「濃いめのレモンサワー」2021年販売計画を上方修正

当初の年間販売計画から100万ケース増やし、380万ケース(注1)に

サッポロホールディングス(株)のグループ企業であるサッポロビール(株)は、本年3月2日に全国で新発売したRTD(注2)「サッポロ 濃いめのレモンサワー」の販売好調を受け、年間販売計画を発売時の280万ケースより100万ケース増やし、380万ケース(注1)に上方修正します。

本商品は、発売当初より多くのお客様に本商品の独自価値である「濃いめ」を高く評価いただいています。その独自価値をより多くのお客様に楽しんでいただくため、4月26日からはWEB CM『濃い恋夫婦の今宵は濃いつま!チキン南蛮篇』を公開しています。

「サッポロ 濃いめのレモンサワー」は、RTS(注3)商品である「濃いめのレモンサワーの素」とともに、「レモンサワー」の定番ブランドとしての市場定着を確固たるものとし、これからも市場の活性化に貢献していきます。
 

■好調の要因

①レモン味「濃いめ」が高評価
本商品の特長であるレモン味「濃いめ」を、多くのお客様から評価いただいています。シチリア産手摘みレモン果汁とレモン漬け込み酒を使用したレモン味濃いめのレモンサワーで、爽やかな香りと、しっかりすっぱい味わいながらも後味はすっきりしているのが特長です。お客様からも「すっぱさがガツンと来て味が濃い」「濃い味の食事に合う」「強い酸味でとてもおいしかった」という様々な声が寄せられています。

②「おうちで手軽に満足したい」のニーズに応える“濃い”「おうち居酒屋」戦略
「サッポロ 濃いめのレモンサワー」は「濃いめのレモンサワーの素」を、氷を入れたグラスに一番おいしいバランスで割った味わいにしたRTDです。「濃いめのレモンサワーの素」は、“居酒屋で提供されている手で生のレモンを搾ったレモンサワーのようなレモン味が濃い「進化系レモンサワー」”をコンセプトに開発された商品で、2019年に発売するや否や、多くのお客様にご支持いただき、2020年には計画比5倍という異常値ともいう爆発的な売上を記録しました。
「サッポロ 濃いめのレモンサワー」は居酒屋で楽しめる“濃いめの”手搾りレモンサワーのような本格感をコンセプトに開発された商品であり、楽しく豊かな「おうち居酒屋」ライフを提供していることを、お客様に評価いただいたものと考えています。

(注1) 250ml×24本換算。
(注2) RTD:Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。
(注3) RTS:Ready to Serveの略。氷やソーダなどで割るだけで楽しめるお酒。


 <参考>
「濃いめのレモンサワー」ブランドページURL:https://www.sapporobeer.jp/koime_lemon_sour/
2021年「濃いめのレモンサワー」ブランド活動方針URL:https://www.sapporobeer.jp/news_release/0000012359/
「サッポロ 濃いめのレモンサワー」スペシャルサイトURL: https://www.sapporobeer.jp/koime_lemon_sour/webcm/


<消費者の方からのお問い合わせ先>
サッポロビール(株)お客様センター
℡ 0120-207-800
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サッポロホールディングス >
  3. 「濃いめのレモンサワー」2021年販売計画を上方修正