「昭和の白黒テレビ」から「令和のYouTube 」まで。押井守が、 約70年にわたって親しんできたカルチャーを語り尽くす! TV Bros.WEBの大人気連載に加筆して、ついに書籍化!

「押井守のサブぃカルチャー70年」押井守/著 5月2日(月)発売

雑誌「TV Bros.」「TVガイド」などを発行する株式会社東京ニュース通信社は、「押井守のサブぃカルチャー70年」(押井守/著)を5月2日(月)に発行いたしました。全国の書店、ネット書店にてご購入いただけます。

「押井守のサブぃカルチャー70年」押井 守/著(東京ニュース通信社発行)「押井守のサブぃカルチャー70年」押井 守/著(東京ニュース通信社発行)

「昭和の白黒テレビ」から「令和のYouTube」まで。

監督・押井守がエンタメ人生70年を語り尽くす!

1951年生まれの監督・押井守が、ほぼ初めてふれたエンタテインメントだと語る『赤胴鈴之助』から、現在ハマっているというYouTubeまで――。約70年にわたって親しんできた映画、TVシリーズ、漫画、アニメなどをその思い出とともに振り返りつつ、戦後日本がエンタテインメントを通じて何を表現し、社会を映し出してきたのかを語ります。
 

TV Bros.WEBで好評を博した連載に加筆して待望の書籍化!
カバー・挿絵は人気アニメーター&監督の梅津泰臣描きおろし。
構成・文は映画ライターの渡辺麻紀。
 

■梅津泰臣による中面挿絵より
『サイボーグ009』

 

 
  • 本書の内容

ことのはじまり。

第一章 『赤胴鈴之助』から『機動戦士ガンダム』まで
『赤胴鈴之助』の巻 
宣弘社の巻 
石ノ森章太郎の巻
『エイトマン』の巻
オマケの巻 
『ミステリー・ゾーン』の巻 
円谷プロダクションの巻 
『機動戦士ガンダム』の巻 

第二章 『名犬リンチンチン』から『謎の円盤UFO』まで 
海外ドラマの巻
『プリズナーNo.6 』の巻
ジェリー・アンダーソンの巻 

第三章 モーツァルトから川井憲次まで 
音楽の巻 

第四章 『少年』から『ビッグコミック』まで
漫画雑誌の巻 

第五章 『たっちゃんねる』と『Fラン大学就職チャンネル』
YouTube の巻 

押井守×梅津泰臣 あとがき対談

【著者プロフィール】

押井 守(おしい まもる)
映画監督。1951年生まれ。東京都出身。1977年、竜の子プロダクションに入社。スタジオぴえろを経てフリーに。おもな監督作品に『うる星やつら オンリー・ユー』(83)、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(84)、『機動警察パトレイバー the Movie』(89)、『機動警察パトレイバー2 the Movie』(93)。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)はアメリカ『ビルボード』誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録。『イノセンス』(04)はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)はヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門に出品された。2016年ウィンザー・マッケイ賞を受賞。最新作は原作・総監督などを務めた『ぶらどらぶ』(21)。

【商品情報】
「押井守のサブぃカルチャー70年」 押井 守/著
●発売日:2022年5月2日(月)※一部、発売日が異なる地域がございます
●定価:1,870円
●仕様:四六判 、ソフトカバー、272ページ
●発行:東京ニュース通信社
●発売:講談社
全国の書店、ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_31605414.html>ほか)にてご購入いただけます。

【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine&mook<https://zasshi.tv/
■TV Bros.のサブスクリプションスタイルWEBサイト
「TV Bros.WEB」<http://tvbros.jp/
■TV Bros.のデジタル定期購読サービス
TV Bros. note版<https://note.com/tv_bros
■TV Bros. 公式Twitter
@tvbros<https://twitter.com/tvbros

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東京ニュース通信社 >
  3. 「昭和の白黒テレビ」から「令和のYouTube 」まで。押井守が、 約70年にわたって親しんできたカルチャーを語り尽くす! TV Bros.WEBの大人気連載に加筆して、ついに書籍化!