三越伊勢丹のサステナビリティ「think good」がスタート 第一弾キャンペーン「アップサイクル」~商品に、長く使うためのストーリーと価値を吹き込む~      

4月7日(水)~5月11日(火)三越伊勢丹オンラインストア、4月14日(水)~5月11日(火)伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越

三越伊勢丹グループは、“人と時代をつなぐ”企業をめざし、社会に対する企業の責任として社会の様々な課題と向きあい、企業活動を通じてその解決に貢献することで、人々の豊かな未来と、持続可能な社会の実現に向け役割を果たしていくということを、サステナビリティ推進の基本方針として掲げています。このたび三越伊勢丹は、想像力を働かせ、真摯に考えることから始めるという意味を込め、「think good」という合言葉のもと、サステナビリティ活動に取り組んでまいります。これは、お客さま、お取組先様、地域社会など、あらゆるステークホルダーの皆さまとともに、持続可能な社会の実現のためにできることを考え、アクションするムーブメントを起こしていきたいというものです。

「想像力を働かせ、真摯に考えることからスタートする」 という想いを込めた「think good」。三越伊勢丹がつなぐ、ヒト・モノ・コトに対して常に想像し、あらゆる価値観を尊重するという意志を示しています。創業から数百年、いつの時代も最前線で、お客さまや作り手と向き合い続けた私たちがめざすもの。過去・現在・未来、時代を超えて届けたい「物語」がある、つなぎたい「想い」がある。三越伊勢丹は、今までもこれからも、「人と時代をつなぐ」仲介人であり続けます。

  • 「think good」と三越伊勢丹の取り組み
三越伊勢丹は、①商品、②サービス、③コミュニケーションの3つにフォーカスして、 「think good」の取り組みを行います。具体的には、地域産地支援・環境保護のためのサステナブルな品揃え、資源循環のための4Rの推進、文化継承のための文化・技術・感性の発信を通したサステナビリティ活動に取り組んでいきます。「think good」は年間を通じた考え方ですが、それぞれのテーマごとにキャンペーンを開催いたします。第一弾として、4月7日(水)~5月11日(火)三越伊勢丹オンラインストアにおいて、4月14日(水)~5月11日(火)伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越の各店舗において、4Rの推進のため、「アップサイクル」をテーマに実施いたします。

  • 「think good」のステイトメントは、以下のURLからご覧いただけます。
  https://imhds.disclosure.site/ja/themes/116#1212 
  • 「think good」のオンラインストア、各店舗の取り組みは、以下のURLからご覧いただけます。
三越伊勢丹オンラインストアhttps://www.mistore.jp/shopping/feature/shops_f2/st_thinkgood_sp.html
伊勢丹新宿店https://www.mistore.jp/shopping/event/shinjuku_e/thinkgood_10 ※4月14日(水)午前10:00~
日本橋三越本店https://www.mistore.jp/shopping/event/nihombashi_e/thinkgood_50
銀座三越https://www.mistore.jp/shopping/event/ginza_e/thinkgood_51
  • think goodキャンペーン 「アップサイクル」 
■4月7日(水)~5月11日(火)三越伊勢丹オンラインストア
■4月14日(水)~5月11日(火)伊勢丹新宿店・日本橋三越本店・銀座三越


アップサイクルとは、一般的に不要になったモノに新しい付加価値をもたせ、また新たなモノに生まれ変わらせること。三越伊勢丹は、「価値」だけでなく「ストーリー」まで宿すことをアップサイクルと考えます。一度は役目を終えたモノでも、デザインやアイデアを吹き込むことで、また新しい物語が生まれ、それが「モノを大切に長く使う」ことにつながるはずです。


 
  • 伊勢丹新宿店の取り組み

「アビドゥー ON THE GROUND」22,000,000円「アビドゥー ON THE GROUND」22,000,000円

電子ゴミをアートに昇華する長坂真護氏の展覧会

4月14日(水)~25日(日) ※4月14日(水)および最終日は午後6時終了
本館6階 催物場  「長坂真護展 ー天命回帰/Still A “BLACK”STARー」

「文化」「経済」「社会貢献」が持続的に回る形態「サステナブル・キャピタリズム」を提唱するMAGO氏。ガーナのスラム街での貧困問題と環境問題をアートの力で先進国に伝え、スラム街をエコタウンに変えるために、電子ゴミを使ったアート作品を制作・販売。そんなMAGO氏の活動、作品、そのストーリーをお伝えする展覧会です。
 

 

オンラインストアの特集記事で取り組みをご紹介オンラインストアの特集記事で取り組みをご紹介


KUROZOME REWEAR 黒く染め替えて生まれ変わる服
本館3階 リ・スタイル
お気に入りだったけど、汚れてしまったり、色が褪せてしまった服を、捨ててしまう前にもう一度黒に染め替えて。日本の伝統的な正装である黒紋付だけを100年間染め続けてきた<京都紋付>が、独自の深黒加工(しんくろかこう)で、深みのある黒に染め替えます。

 

オンラインストアの特集記事で取り組みをご紹介オンラインストアの特集記事で取り組みをご紹介



役目を終えた<ジェイエムウエストン>をニューコレクションに
4月7日(水)~20日(火)メンズ館1階 プロモーション
「J.M. WESTON VINTAGE SHOP」

役目を終えた〈ジェイエムウエストン〉のシューズを下取りし、フランス・リモージュの自社工場で熟練の職人がリペアを施し、ニューコレクションとしてリリース。ニューコレクションを国内先行販売いたします。

 
  • 日本橋三越本店の取り組み

(左から)BEFORE、AFTER(左から)BEFORE、AFTER

思い出が詰まった家具を修理して末永く
本館5階 家具インテリア

<ダニエル>家具の病院® は、横浜クラシック家具の老舗家具<ダニエル>の熟練の職人が、お客さまの大切な家具を蘇らせます。

※写真はイメージです


 


愛着を育てて「捨てない」を当たり前に
新館7階 <i’m green>
2020年10月からトライアルとしてスタートした「三越伊勢丹 i’m green(アイム グリーン)」は、“捨てない社会”の実現に向けた、三越伊勢丹のお買取・お引取サービスです。衣料品の一部は、資源としてリサイクルする方法もご用意しながら、専属スタイリストが適した方法をご提案いたします。

■ <i’m green>については、こちらから。
https://www.mistore.jp/store/nihombashi/service/imgreen.html
 
  • 銀座三越の取り組み

(左から)<ストージョ>、<スタッシャー>(左から)<ストージョ>、<スタッシャー>

ゴミを減らしたい。

個性的で実力派のマイカップ&保存容器
本館3階 ル プレイス   ※オンラインストアでも販売
シリコーン製で繰り返し使え、たたんで気軽に持ち運べる〈stojo(ストージョ)〉のマイカップは、中身が漏れにくい設計で、食洗機も使えてお手入れも簡単。同じく耐熱性・伸縮性に優れる保存容器〈stasher(スタッシャー)〉は、耐久性と密閉性に優れ、電子レンジなどを使った調理に活用できます。マチがあるので、冷蔵庫のポケットに立てて入れられるのもポイントです。
 

(左から) <Tee-chi> 、 <SHIMA DENIM WORKS>(左から) <Tee-chi> 、 <SHIMA DENIM WORKS>

 

OKINAWA発。

自然への想いやストーリーが楽しめるアイテム
4月14日(水)~27日(火)本館5階 GINZA ステージ
<Tee-chi>のポロシャツは、沖縄の海の「風化造礁サンゴ」を生地に練り込みました。自然由来のUVカット効果や保温性を兼ね備えており、スポーツのシーンでも活躍する機能性新素材です。「SHIMA DENIM WORKS」からは、「さとうきび」を製糖する際に発生する搾りかす「バガス」に注目し、デニム生地として生まれ変わったアイテムをご用意。エシカルでありながら、日本各地の技術を結集したジーンズや、トートバッグ、ポーチをご紹介します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 三越伊勢丹ホールディングス >
  3. 三越伊勢丹のサステナビリティ「think good」がスタート 第一弾キャンペーン「アップサイクル」~商品に、長く使うためのストーリーと価値を吹き込む~