ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽世界を坂東祐大、STUTS、そしてプロデューサー佐野亜裕美が語る、Spotify JP初のボイス入りドラマ公式プレイリストが公開!

 毎週火曜よる9時から放送中の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系)は、坂元裕二の完全オリジナル脚本で、松たか子演じるバツ3の主人公・大豆田とわ子が、岡田将生・角田晃広・松田龍平演じる元夫たちに振り回されながらも日々奮闘する姿を描いたロマンティックコメディー。個性豊かな登場人物たちによる軽妙な会話劇やストーリー展開のみならず、作品を彩る数々の楽曲も大きな反響を呼んでいる。
 このドラマの劇伴や挿入歌を収録した「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽集「Towako’s Diary」発売に合わせ、主題歌・劇伴・挿入歌と、ボイスコメントを合わせたドラマ公式プレイリストが明日6月9日(水)0:00に公開される。
 ドラマに寄り添った劇伴と「All The Same」等の挿入歌を作曲し劇中の選曲も行っている作曲家・坂東祐大と、毎週異なるエンディングで流れるSTUTS & 松たか子 with 3exes名義の主題歌「Presence」のトラック制作および楽曲プロデュースをしているトラックメーカー・STUTS、そして当ドラマのプロデューサー佐野亜裕美の3者による座談会を実施。劇伴依頼や主題歌誕生の経緯、録音や撮影の裏話など、「とわ子」を彩る音楽について約1時間語り、その録音はSpotify JPとして初となるボイスコメント入りドラマ公式プレイリストとして公開される。主題歌・劇伴・挿入歌から厳選された楽曲を3者のボイスコメントと共に聴くことで「大豆田とわ子」の音楽世界を追体験できるファン待望の公式プレイリストだ。また、今後もプレイリストは更新されるので期待が高まる。

 ◆「大豆田とわ子と三人の元夫」Spotify公式プレイリスト

URL http://spoti.fi/omamedatowako
*2021年6月9日(水)0:00公開

 ◆リリース情報
・2021年6月9日(水)発売
「Towako's Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫”」
坂東祐大

LABEL:DENON
COCQ-85525
3300円(税込)
https://columbia.jp/mameo/

 ・2021年6月23日(水)発売
「Presence」
STUTS & 松たか子 with 3exes
LABEL : Ariola Japan
BVCL-1129
2,750円(税込)
https://www.sonymusic.co.jp/artist/matsu_takako/discography/BVCL-1129

各CDショップはこちら → https://va.lnk.to/w2EHwG

◆番組情報
カンテレ/フジテレビ系連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」
毎週火曜 21:00~
出演者:松たか子、岡田将生、角田晃広・松田龍平 ほか
脚本:坂元裕二
音楽:坂東祐大
演出:中江和仁、池田千尋、瀧悠輔
プロデュース:佐野亜裕美
公式サイト:https://www.ktv.jp/mameo/
 
◆プロフィール
坂東祐大

       (C) Shinryo Saeki
 多様なスタイルを横断し、異化や脱構築による刺激と知覚の可能性、感情の作られ方などをテーマに、幅広い創作活動を行う。作品はオーケストラ、室内楽からトラックメイキング、立体音響を駆使したサウンドデザイン、シアター・パフォーマンスなど多岐に渡る。
東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学作曲科を首席で卒業。同修士課程作曲専攻修了。第25回芥川作曲賞受賞(2015年)、長谷川良夫賞(2012年)、アカンサス音楽賞(2013年)受賞、第83回日本音楽コンクール入賞。作品はフランス放送管弦楽団、ロンドンシンフォニエッタ、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー管弦楽団、いずみシンフォニエッタ大阪、東京現音計画、LAPS Ensemble などによって国内外で多数演奏されている。
代表作に、「花火-ピアノとオーケストラのための協奏曲 (2017,サントリー芸術財団委嘱作品」、「SONAR-FIELD (2019, Ensemble FOVE, Shibaurahouse)」、「TRANS (2018, 京都芸術センターでの共同製作)」。
2016年、Ensemble FOVE を創立。代表として気鋭のメンバーと共にジャンルの枠を拡張する、様々な新しいアートプロジェクトを多方面に展開している。2021年、最新作となる「ドレミのうた」をリリース。
また上記のメインワークに加え、ジャンルを横断した活動も多方面に展開する。
映像作品の音楽に 映画「来る」(中島哲也監督)、TV アニメーションシリーズ 「ユーリ!!! on ICE」(松司馬 拓名義)等 。
米津玄師 5thアルバム『STRAY SHEEP』における全面的な共同編曲 (「海の幽霊」、「馬と鹿」、「パプリカ」、「感電」、「カナリヤ」等)
宇多田ヒカル 「Beautiful World (Da Capo Version)」、「少年時代」(井上陽水トリビュート) 編曲及び指揮。
嵐 「カイト」(NHK2020ソング)オーケストラアレンジメント等。
作曲を野田暉行、安良岡章夫、野平一郎、 ピアノを中井正子 各氏に師事。
https://www.yutabandoh.com/

STUTS

1989年生まれのトラックメーカー、MPCプレイヤー。
自身の作品制作やライブと並行して、数多くのプロデュース、コラボレーションやTV・CMへの楽曲提供など活躍の場を広げている。
2016年4月、1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。
2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。
2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。
2020年9月には最新作となるミニ・アルバム『Contrast』を発表し、バンドセットでの単独公演を成功させた。
https://stutsbeats.com/

 佐野亜裕美
1982年生まれ、静岡県出身。
2006年にTBSテレビに入社後、『潜入探偵トカゲ』『刑事のまなざし』『ウロボロス~この愛こそ、正義。』『おかしの家』『99.9~刑事専門弁護士~』『カルテット』『この世界の片隅に』などをプロデュースし、2020年にカンテレへ移籍。『大豆田とわ子と三人の元夫』を担当する。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」の音楽世界を坂東祐大、STUTS、そしてプロデューサー佐野亜裕美が語る、Spotify JP初のボイス入りドラマ公式プレイリストが公開!