メンズ美容への関心の高まりをうけて ウーノよりBBクリーム&アイブロウ発売  ”BBクリーム”出荷数38.4万個※1 を達成!限定の”男性用メイクボックス※2”完売!

 資生堂は若者を大人へと導くメンズブランド「uno」から、気になる男性の肌悩みを1つでしっかり速攻カバーできる「ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)」と、速攻で眉バランスを補正できるアイブロウ「ウーノ バランスクリエイター」【全2品目2品種 オープン価格】を2020年3月上旬より、全国発売します。

 2019年3月に発売したBBクリーム「ウーノ フェイスカラークリエイター」は、発売当初計画を上回る売上(出荷数累計38.4万個※1)を達成。また同年末に500個EC限定※3 で発売した男性用メイクボックス「ウーノ アドバンスドフェイスクリエイターズ」が完売しています。
※1  2019年3月初旬~2019年12月末日の累計
※2  「ウーノ アドバンスドフェイスクリエイターズ」(「ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)」と「ウーノ バランスクリエイター」のセット)
※3  amazonと資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」にて発売

【商品一覧】全2品目2品種
<商品名>ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)
<分類>日中用カラークリーム
<容量>30g
<品種>1種
<価格>オープン価格

<商品名>ウーノ バランスクリエイター
<分類>アイブロウ
<容量>0.3g
<品種>1種
<価格>オープン価格


【発売背景】
 資生堂が行った意識調査※4 では、「BBクリームの塗布やアイブロウで眉を整える行為」の経験のない男性にそれらの行為をしてみたいかを聞いたところ、26.2%が「すごく思う」、25.3%が「思う」と回答。「機会があったらしてみたい(35.3%)」を加えると、約9割の男性が「してみたい」という意向であることがわかりました。この調査結果からも、男性たちの美容への関心の高さが伺えます。
※4 資生堂調べ 「男性メークに関するアンケート」(2019年10月)20~50代 男性n=439

 昨年発売したBBクリームを使用したユーザーからは『厚塗りをした感覚はなく、自然に肌をきれいに見せることができる』という支持を得た一方で、『自分の肌悩みをもう少し隠せるカバー力が欲しい』という要望もありました。そこで、凹凸補正パウダーによって、毛穴・ニキビ跡をしっかりカバーできる「ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)」を発売します。
 また、男性の顔印象における眉の重要性の認知も高まってきており、第一印象を改善したい男性のお客さまが「眉毛エクステ」に通うなど、アイブロウの存在感が大きくなってきています。男性の「眉補正」への意識の高まりをうけ、速攻で眉バランスを補正できる男性用のアイブロウ「ウーノ バランスクリエイター」を発売します。多くの男性に合う色味を採用し、太くも細くも簡単に描きやすいペンの形状で、アイブロウに不慣れな男性でも理想的な眉を描きやすい工夫をしています。いずれの商品も資生堂ヘアメイクアップアーティスト監修で、新しいセルフプロデュース術として、男性に肌と眉で勝負できる自信を提供します。

【商品概要】
■商品名・容量・価格
ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)
<日中用カラークリーム>
30g
オープン価格

■商品特長
資生堂ヘアメイクアップアーティスト監修の
速攻肌色補正できる男性用BBクリーム


◆美容液配合のみずみずしい使用感で、肌になじんで速攻補正、気になる肌悩みをカバー
◆凹凸補正パウダー配合で、肌の質感をなめらかに整える
◆うるおい成分 W ヒアルロン酸*1配合
◆SPF30・PA+++
◆洗顔やせっけんで簡単に落とせる
◆ノンオイリーでベタつかない
◆ノンコメドジェニックテスト済み・アレルギーテスト済み*2
◆みずみずしいシトラスグリーンの香り(微香性)
※1 ヒアルロン酸Na,アセチルヒアルロン酸Na
※2 全てのかたにニキビができない、アレルギーが起きないというわけではありません


■商品名・容量・価格
ウーノ バランスクリエイター
<アイブロウ>
0.3g
オープン価格

■商品特長
資生堂ヘアメイクアップアーティスト監修の
眉バランスを整え 目元から自信のある印象をつくる
男性用アイブロウ


◆薄い、短い、形が悪いなどの眉の悩みを速攻補正
◆細くも太くも自由にかける涙型の芯形状
◆毛流れを整え、自然にぼかせるブラシ付き
◆うるおい成分配合
◆洗顔やせっけんで簡単に落とせる


【ご参考:男性用化粧品 開発のこだわり】
 資生堂では、長年にわたりお客さまの年代・性別ごとの肌生理や嗜好性について研究しており、その結果を製品開発にも活用しています。今回の男性用BBクリームは、男女の肌生理や肌悩みの違いに基づき開発されました。
 これまでの研究で、男性は女性と比較して皮脂量が多く、毛穴が大きい傾向がわかっています。また、男性の肌は女性よりも紫外線ダメージを受けやすい傾向があるにも関わらず、サンケア習慣のある男性が少ないことから、結果的に肌あれ・赤みが起こりやすい肌状態になっています。また、ひげの青みは男性特有の肌悩みの1つです。
 ウーノ フェイスカラークリエイター(カバー)は、ノンオイリーでべたつかずに、気になる赤みなどの色むらをカバーし、毛穴やにきび跡などのざらつきを整えます。


 日々のスキンケアやメイクアップは、肌を整え、本来もっている魅力を引き出しますが、自身の肌状態や悩みに合ったものを選択することがより効果的です。資生堂では、今後もお客さまに寄り添った製品開発を続けていきます。


■ウーノ ブランドサイト https://www.shiseido.co.jp/uno/?rt_pr=trf44
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社資生堂 >
  3. メンズ美容への関心の高まりをうけて ウーノよりBBクリーム&アイブロウ発売  ”BBクリーム”出荷数38.4万個※1 を達成!限定の”男性用メイクボックス※2”完売!