【ホテル日航熊本】中国最大手モバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を導入

キャッシュレス決済により、中国人宿泊客のさらなる利便性向上を図る

ホテル日航熊本(熊本市中央区上通町、総支配人:熊井潤二)では、2018年4月1日(日)より、中国最大のモバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を導入し、フロントとレストランでの取り扱いを開始いたします。

ホテル日航熊本では全宿泊者数のうち訪日外国人が約20%、そのうち約半数を中国・香港からのお客様が占め、今後も増加が予想されます。当ホテルでは既に、即日決済されるデビットカード「銀聯カード」を導入しておりますが、このたび中国で主流となっているモバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を導入することによってさらなる利便性の向上を図ります。
これによりお客様は、スマートフォンのアプリからQRコードをかざすだけで簡単にお支払いを完了させることができます。

 


■モバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」の導入について
●導入開始日:2018年4月1日(日)
●内容:ご宿泊料金や、ホテル内のレストラン・バー、ケーキショップでのお支払いに、モバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」をご利用いただけます。
●導入場所:フロント、日本料理「弁慶」、ブッフェダイニング「アソシェッド」、広東料理「桃李」、フランス料理「レ・セレブリテ」、ティー&カクテルラウンジ「ファウンテン」、ケーキショップ「ラ・パティシエール」

 ■「Alipay(支付宝/アリペイ)」について
世界最大のIT企業アリババグループによって2004年に設立された、世界最大規模の決裁プラットフォームです。商品購入から、飲食、宿泊費等、生活のあらゆるシーンで使えることから、中国国内で爆発的な広がりを見せており、2015年の中国国内電子決済市場では72.9%と圧倒的なシェアを誇っています。


◇ホテル日航熊本について◇
2002年5月31日開業。熊本市の中心部に位置し、西日本最大のショッピングアーケードやオフィス街と隣接。熊本城や官公庁へも徒歩圏内という絶好のロケーションです。また、広さ1,500㎡、最大1,500名様をお迎えすることができる熊本最大級の宴会場や600㎡の中宴会場、11の小宴会場を有し、大規模なコンベンションやご宴会など幅広くご利用いただけます。「木」の質感を活かした191室の客室は、西側からは復旧へ向かう熊本城が、東側からは雄大な阿蘇の山々が一望できるゆとりの空間です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニッコー・ホテルズ・インターナショナル >
  3. 【ホテル日航熊本】中国最大手モバイル決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を導入