COVAX:ワクチンの第1次配分計画~142カ国に供給【プレスリリース】

マハラシュトラ州・プネ市で製造されたCOVAXのCOVID-19ワクチン。(インド、2021年2月24日撮影) © UNICEF_UN0421710_COVAX_Dhiraj Singhマハラシュトラ州・プネ市で製造されたCOVAXのCOVID-19ワクチン。(インド、2021年2月24日撮影) © UNICEF_UN0421710_COVAX_Dhiraj Singh

【2021年3月2日 ジュネーブ/オスロ/ニューヨーク 発】

COVAXのメンバーであるユニセフ(国連児童基金)、CEPI(感染症流行対策イノベーション連合) 、GAVI、世界保健機関(WHO)は、COVAXにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの第1次配分リストを発表しました。

中間配分予測に続く第1回目の配分リストでは、供給の可能性に関する現時点での情報に基づき、2021年5月までのCOVAX参加国へのアストラゼネカ・オックスフォードワクチンの供給に関する情報を掲載しています。

この第1回目の配分では、アストラゼネカ・オックスフォードのワクチン(アストラゼネカ製造のワクチンとインド血清研究所(SII)の製造する「COVISHIELD」)を142カ国のCOVAX参加国に供給する計画です。リストに記載されていない参加国は、このワクチンを受領しない意思を表明しているか、配分されたワクチンをワクチンのための事前買取制度(AMC)の対象国に譲渡することを希望しているか、AMCへの参加資格はあるけれどもAMCに参加していないか、自発的にワクチン受け取りを延期し配分前にその旨を伝えているか、または財政的な要件を満たしていないかのいずれかに該当します。
 

 

COVAXを通じてアビジャン国際空港に届いたCOVID-19ワクチン。(2021年2月26日撮影) © UNICEF_UN0422679_COVAX_Miléquêm DiarassoubaCOVAXを通じてアビジャン国際空港に届いたCOVID-19ワクチン。(2021年2月26日撮影) © UNICEF_UN0422679_COVAX_Miléquêm Diarassouba

リストは週明けまでに更新され、2月~3月と4月~5月に分けて、供給の目安となるスケジュールが示されます。スケジュールは、各国の規制要件、供給可能性、AMC対象国による検証済みの国の予防接種計画、補償・責任条項、輸出入許可などの基準の充足など、様々な要因に左右されます。

この第1回目の配分では、インド、ガーナ、コートジボワールがすでにアストラゼネカワクチンの供給を受けています。ガーナとコートジボワールは、3月1日にこのワクチンを使用した接種キャンペーンを開始しました。今週さらなる配送が行われ、準備の基準が満たされ、接種可能となれば、今後数カ月間にわたって接種が行われる見込みです。 

今回の配分に加えて、2021年第1四半期に納入される予定のファイザー・ビオンテックのワクチン120万回分の配分が2月初旬に発表されています。

COVAXワクチンのその後の配分計画についても、随時発表していきます。

* * *
 

アクラでCOVAXを通じたCOVID-19ワクチンの接種キャンペーンで、ワクチンを手にする医療従事者。(ガーナ、2021年3月1日撮影) © UNICEF_UN0423294_COVAX_Jubilee House CommsアクラでCOVAXを通じたCOVID-19ワクチンの接種キャンペーンで、ワクチンを手にする医療従事者。(ガーナ、2021年3月1日撮影) © UNICEF_UN0423294_COVAX_Jubilee House Comms

【COVAX第1次配分計画に関するメディアブリーフィングにて、ユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォアの発言抜粋(ニューヨーク、2021年3月2日)】

西アフリカとアジアにワクチンが到着しました。今後、さらに多くの国々がこれに続く予定です。ガーナとコートジボワールでは1日、アフリカ初のCOVAXワクチン接種が行われました。

パンデミックから抜け出す唯一の方法は、世界中でワクチン接種が可能になり、裕福でない国の人々がワクチン確保に向けた競争から取り残されないようにすることです。

ユニセフは、これを実現するために取り組んでいます。先週のワクチン到着は、約190の国と地域に20億回分のワクチンを届けるという歴史的な取り組みの一環として、ユニセフがCOVAXを通じて出荷したワクチンの第一弾に過ぎません。これまでに110万回分以上のワクチンが届けられており、今週中には20カ国以上の国々にさらに数十万回分のワクチンが届けられる予定です。
 

国内最初のCOVID-19ワクチンを準備する医療従事者。(アンゴラ、2021年3月2日撮影) © UNICEF_UN0424250_COVAX_Carlos César国内最初のCOVID-19ワクチンを準備する医療従事者。(アンゴラ、2021年3月2日撮影) © UNICEF_UN0424250_COVAX_Carlos César

AMC対象国にワクチンを届けるための最初の支援をいただいたインド血清研究所と、記録的な早さでワクチンを準備し、利用できるようにするために24時間体制で取り組んだインド政府に感謝したいと思います。配送に関しても、ユニセフは航空会社やその他のパートナーと緊密に連携し、COVAXワクチンをできるだけ早く届けるための革新的な方法を模索しています。ガーナとコートジボワールへの出荷を記録的な納期で支援いただいた貨物輸送業者とエミレーツ航空に感謝したいと思います。本日は、コンゴ民主共和国、アンゴラ、ナイジェリアを含む5カ所への出荷がありました。

私たちはまた、各国政府のワクチン接種計画の策定やワクチンの受け入れに向けた準備を支援してきました。パートナーとともに、既存のコールドチェーン設備と保管能力について分析し、昨年には、医療施設でワクチンを適温に保つための新しい冷蔵庫を数千台設置しました。例えばガーナでは、昨年5月以降2,500台の冷蔵庫を納入しました。

こうして一歩一歩、パンデミックの影響を受けている世界の何十億人もの子どもたちやその家族が日常に戻れる瞬間に近づいています。そして、これはユニセフが目指すところでもあります。今後数週間の間に、パンデミックが子どもたちの生活にどのような影響を及ぼしたかについて、多くのことを伝えていきたいと考えています。

ワクチンが各国に到着することが、子どもたちにとって何を意味するのか。それは希望です。子どもたちの教育、保健、保護サービスへのアクセスは、パンデミックによって大きく中断しています。ワクチン接種が広がれば、パンデミックを制御することができ、すべての人にとってより良く、より安全で、より健康的な未来を築くための取り組みを始めることができるのです。  

* * *

■ COVAXワクチンの第1次配分リストは、下記よりダウンロードいただけます。
https://www.gavi.org/news/document-library/covax-first-round-allocation-AZ-SII

■ ガーナとコートジボワールでワクチン接種開始に関する記事は、下記よりご覧いただけます。
https://www.unicef.or.jp/news/2021/0046.html

■ 新型コロナウイルスに関するユニセフの情報はこちらからご覧いただけます。
特設サイト:https://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/
COVAX情報ページ: https://www.unicef.or.jp/kinkyu/coronavirus/covax/

■ COVAXについて
COVAXは、COVID-19の診断検査法、治療法、ワクチンの開発などを加速させるための国際的な取り組みであるACT-A(Access to COVID-19 Tools - Accelerator)の柱の一つであるワクチン供給のイニシアティブです。感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)、GAVIアライアンス、WHO(世界保健機関)が共同で主導し、先進国および開発途上国のワクチン製造業者、ユニセフ(国連児童基金)、世界銀行、市民社会組織などと連携して活動しています。COVAXは、COVID-19ワクチンを世界各国に公平かつ迅速に分配していくことを目指し、政府や製造業者とともに取り組む唯一のグローバル・イニシアティブです。

■ ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動する国連機関です。現在約190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子どもたちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動しています。(www.unicef.org)
※ ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する33の国と地域を含みます 
※ ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの任意拠出金で支えられています
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人日本ユニセフ協会 >
  3. COVAX:ワクチンの第1次配分計画~142カ国に供給【プレスリリース】