ミュージアムとアートをもっと身近に楽しもう!「フェリシモミュージアム部™」がスタート!

公式サイトがオープン! デビューアイテムも続々登場

株式会社フェリシモ(本社:兵庫県神戸市中央区 代表取締役社長:矢崎和彦 東証1部:3396)は、ミュージアムとアートを暮らしの中でもっと楽しむ 「フェリシモミュージアム部™」の活動を新たにスタートしました。6月9日に公式サイトをオープン、オリジナル商品のウェブ販売を開始しています。
「フェリシモミュージアム部™」は、アートやミュージアム、そしてミュージアムグッズも大好き! そんなメンバーが集まり、多様なアートやミュージアムの楽しみ方を、より多くの方々と共有するために発足したコミュニティです。フェリシモならではの編集力と、商品企画力を活かして、オリジナルグッズの商品開発・販売の他、展覧会を開催する側の想いを届けるミュージアムグッズの開発支援を行っています。また、美術館や博物館をもっと楽しむためのヒントをnote、Twitterでも発信しています。

デビューアイテムは、「ミュージアム部 アートハンカチコレクション〈青〉の会」、「ミュージアム部 ポストカードをもっと楽しむ マイミュージアムポーチ」の2商品で、「アートのある暮らし」を提案します。

「 フェリシモミュージアム部™」公式サイト>> https://feli.jp/s/pr2006092/1/

◆「フェリシモミュージアム部™」発足の背景とコンセプト
アートが好き、ミュージアムが好き、ミュージアムグッズが大好き。そんなフェリシモ社員が集まって、アートへの愛や多様なミュージアムの楽しみ方を多くの方と共有し合いたいという思いから、「フェリシモミュージアム部™」は発足しました。
好きな作品、作家や企画展への共感、知的好奇心を満たす快い驚き。そのようなシンパシーとワンダーを集め、愛と敬意を持ってさまざまなモノ・コトに翻訳し、ミュージアムやアートの魅力をさまざまなかたちで発信してゆきます。それによって、多くの方々がミュージアムやアートをもっと身近に、もっと好きに、ますます楽しめるようになる未来を目指します。


◆「フェリシモミュージアム部™」の活動内容
1.古今東西のアートを楽しむオリジナル商品の企画
アートをもっと身近に、暮らしの中に取り入れられるオリジナルグッズを企画・販売します。

2.おすすめの展覧会、ミュージアム関連情報、アートの楽しみ方の発信
ミュージアム部員それぞれが注目する展覧会情報や、イチオシのアート、Tipsやコーディネートなど、ミュージアムの楽しみ方をSNSで情報発信を行います。

 


3.ミュージアムグッズの共同企画や展覧会の広報支援
フェリシモならではのユニークな視点での商品企画を通じて、展覧会の話題作りや集客をサポートします。美術館・博物館の在り方がコロナ渦によって変革を迫られる中でも、展覧会・作品・アーティストの魅力と、企画展を開催する関係者の想いを、モノ・コトに翻訳して人々により広く深く届けることで、ミュージアムやアートをもっと身近に、ますます楽しめるようになる未来を目指します。

「特別展 よみがえる正倉院宝物」とのコラボレーショングッズ「特別展 よみがえる正倉院宝物」とのコラボレーショングッズ

  
◆デビューアイテムのご紹介
・お気に入りのポストカードをいつでも鑑賞、マイミュージアムポーチ

 

展覧会という非日常空間からのおみやげとして持ち帰ったポストカードを、日常の中でももっと楽しむために生まれたポーチです。美術館や展覧会に行くたびついつい買ってしまうポストカードを、フレーム内のクリア部分に額装して持ち運べば、いつでも自分だけの一枚企画展を楽しめます。気分やシーンに合わせて入れ替えるのも楽しく、なかなかグッズ化されないマニアックな作品だってじっくり愛でることができます。

ポーチは、美術館の建材として用いられることの多い大理石を想起させるニュアンススウェード調の起毛素材に、美術作品の額縁に見立てたゴールドの型押しフレームをあしらいました。

 

大切なポストカードは、封筒型の折り返しふたをつけたクリアポケット、しっかりした保護板で、折れ曲がり・傷み・汚れから守ってしっかりガードします。ポストカードコレクターのみなさまにも安心して使っていただけます。
 

ポーチの中には複数のポケットやゴムベルト、ペンホルダーがついており、収納力や整理整とんもばっちり。自立する仕様なので、コスメポーチとしてはもちろん、ミニノート、えんぴつ、鑑賞の必需品であるロッカーキー用のコインや目薬を入れて、ミュージアムめぐりのお供にもおすすめです。


【NEW】ミュージアム部 ポストカードをもっと楽しむ マイミュージアムポーチ
月1セット ¥2,500(+10% ¥2,750)
商品の詳細・ウェブでのお申し込み>> https://feli.jp/s/pr2006092/2/
商品紹介をnoteでチェック>> https://feli.jp/s/pr2006092/3/


・アートを気軽に楽しむ アートハンカチコレクション

「青」をテーマにセレクトした絵画をリアルにプリントしたハンカチのコレクション。フェルメールやゴッホ、ムンクなどの名画がラインナップ。

ハンカチの表側は、布はく地に名画の美しさを最大限再現プリントしました。裏側は、綿100%のふかふかパイルで実用性も抜群です。
 

立てても掛けても使えるペーパーフレームと、まるで美術館展示のような作品キャプションカードがセットされており、そのままお部屋に飾ればおうちギャラリーがオープン。アートのある暮らしを気軽に楽しむことができます。さらに「青」の表現の解説、画家を紹介する作品カードも付属し、絵画への造詣も深まります。飾っても使ってもOKなアートハンカチで、インテリアやバッグの中にアートのある暮らしを提案します。ギフトにもおすすめです。

「青」をテーマにセレクトした絵画をリアルにプリントしたハンカチのコレクション。フェルメールやゴッホ、ムンクなどの名画をラインナップ。
 

 

【NEW】ミュージアム部 アートハンカチコレクション〈青〉の会
月1セット ¥1,100(+10% ¥1,210)
商品の詳細とお申し込み>> https://feli.jp/s/pr2006092/4/
商品紹介をnoteでチェック>> https://feli.jp/s/pr2006092/5/


◆「フェリシモミュージアム部™」ではパートナーを募集中です
展覧会、美術館、博物館などミュージアム関係者のみなさまへ
「フェリシモミュージアム部™」ではパートナー企業を募集しています。コラボレーション、商品開発、卸販売、リース、イベントやPOP UP SHOPの出店のご相談など、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームはこちら>> https://feli.jp/s/pr2006092/6/

ミュージアムファンのみなさまへ
Twitterやnoteにぜひご意見をお寄せください。
・「フェリシモミュージアム部™」ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr2006092/1/
・note>> https://feli.jp/s/pr2006092/7/
・Twitter(@f_museumbu)>> https://feli.jp/s/pr2006092/8/

◆フェリシモの部活動について
未来の事業化を条件として、社員が業務時間中、個人的に興味を持っていることをテーマに集い、行う活動です。テーマに関心を持つ人が5人以上集まれば部活として結成ができます。「動物と人がともにしあわせに暮らす社会を目指す『フェリシモ猫部』」や、「お寺文化から心豊かな暮らしのヒントをさがす『おてらぶ』」など約30の部活があります。

◆お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~
ファッションや雑貨などの企画・販売を行う神戸の通販会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにする、人としあわせになる。自然と、社会としあわせになる。その経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“社会性” “独創性”“事業性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr191108/1/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr191108/2/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr191108/3/

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フェリシモ >
  3. ミュージアムとアートをもっと身近に楽しもう!「フェリシモミュージアム部™」がスタート!