日本漫画原作 2.5次元系”ではない”舞台化作品がヨーロッパより上陸! 文化庁・日本劇団協議会主催『遥かな町へ』上演決定 カンフェティでチケット発売

谷口ジローの名作漫画をスイス人演出家が舞台化 日本人キャストによる凱旋公演が決定

文化庁・公益社団法人日本劇団協議会主催、劇団NLT『遥かな町へ』が2022年11月23日(水・祝)~ 2022年11月27日(日)にシアターX(シアターカイ)(東京都墨田区両国 2-10-14両国シティコア内)にて上演されます。
チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて10月19日(水)よりチケット発売開始です。
カンフェティにて10月19日(水)よりチケット発売開始
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=68798&

公式ホームページ
http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2022/2022_04.html
YouTubeページ
https://nlt.theshop.jp/items/66268823


日本漫画を原作とする、2.5次元系”ではない”舞台化作品がヨーロッパより上陸!
スイス人演出家による初演版を、日本人キャストで贈る凱旋公演。


この作品は谷口ジローの漫画を原作に、スイス人演出家が舞台化した作品です。セリフは舞台化のために作られず、基本的に漫画の吹き出しの言葉がそのまま、フランス語に翻訳されています。台本を翻訳すると、日本語の漫画のコトバになるわけです。
このようなテキストでの上演は初めてといえる翻訳作品です。そして、ドリアン氏はセットは極めて抽象的に上演し、ミュージシャンを2名入れて(このミュージシャンも作品の中の役を演じます)、効果を高めています。
この作品で、ヨーロッパの現在の演出方法に触れることで、育成対象者はもとより、出演者が刺激を受け、日本人の役柄を演じることも相まって、育成と同時に見応えがある作品に仕上げます。

【あらすじ】
実在の鳥取県倉吉を舞台に、故郷を訪れた中原博史が 48 歳の記憶を持ったまま 14 歳の自分にタイムス
リップし、その年に重大な決断をする父に向き合うヒューマンドラマ・ファンタジー。
博史は出張からの帰りに間違って故郷の鳥取県倉吉に来てしまう。久しぶりの母の墓参りで目眩に襲わ
れ気づくと 14 歳の自分にタイムスリップしていた。48歳の記憶を持ったまま中学2年生の生活を送るが、そ
の年の夏に父、中原与志雄が失踪したことを思い出す。父は何故家族の元を去ろうと思ったのか、博史は祖母に両親の間に何があったのかを聞き、父の失踪を止めさせようとその行動を追いかける。
 

初演より初演より

初演より初演より

初演より初演より

 
  • 原作者・演出家 プロフィール

谷口ジロー
1971 年「週刊ヤングコミック」から、短編漫画『嗄れた部屋』で漫画家デビュー。1975 年『遠い声』で、第 14 回ビッグコミック賞佳作入選。その後、上村一夫のアシスタントを経て独立。1977 年頃、原作者・関川夏央と出会い、共同で漫画を執筆。1980 年には 2 人の代表作である『事件屋稼業』を連載した。その後、他の原作者と組んだり、一人で執筆するなどして、ハードボイルドや動物漫画、SF など幅広いジャンルで活躍。1991 年、『犬を飼う』で小学館漫画賞審査員特別賞、1993 年には『「坊っちゃん」の時代』で、日本漫画家協会賞優秀賞を受賞した。1994 年に連載した、久住昌之原作の『孤独のグルメ』は大ヒットとなり、テレビドラマにもなった。海外での評価も高く、2010 年に、イタリアで開催された「ルッカ・コミック&ゲームス 2010」にて、同典における最高栄誉賞「Maestro del fumetto(マエストロ・デル・フメット)」を受賞。2011 年にはフランスの芸術文化勲章シュバリエを受章した。2017 年 2 月 11 日、死去。享年 69 歳だった。
 


演出家 ドリアン・ロセル 
1996年、レコール・セルジュ・マルタン(ジュネーブ)卒。2004年、Cie STT(カンパニー、スーパー・トロ・トップ)創立。Quartier「遥かな町へ」、soupcon「疑惑」などの創作でコメディ・ジュネーブの芸術参与に招かれる。その後ローザンヌ・ヴィディ劇場での活動と共に複数の作品でツアーを開始。2012年フォーラム・メイラン劇場芸術参与となる。2014年アヴィニヨン演劇祭オフ参加。スイス・ロマンド劇場高等学院、カンヌ俳優学校、サンエティエンヌ演劇学校等で様々なワークショップを行っている。2016年、ピーター・ブルックの上演俳優、笈田ヨシ氏と共に Voyage a Tokyo「東京への旅」を上演し、ツアーも行った。

デルフィヌ・ランザ
共同演出家、女優。1972年フランス、アヌシー生まれ。スイスの演劇界及び映画界で活動する。1999年の映画 Attention aux chiens 「犬にご用心」でスイス映画女優賞受賞。カンパニーSST の創立から全作品に関わる。
 
  • 公演概要
劇団NLT『遥かな町へ』
公演期間:2022年11月23日(水・祝)~ 2022年11月27日(日)
会場:シアターX(シアターカイ)(東京都墨田区両国 2-10-14両国シティコア内)

■出演者
五十嵐遥佳(育成対象者)
稲葉歓喜(育成対象者)
猪俣三四郎
海宝弘之
小泉駿也(育成対象者)
近童弐吉
阪本竜太(育成対象者)
谷村実紀
中野亮輔
花島令
藤井千咲子
星怜輝(育成対象者)
松崎将司(育成対象者)
八鍬幸生
吉越千帆(育成対象者)

■スタッフ
原作・テキスト:谷口ジロー
演出・脚色:ドリアン・ロセル、デルフィヌ・ランザ
脚色: カリンヌ・コラジュー
翻訳・脚色・演出助手: 山上 優
美術・照明:ヤン・ベッカー
音響:小林 史
衣裳:伊藤早苗
舞台監督:竹内一貴
プロデューサー:小川 浩(NLT)
アシスタントプロデューサー:中山百夏(NLT)
方言指導:劇創西社OHKUS
協力:小学館
主催:文化庁・公益社団法人日本劇団協議会
後援:スイス大使館
制作:公益社団法人日本劇団協議会
制作協力:NLT

■公演スケジュール
11月23日(水・祝)17:00開演
11月24日(木)14:00開演
11月25日(金)14:00開演/19:00開演
11月26日(土)13:00開演/17:00開演
11月27日(日)13:00開演
※開場は30分前

■チケット料金
前売: 5000円
配信チケット:3,000円
(全席指定・税込)

主催:文化庁・日本劇団協議会
文化庁委託事業 令和4年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業
日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演 俳優部門
(舞台芸術分野の優れた新進演劇人で発表の機会に恵まれない者に、発表の機会を提供することにより 新進芸術家の育成を図る事業です。)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロングランプランニング株式会社 >
  3. 日本漫画原作 2.5次元系”ではない”舞台化作品がヨーロッパより上陸! 文化庁・日本劇団協議会主催『遥かな町へ』上演決定 カンフェティでチケット発売