松坂屋名古屋店 クリスマスツリー点灯式|ねぷた祭りの車(だし)の廃材をアップサイクルして制作された「ネップ・アートツリー」が初登場!

2022 年 11 月 26 日(土)~12 月 25 日(日)

松坂屋名古屋店は、11月26日(土)にクリスマスツリーの点灯式を開催いたしました。点灯式の会場には多くのお客様にお越しいただき、廃材をアップサイクルして作られたツリーをご覧いただきました。

青森県の3大ねぷた祭りの一つとして知られる、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)に出陣した、「牛若丸 」という立佞武多が、クリスマスツリーへと形を変えました。また、そのアップサイクルされる立佞武多自体も、繊維ゴミをリサイクルした再生紙によって作られています。
この「ネップ・アートツリー」は、単に不用品の再利用というだけではなく、これまで弊店が大切にしてきた「伝統や文化」と掛け合わせ、新たな価値を生み出す事を目指しています。青森の伝統行事の職人の技が、サステナブルに進化し、遠く離れた名古屋で多く方の目に止まる事で、伝統・文化の伝承する役割も果たしたいと考えています。
  • 点灯式

点灯式では、ツリーに使用したねぷたの写真をご覧いただきながら、今回の取り組みの背景や、アップサイクルの取り組み、伝統の継承についてのお話を一般社団法人 サーキュラーコットンファクトリー 代表の渡邊智惠子様、立佞武多制作者の福士裕朗様にお話しいただきました。

*写真右より 松坂屋名古屋店長 小山真人、立佞武多制作者 福士裕朗様、一般社団法人 サーキュラーコットンファクトリー 代表 渡邊智惠子様

多くのお客様が近くでじっくりとご覧になる様子多くのお客様が近くでじっくりとご覧になる様子

幹の部分もねぷたの廃材を再利用幹の部分もねぷたの廃材を再利用

  【一般社団法人 サーキュラーコットンファクトリー 代表 渡邊智惠子】
日本でのオーガニックコットンの製品製造のパイオニア。ウーマンオブザイヤー2010 リーダー部門受賞。同年、NHKプロフェッショナル仕事の流儀に出演。2021年に一般社団法人サーキュラーコットンファクトリーを設立
し、代表理事を務める。
【立佞武多制作者 福士 裕朗】
1981年(昭和 56 年) 五所川原市下平井町に生まれる。9歳で子どもねぶたの制作を開始し、大小合わせて約250 台余りを制作。大型立佞武多の制作はこれまでに3作品。ブラジル・フランス・韓国・台湾への立佞武多の遠征を手掛ける他、ねぶたの廃材をアップサイクルする “NEP*ART” にも 注力。伝統を継承しながらも新しい取り組みを積極的に行っている。
  • NEP*ART TREE が出来るまで

1.繊維くずを、サーキュラーコットンペーパー(CCP)として再生し、ねぷたを制作します。

 

 

 

 

 









 

 

2.祭りに出たねぷたの山車は毎年解体されます。解体後、廃棄されるはずだった和紙の端切れを、針金で作った骨組みに貼り合わせて、立佞武多制作者の福士裕朗さんによってツリーへと進化させます。










3.完成したNEP*ART TREE (ネップ・アートツリー)。NEP*ARTは「伝統をアートへ」のコンセプトの元、ねぷたの 山車の廃棄する和紙を用いてアップサイクルする、日本の新しい伝統アートです。









 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 大丸松坂屋百貨店 >
  3. 松坂屋名古屋店 クリスマスツリー点灯式|ねぷた祭りの車(だし)の廃材をアップサイクルして制作された「ネップ・アートツリー」が初登場!