ヨルシカ初の実写MV作品『盗作』の秘密に迫る特別番組をスペースシャワーTVでオンエア。

コンポーザーとして活動中の“n-buna”が女性シンガー“suis”を迎えて結成したバンド、ヨルシカ
彼らが7/29にリリースしたニューアルバム「盗作」は、「音楽の盗作をする男」をコンセプトに、主人公の男の破壊衝動を楽曲として表現したコンセプチュアルな1枚となっている。
この番組は、そんなアルバムの表題曲でありヨルシカ初の実写作品となった『盗作』のミュージックビデオに焦点を当て、MVの監督を務めた永戸鉄也氏にインタビューを敢行。

・どんな対話からこの作品を創り上げたのか?
・監督とn-bunaが出会ったきっかけとは?
・永戸がこの作品に込めたメッセージとは?

ミュージックビデオの世界を紐解くことで、
ベールに包まれたヨルシカの輪郭を「盗み見る」ことができるかもしれない――。


<番組概要>
スペースシャワーTV
ミュージックビデオの世界 -ヨルシカ「盗作」編-
8/15(土) 23:00~23:30
8/28(金) 25:00~
9/6(日) 21:30~
http://sstv.jp/yorushika

永戸鉄也
1970年東京生まれ。
RADWIMPSやヒトリエのデザイン、ミュージックビデオなど音楽・ファッションを中心とした様々なデザイン、映像のディレクションを行いながら、自らもアーティストとして活動している。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースシャワーネットワーク >
  3. ヨルシカ初の実写MV作品『盗作』の秘密に迫る特別番組をスペースシャワーTVでオンエア。