市川右團次・市川右近が語る『伝統芸能 華の舞』の魅力

日本が誇る伝統芸能、歌舞伎をより多くの人々に届けようと昨年誕生、コロナウイルス禍による延期を経ながらも全国9か所を巡った公演「伝統芸能 華の舞」が、今年も10月14日に開幕する。
市川右團次、市川右近親子が「伝統芸能 華の舞」の魅力について語った。


まずは昨年のツアーについて、「ほとんどの公演が春から秋に順延となってしまいましたが、無事に各地をまわることが出来ました。息子と共演した『連獅子』は一昨年のラグビーワールドカップ2019開幕式でも踊りましたので、親子で1年以上『連獅子』に関わり、息子にとっても成長の糧となったと思います」と、手応えを語る右團次。歌舞伎舞踊の様々な色を見せた昨年から一転、今年は“ザ・歌舞伎”と言うべき荒事の代表作『鳴神(なるかみ)』を中心に据え、右團次は鳴神上人を演じる。
「役の品位を大切にしつつ、高僧ならではのチャーミングさ、雲の絶間姫に騙されて猛り狂う、その変わり目を大切に演じられたら」。かつて澤瀉屋一門で“同じ釜の飯を食べた”笑三郎さんが雲の絶間姫を演じることになり、久々の共演が楽しみだという。

『鳴神』の前には、“楠木正成二題”と称して能楽『楠露(くすのつゆ)』と素踊り『楠公(なんこう)』を上演する。右團次のほか右近、大谷廣松、市川弘太郎らが出演。後者は右團次にとって思い出の演目だ。
「子供の頃、舞踊家の父と一緒に何度か『楠公』を踊ったのです。その頃僕は(三代目市川)猿之助(現・猿翁)の部屋子になって上京しており、父とは離れて住んでいましたので、父・楠木正成と別れる正行の気持ちが分かる部分もありました。今回は立場を変え、僕の正成、息子の正行で踊らせていただきます。彼と僕とでは持ち味が違うので、彼の光るものを(稽古で)引き出していけたらと思っています」

今回は役の扮装をしない“素踊り”というスタイルでの上演。それまで神妙な面持ちで父の話を聞いていた右近は、本作への抱負を聞かれ、「今までは衣裳を着て、お化粧をして踊っていましたが、今度はそれ無しで踊るので、大変だろうと思います」とコメント。右團次は「(衣裳などが無いと)分かりにくいのでは、と心配されるかもしれませんが、勇壮な合戦の場面もあればドラマティックな親子の別れの場面もあり、とても分かり易いと思います」と自信を覗かせた。

緊急事態宣言下ということもあり、この夏は家で一緒に過ごすことが多かったという右團次親子。最近、家の中で卓球をするようになり、ついつい熱くなっているそう。
「普通の(親子)関係だとは思いますが、稽古に入ると、やはり力が入ります。息子は厳しい稽古でも弱音を吐かない子で、感情を自分の中で貯めながら、それが表に滲み出てくるような演技をしていると思います。今回もそういう彼らしさが出てくるといいなと思っています」と右團次が息子への期待を語れば、右近からは父について「立ち回りとかがかっこいい役者だと思います」とリスペクトの言葉が。「(父の指導は)優しいです」と言いつつも、右團次から「(率直に)言っていいんだよ」と言われると「怒ると怖いです」と付け加え、場が和む一幕も。


質疑応答の中では、コロナ禍の中での全国巡業についての思いも問われ、右團次は「覚悟の巡業です。万全の対策で、各地のお客様にご迷惑をかけないよう努めます」と表情を引き締めつつ、「舞台を勤める僕らと、拍手をくださるお客様たちの間で勇気、元気のキャッチボールを行い、一回きりしかない感動の空間を共有できれば」と公演の意義をアピール。
最後に、「(今回は)歌舞伎のいろいろな部分を御覧いただける内容です。巡業ということで僕らのほうから皆様のお側に参りますので、歌舞伎がお好きな方にも、初めての方にもいらしていただけましたら嬉しいです。歌舞伎の上演劇場での公演より入場料も手ごろですし、時間的にも多少短く、見やすくなっています。この機会に歌舞伎に親しんでいただければと思っています」と右團次が熱く語れば、右近も「よろしくお願いします」と力強い挨拶で会見を締めくくった。

公演は10月14日から全国各地にて。各会場によりチケットの発売日が異なるため、最新情報は公式サイト(http://www.zen-a.co.jp/hananomai2021/)にて。

【公演概要】
伝統芸能 華の舞

演目
一、楠木正成二題
・能楽 独調『楠露(くすのつゆ)』
・素踊り  『楠公(なんこう)』市川右團次
               市川右 近
         市川弘太郎
         大谷廣 松 他
二、歌舞伎十八番の内『鳴神(なるかみ)』
        鳴上上人  市川右團次
        所化白雲坊 大谷廣 松
        所化黒雲坊 市川弘太郎
        雲の絶間姫 市川笑三郎
日程:
10/14(木) 長崎 アルカスSASEBO 大ホール 16:00開演
特等席:8,000円 一等席:6,800円 二等席:5,000円 三等席:4,000円
チケット発売中
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

10/15(金) 鹿児島 鹿屋市文化会館 19:00開演
全席指定:6,000円
チケット発売中
問い合わせ:鹿屋市文化会館 TEL:0994-44-5115(9時~17時30分)

10/23(土) 東京 北とぴあ さくらホール ①13:30開演/②18:00開演
S席:6,500円 A席:5,000円 B席:3,000円
チケット発売中
問い合わせ:北区文化振興財団 TEL:03‐5390‐1221(平日9時~17時)

10/26(火) 広島 JMSアステールプラザ 13:30開演
全席指定:6,500円
チケット発売中
問い合わせ:グッドラック・プロモーション(株)TEL:086-214-3777(平日10時~17時)

10/27(水) 香川 レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール 13:30開演
全席指定:6,500円
チケット発売中
問い合わせ:グッドラック・プロモーション(株)TEL:086-214-3777(平日10時~17時)
Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

10/29(金) 京都 南座 14:00開演
10/30(土) ①11:00/②15:00開演
一等席:9,500円 二等席:7,000円
チケット発売中
問い合わせ:キョードーインフォメーションTEL:0570-200-888(11時~16時 ※日祝休業)
Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

10/31(日) 兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
①13:30/②17:00開演
全席指定:7,800円
チケット発売中
問い合わせ:キョードーインフォメーションTEL:0570-200-888(11時~16時 ※日祝休業)

11/1(月) 石川 北國新聞赤羽ホール 14:00開演
S席:6,000円 A席(バルコニー席):5,500円
チケット発売中
問い合わせ:2021ビエンナーレいしかわ秋の芸術祭実行委員会(石川県芸術文化協会内)
TEL:076-263-6080(平日10時~18時 土日祝休み)

11/6(土) 岐阜 バロー文化ホール(多治見市文化会館)①12:00/②15:30開演
※2回公演に変更になりました ※1回目の公演時間が変更になりました
一等席:8,000円 二等席:6,500円
チケット発売中
問い合わせ:CBCテレビ事業部 TEL:052-241-8118(平日10時~18時)
Zen-A(ゼンエイ) TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

11/9(火) 埼玉 和光市民文化センター サンアゼリア 13:30開演
特等席:8,000円 一等席:6,800円 二等席:5,000円
一般発売日:9/18(土)
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

11/12(金) 東京 府中の森芸術劇場 どりーむホール 13:30開演
特等席:8,000円 一等席:6,800円 二等席:5,000円
一般発売日:9/18(土)
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時)

11/14(日) 愛知 岡崎市民会館 あおいホール 14:00開演
一等席:8,000円 二等席:6,500円
一般発売日:9/18(土)
問い合わせ:岡崎市民会館 TEL:0564-21-9121

11/18(木) 千葉 君津市民文化ホール 13:30開演
特等席:8,000円 一等席:6,800円 二等席:5,000円
一般発売日:9/18(土)
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時) 

11/20(土) 静岡 三島市民文化会館 13:30開演
全席指定:6,500円
チケット発売中
問い合わせ:三島市民文化会館 TEL:055-976-4455

11/21(日) 神奈川 クアーズテック秦野カルチャーホール(秦野市文化会館) 13:30開演
特等席:8,000円 一等席:6,800円 二等席:5,000円
チケット発売中
問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300(平日11時~19時) 

11/23(火・祝) 大阪 南海浪切ホール ①13:30/②17:00開演
特等席:7,000円 一等席:5,500円 二等席:4,000円 三等席:2,500円
チケット発売中
問い合わせ:浪切チケットカウンターTEL:072-439-4915
(平日10時~20時 休館日:毎月第3月曜日とその翌日、敬老の日の前3日間)

※ロビー開場60分前、本開場30分前

制作:株式会社3Top
制作協力:全栄企画株式会社/株式会社ちあふる
協力:松竹株式会社

公式サイト:http://www.zen-a.co.jp/hananomai2021/

総合お問い合わせ:Zen-A(ゼンエイ)TEL:03-3538-2300 (平日11:00〜19:00)

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キョードーメディアス >
  3. 市川右團次・市川右近が語る『伝統芸能 華の舞』の魅力