリウッドでは、2005年のデジタルハリウッド大学開学当初よりeラーニングと対面授業を組み合わせる「ブレンディッドラーニング」による、教育の標準化と教育効果の向上を実現してきました。このノウハウを活かして、大学・専門学校・高等学校・中学校・小学校・特別支援学校・教育サービス企業など授業活性化を支援するサービスの総称が「デジタルハリウッドアカデミー」です。

例えば、概論的なナレッジやICTツールの操作方法等のスキルは「一対多」の対面授業よりも、eラーニングによる個別学習が効果的ですが、私たちはそれを授業内で行い、教員が随時個別フォローする授業形式を採用することで更にその効果を高めています。そして、学生の基礎が整ったところで、本来の授業目的を達成するためのディスカッション、グループワーク、フィールドワーク等のアクティブで実践的な取り組みを行います。

これらを実践するためのeラーニング教材の提供、eラーニング教材の制作、カリキュラムリニューアル、教員研修、教員派遣による出張授業、遠隔ライブ授業、さらにはオープンキャンパス等の学生募集の企画まで、トータルでご支援させていただいております。

<導入実績23校(2018年12月現在)>


■デジタルハリウッド株式会社

https://www.dhw.co.jp/

1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像の学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。
設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。  
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。 





 

 

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルハリウッド株式会社 >
  3. 大学・専門学校の教員向けCG教育勉強会『コンポジッターとしての就職・活躍の道を徹底解説』2019年2月開催|講師にVFXディレクター白石哲也氏