写真だからナットク! リアルに“ことわざ”やってみた!『写真でわかる はじめて ことわざ・四字熟語辞典』新発売

ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語を、写真メインで解説した画期的な辞典が登場

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、2018年7月6日(金)に『新レインボー 写真でわかる はじめてことわざ・四字熟語辞典(オールカラー)』を発売いたしました。

「青菜に塩」「たがが緩む」「ぬれ手であわ」…、よく考えてみると、ちょっと不思議な言葉たち。なぜ、青菜と塩? たがって何? ぬれた手とあわって、どういう状況? などなど…。
そんな疑問も写真を見れば、一気に解決!
本書では、ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語を、大きな写真とともに解説しました。

■「青菜に塩」を写真にしたら…
「青菜に塩」は、元気をなくして、しょんぼりすることのたとえです。本書では、実際に青菜に塩をかけてみた写真を掲載。青菜がしおれている様子=しょんぼり、という語源が一目瞭然です。

■「たがが緩む」を写真にしたら…
「たがが緩む」は、張りつめていた気持ちが緩んで、しまりがなくなること。実際に、たるの「たが」を緩めてみた写真を掲載。たるの板は、言葉のとおり、たちまちバラバラになってしまいました。

■「ぬれ手であわ」を写真にしたら…
「ぬれ手であわ」の「あわ」は、石鹸の泡ではありません! 穀物の粟(あわ)のことです。本書では、濡れた手で粟の実にさわってみた写真を掲載。手に粟がたくさんくっついている様子から、苦労しないで多くを手に入れるという意味が理解できます。

このほかにも「ごまをする」 「猫の目のように変わる」 「焼け石に水」など、必見の写真が満載です。ぜひ、手に取ってご覧ください。

[商品概要]
『新レインボー 写真でわかる はじめてことわざ・四字熟語辞典(オールカラー)』
編:学研辞典編集部
定価:本体1,700円+税
発売日:2018年7月6日(金)
判型:A5/240ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-304751-9
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://goo.gl/vGJYcK
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15517422/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1106892147
・学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1230475100

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 写真だからナットク! リアルに“ことわざ”やってみた!『写真でわかる はじめて ことわざ・四字熟語辞典』新発売