テレビで紹介されて大反響! 世界が注目のレジリエンス教育発の声かけメソッド本が5刷重版

株式会社主婦の友社は、レジリエンス教育をベースとした声かけメソッド本『子どもの心を強くする すごい声かけ』(https://www.amazon.co.jp/dp/4074473046)を5刷重版いたしました。

 

 
  • 世界で注目されるレジリエンス教育が家庭での声かけで実践できる!
アメリカやシンガポール、欧州各国の名門校が続々と導入していることで話題の「レジリエンス教育」。レジリエンスとは、回復力、復元力を意味する英語で、コロナ禍でますます深刻化している子どもたちの精神疾患の広まりにストップをかけ、逆境に負けない心を育むとされる、いま、最も注目を集めている教育法の一つです。

そのレジリエンス教育において、日本での第一人者である足立啓美さんの著書『子どもの心を強くする すごい声かけ』が、子育てに迷う親御さんたちの支持を集めて5刷重版。情報番組でも紹介された、いま、非常に注目を集めている声かけメソッド本です。
 
  • 声かけの実例をOKとNGでわかりやすく紹介
「学校に行きたくない」「失敗して落ち込んでいる」「挑戦を渋る」など、子育ての日常でよくあるお悩みシチュエーション別に、OKとNGの声かけ例を解説しています。実践的でわかりやすいので、今日からすぐに始められます。


親子で向き合う時間が増える夏休み。子どものレジリエンスを育てる絶好の機会として、本書の声かけメソッドがおおいに役立つはず。
 
  • 目次
●はじめに 予測不能な今だから、“逆境に負けない力”が武器になる

●プロローグ 「ストレスに弱い」「自信がない」「すぐあきらめる」子も大丈夫!
心が弱いと思える子ほど、親の声かけでどんどん変わります

●第1章
効果的な声かけをするために 親が知っておくべき7つの大事なこと

大事なこと1 ネガティブ感情は否定しないで 受け止める
大事なこと2 ネガティブ感情から引き離すサポート方法を知っておこう
大事なこと3 「感情は自分で選べるもの」と教えよう
大事なこと4  できないことだけじゃなく、できることにも注目しよう
大事なこと5 結果だけじゃなく、「努力した過程」をほめよう
大事なこと6 性格的な「強み」を育てる
大事なこと7 親子の絆を強くする 

●第2章
実践! 困難に負けない子どもに育てる 親の声かけ

●おわりに
 
  • 著者プロフィール

足立啓美(あだち・ひろみ)
一般社団法人日本ポジティブ教育協会代表理事。認定ポジティブ心理学コーチ。メルボルン大学大学院ポジティブ教育専門コース修了。国内外の教育機関で10年間の学校運営と生徒指導を経て現職。現在は、ポジティブ心理学をベースとした教育プログラムの開発、小学校〜高校、適応指導教室などさまざまな教育現場で、レジリエンス教育の講師として活躍中。ポジティブメンタルヘルスや組織開発にかかわる企業研修、ポジティブ心理学コーチとして管理職向けコーチングも行う。共著に『子どもの「逆境に負けない心」を育てる本』(法研)、『イラスト版子どものためのポジティブ心理学』(合同出版)、『見つけてのばそう!自分の「強み」』(小学館)がある。
 
  • 書誌情報

『子どもの心を強くする すごい声かけ』
著者:足立啓美
判型:四六判
価格:定価1540円(10%税込)
発売日:2021年4月30日(月)
ISBN:978-4-07-447304-5
【Amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/4074473046
【Kindle】https://www.amazon.co.jp/dp/B0972XNV89/
 
  • 本書に関するメディア関係者のお問い合わせ先
【主婦の友社広報窓口】
株式会社C-パブリッシングサービス 広報宣伝部
pr★c-pub.co.jp (★は@に変換してお送りください)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社主婦の友社 >
  3. テレビで紹介されて大反響! 世界が注目のレジリエンス教育発の声かけメソッド本が5刷重版