くまモンプロデュースの「人吉・球磨」応援企画くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト~人吉・球磨は元気だモン♪~2021年7月に開催決定!予告MOVIE第1弾の配信、6月16日スタート!

 100年に1度と言われる令和2年7月豪雨により球磨川が氾濫し、甚大な被害を受けた熊本県人吉・球磨地域。
まだまだ傷跡は残りますが、全国の皆様の温かいご支援を受け、地元のみなさんは、本格的な復旧・復興に向けて、元気に頑張っている。
 そんな「人吉・球磨」を応援したいという思いから、熊本県営業部長兼しあわせ部長であるくまモンが一念発起し、自らがプロデュースする人吉・球磨地域応援企画『くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト ~人吉・球磨は元気だモン♪~』を立ち上げた。
 6月16日正午、企画の発表として、予告MOVIE第1弾を「くまモン」の活動拠点である「くまモンスクエア」のホームページから配信。
【予告MOVIE第1弾について】
人吉出身の詩人である犬童球渓が、故郷を思い明治40年に詞を訳した、「日本の歌百選」にも選ばれている名曲「 旅愁」のSP盤の音源をバックに、
①    人吉・球磨の今を世界中の人に知ってほしいと考え、現地で収録した予告MOVIE第2弾を7月4日(日)18時に公開すること
②    7月22日から25日までの4日間、人吉でくまモンがプロデュースするイベントを開催することをくまモンが発表。
7月25日には、子どもたちを中心に人気の「ケロポンズ」やシンガーソングライターの「つじあやの」が出演するステージの開催も決定。
同じタイミングで、熊本市の「くまモンスクエア」で、開館8周年企画を開催し、「人吉・球磨」応援企画と連携して盛り上げていくという内容。
今後の追加情報は、6月25日(金)18時に、くまモンスクエアのホームページ内にオープンする「みんなサンくまプロジェクト特設サイト」等で随時発表する予定。 
〇くまモンスクエアホームページ https://www.kumamon-sq.jp/
〇みんなサンくまプロジェクト特設サイト https://www.kumamon-sq.jp/thankuma/  ※6月25日オープン
※6月16日配信の予告MOVIE第1弾は、以下から視聴できる。
https://www.youtube.com/watch?v=JzCE9mAi_Ls

【「くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト ~人吉・球磨は元気だモン♪~」情報】
日程:2021年7月22日(木)~25日(日)
会場:熊本県人吉市 各イベントスペース
※その他の追加情報は、くまモンスクエアホームページにて随時発表。
くまモンスクエア https://www.kumamon-sq.jp/

<25日(日)参加アーティスト情報>
​​​​​​◆ケロポンズ

PROFILE
増田裕子(ケロ)と平田明子(ポン)からなるミュージック・ユニット。
子ども向け音楽や振付の制作を手掛け、代表作「エビカニクス」は、保育園や
幼稚園で人気の定番体操曲、YouTube動画再生回数は8000万回を超える。
NHK「おかあさんといっしょ」に楽曲提供、BS日テレ「それいけ!アンパンマンくらぶ」、
テレビ東京系列「きんだーてれび」にも出演。
2013年より連続で「フジロックフェスティバル」に出演、「スッキリ!」
10周年記念ライブ、「題名のない音楽会」スペシャルライブ等に出演。
「しゃべくり007」、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「ぐるぐるナインティナイン」、
「アウト×デラックス」、「ZIP!」等テレビへの出演も多数。
「おどってあそぼうケロポンズBEST」( DVD+CD)はAmazonキッズ・ファミリー
音楽ランキング1位獲得。
くまモンとの共演は多く、「ハッピーくまモン」「くまモンタッチ」などの楽曲を手がけ、
「くまモン4Uメソッド」「くまモンうまかモン」では、歌唱も担当(映像にも出演)。
2020年発表のくまモン10周年記念曲「かモン!くまモン!」を担当。

 ◆つじあやの

PROFILE
​1999年、『君への気持ち』でスピードスターレコーズよりジャーデビュー。
 2002年に公開されたスタジオジブリ映画『猫の恩返し』の主題歌『風になる』の
大ヒットでも知られ、近年はCMソング、映画音楽、ドラマ音楽など幅広いジャンルに
多くの楽曲を提供するなどシンガーソングライターの枠にとどまらないマルチクリエーター
ぶりを発揮。2021年、およそ10年ぶりとなるオリジナルアルバムリリース予定。
温泉天国・熊本をPRするために、熊本県と熊本県観光連盟が「くまもと・ふろモーション課」
の公式PRソングとして、「聴くだけで癒される」「お風呂の中で鼻歌として歌える」という
コンセプトをもとに作り、今も親しまれている『お風呂で歌えば』は、彼女の書き下ろし作品。

 <くまモンについて>
2010年のくまもとサプライズ特命全権大使就任から、2011年に熊本県営業部長に、そして2014年には熊本県しあわせ部長にも就任、ゆるキャラグランプリ2011優勝、各企業タイアップ企画の大成功、2013年には当時の天皇皇后両陛下に面会と、大忙しのくまモン。中国、香港、台湾、フランス、アメリカ、タイ等への海外「出張」と、日本国内にとどまることなく、世界中から人気を得る。2013年7月には、熊本市中心市街地に活動拠点「くまモンスクエア」がオープン。国内外のファンの聖地として、2020年8月27日には来館者数300万人を達成。
2020年の関連グッズの売上は、前年比7・6%増の1698億円以上になる。売上高の調査を始めた11年からの累計は1兆円に迫る。

 ©2010熊本県くまモン
 
<「旅愁」について>
​​​​熊本県人吉市出身の詩人である犬童球渓が明治40年(1907年)に作詞した唱歌。
犬童は明治12年3月20日、熊本県人吉市に生まれ、熊本師範学校に入学し、
卒業後は宇土郡網田小学校に勤務。明治35年5月、
音楽教育が高く評価され、東京音楽学校へ推薦入学。
卒業後、音楽教師として各地を転々とし、新潟高等女学校に勤務していた期間中に、
ジョン・P・オードウェイの『家と母を夢見て』の曲に、故郷の人吉から遠く離れた自分の
心情を込めて作詞した。
明治40年(1907年)8月に出版された「中等教育唱歌集」にも、犬童の詞が採用され、
アメリカの曲にも関わらずすっかり“日本の歌”として広く親しまれた。
2007年(平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれた。

​犬童球渓

 <くまモンスクエアについて>
熊本県の営業部長として全国を(時には海外も!)飛び回っている「くまモン」の活動拠点。
「どこに行ったらくまモンに会えるのか?」というファンの声に応えるとともに、熊本県の物産や観光に関する情報を発信するスペースとして平成25年にオープン。
国内だけでなく、中国、台湾、香港、タイなどのアジア諸国をはじめ、海外からも多数のお客様にお越しいただいており、2020年8月27日、来館者数300万人を達成!
【住所】 熊本市中央区手取本町8番2号 テトリアくまもとビル1階
【営業時間】10:00~17:00
※開館情報については、くまモンスクエアホームページによりご確認ください。
 https://www.kumamon-sq.jp/
​​​​​公式Twitter @kumamonsquare
YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/playlist?list=PL8AHg6vdz1U3Edr_auSomqiBZdedFspUn
  1. プレスリリース >
  2. 日本コロムビア株式会社 >
  3. くまモンプロデュースの「人吉・球磨」応援企画くまモンの「みんなサンくま」プロジェクト~人吉・球磨は元気だモン♪~2021年7月に開催決定!予告MOVIE第1弾の配信、6月16日スタート!